たびこふれ

アペリティーボで賢く楽しむ!ミラノのカジュアルレストランでお得に本場イタリアンを

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/09/19
最終更新日:2018/01/04

Views:

ライターがミラノで発見したレストランバー「メトロポリス」は、ミラネーゼも御用達の人気店。その魅力と活用法をご紹介します。

こちらを訪ねたときは、イタリアの習慣である「アペリティーボ」の時間に、カンパリやアペロールを楽しんでみましょう!

大都市ミラノで見つけた、スタイリッシュなレストランバー「メトロポリス」

北イタリアの大都市ミラノ。ファッションにライフスタイルに、グルメに......と最先端の情報を発信するこの街で、今回はスタイリッシュなカジュアルレストランを発見。

そのオイシイ利用法をご紹介します。

知っておきたい食習慣、アペリティーボとは?

イタリアには、ディナーの前に軽くアルコールや軽食をつまんで小腹を満たす、「アペリティーボ(※)」という習慣があります。19時~20時頃は、オトナたちにとってはアペリティーボをまだまだ楽しむ時間。

いわゆるハッピーアワーに近い習慣ですが、イタリアではワンドリンク程度の料金でドリンク一杯+軽食がなんと食べ放題!日本人の私たちからすると、これだけでもうお腹がいっぱいになってしまいます。

きちんと食べるには量が多い一人前のコースを、しっかり食べるのに疲れてしまった......そんなときにアペリティーボは大活躍。高級レストランから気軽なカジュアルレストラン、バルまで、イタリアの飲食店はたいていアペリティーボを設けており、店ごとに差はあるものの、どこもなかなかの充実度。

アペリティーボは地元の人々の憩いの時間であるだけでなく、私たち旅行者にとっても自分のペースで好きに、そして安く食事を楽しめるオイシイ習慣なのです。

※注:アペリティーボの語源はフランス語の「アペリティフ」と言う説があります。こちらも「食前酒」と言う意味ですが、軽食の食べ放題を盛り込んでいるのはさすが食の国イタリア!と感じさせてくれますね。

ガッレリアの中にも、素敵なテラス席のお店を見かけます。

ガッレリアの中にも、素敵なテラス席のお店を見かけます。

アペリティーボの時間を盛り上げる、オシャレなラウンジ

イタリア随一の経済都市ミラノでは、仕事終わりのビジネスマンがさっと立ち寄れるよう、アペリティーボを設ける店の充実度もかなりのものと評判です。

今回訪れたのは、ミラノ中央駅からもほど近く、スタイリッシュなバーやラウンジ、レストランが続々オープンする今注目のエリア、ピサーニ通りにあるカジュアルなレストランバー「メトロポリス」。

ガラス張りの店内には、ずらりとカンパリのボトルが並び、スタイリッシュな佇まいです。実はミラノは、今や世界中で親しまれているリキュール、カンパリの発祥地。そしてそのカンパリ社が販売し、近年世界中で人気を集めるリキュールが「アペロール」。オレンジを使った爽やかな味わいが特徴です。

ここメトロポリスはカンパリ社、そしてアペロールのオフィシャルバーでもあるのです。

赤を打ち出したスタイリッシュな外観は、ミラノのイメージにもぴったり。

赤を打ち出したスタイリッシュな外観は、ミラノのイメージにもぴったり。

オシャレだけど気取りすぎない、カジュアルなシステムが魅力

19時過ぎに入ると、すでに店内にはミラネーゼがたくさん。カウンターにはたくさんの料理が並んでいます。好きな席に座ると、ウエイターがドリンクメニューを持ってきてくれます。メトロポリスのアペリティーボは、8ユーロでドリンク一杯、そしてカウンターにずらりと並んだ料理がビュッフェ形式で食べ放題。

リゾットやピラフなどの米料理、ミニピッツァ、トマトやバジルを使ったブルスケッタ、ズッキーニとチーズのグリル、生ハムやプロシュート、パニーニなどなど、さすがイタリアだけあって料理もなかなかのバラエティーです。

一人旅が多い私にとっては、きちんとしたレストランでは1~2品頼むのが精いっぱい。しかし、いろんなものを少しずつ楽しめるアペリティーボなら、思う存分楽しめます!

italyii-milan-METROPOLIS3.jpg

気になるものは少しずつ、お気に入りはたっぷり楽しめます!

ミラノ発祥のお酒とともに、楽しいひとときを

お皿にたっぷり料理をとりテーブルへ。オーダーしたドリンクは、やはり定番のミラノ発祥カンパリ。20時ごろになると、店内は仕事終わりのビジネスマンやカップル、若者からちょい悪オヤジまで、ほぼ満席で大賑わいの様相です。

オフィシャルバーだけあり、グラスにはカンパリのロゴが。

オフィシャルバーだけあり、グラスにはカンパリのロゴが。

ビジネス、ファッションの街だけあって、ミラノのアペリティーボはなんだかとてもスタイリッシュ。ミラネーゼたちにとっては、アペリティーボもファッションの一部なのだとか。また、彼らにとってはビジネスパーソン同士のコミュニケーションの場としても重要なのだそう。

ちょっとした食事の時間もソーシャライズに、エレガントに......そんなミラノの生きたシーンにも出会えるアペリティーボ。気軽に入れて、しかもとってもお得!

ミラノのカジュアルレストランは、こんなオイシイ使い方もありなのです。

italyii-milan-METROPOLIS5.jpg

イタリアの都市圏ならではの、エレガントな夜をお楽しみください。

基本情報

名前:メトロポリス(METROPOLIS)

住所:Via Vittor Pisani 5, Milano, Italia

営業時間:7:30~2:00

想定予算:8ユーロ(アペリティーボの場合)

公式サイト:http://www.cafemetropolis.it/

※写真:Italyii(イタリィ)編集部ライター

関連記事:デザイナーズレストランを侮るなかれ!ミラノとフィレンツェで見つけたスペシャルなお店

関連記事:ローマ・テルミニ駅に新登場!オシャレで美味しいグルメスポットへ行ってみよう

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/09/19
最終更新日:2018/01/04

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.