たびこふれ

ローマ・コロッセオのそばに佇む、巨大な「コンスタンティヌスの凱旋門」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/03/18
最終更新日:2017/09/20

Views:

ローマ最大の凱旋門。パリの凱旋門も、こちらをモデルにしたという説があります。

それは、はるか昔のこと...

ローマのコロッセオの隣には、もうひとつ古代ローマ時代を象徴する建造物があります。

それが、「コンスタンティヌスの凱旋門」。

コロッセオのすぐそばにあります
写真:コロッセオのすぐそばにあります
左にあるのが、コンスタンティヌスの凱旋門です
写真:左にあるのが、コンスタンティヌスの凱旋門です

今からさかのぼること、およそ1700年。312年当時、西ローマの副帝であり、後のローマ帝国皇帝となったコンスタンティヌスが、テヴェレ川にかかる「ミルウィウス橋」の戦いで正帝マクセンティウスに勝利したことを讃えて建造されたのが、この凱旋門であるとされています。

細かな彫刻や文字は必見
写真:細かな彫刻や文字は必見

凱旋門を彩るレリーフは、実はこの門が建造される前から存在し、後に移設されたものがあるとされています。たとえば、最上層にある8枚のレリーフは、176年に建設されたマルクス・アウレリウス・アントニヌスの凱旋門から移設されたそうです

また、フランスはパリに建つ、かの有名なエトワール凱旋門もこの凱旋門をお手本として建造されたそう。エトワール凱旋門の方がはるかに大きいのですが、コンスタンティヌスの凱旋門も迫力満点です

実は、とてつもなく巨大です。
写真:実は、とてつもなく巨大です。

コンスタンティヌスの凱旋門はコロッセオの隣にあるため、その大きさの凄さに気づきにくいかもしれません。しかし、実際にはなんと高さ:21m、幅:25.7m、奥行き:約7.4mという巨大さ。

3つの門を配していますが、中央の門は高さ:約11m、幅:約6.5m、そして左右の門が高さ約:7m、幅:3mとなり、ローマにある凱旋門では最大を誇ります。

古代ローマに思いを馳せながら

門の下は、残念ながらくぐることができないのですが、現在から1700年以上も昔に、このような美しい建物が存在していたという歴史に感動を覚えるはず。

じっくりと、鑑賞してみてください。

こちらは門の下ではなく、コロッセオの通路。門を鑑賞したら、次はコロッセオへ!
写真:こちらは門の下ではなく、コロッセオの通路。門を鑑賞したら、次はコロッセオへ!

写真:Italyii編集部

基本情報

名前:コンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)

住所:Via di San Gregorio, Roma,Italy

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/03/18
最終更新日:2017/09/20

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.