たびこふれ

イタリア/個性的な意匠が際立つ「サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/02/09
最終更新日:2017/10/06

Views:

モンテロッソ・アル・マーレに古くからたたずむ街のシンボルです。

縞模様の教会?その内部も...

世界遺産として登録されている景勝地「チンクエ・テッレ」の一つに数えられる街「モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Mare)」には、とても古くから存在する、個性的な教会があります。

その教会とは、「サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会」。どのぐらい個性的かというと、まず、その外観から目を惹きます。

一面縞模様!窓の意匠も見どころ。

写真:一面縞模様!窓の意匠も見どころ。

教会が建てられた時期はとても古く、なんと13世紀頃には既に存在していたそう。村の守護聖人の洗礼者ヨハネを祀った教会として、モンテロッソ・アル・マーレを見守り続けています。

また、「死と祈りの礼拝堂」にはたくさんの亡くなられた方の写真も収められ、村のシンボルとして親しまれているそうです。

内装も縞模様に彩られています。

写真:内装も縞模様に彩られています。

床も白黒で、幾何学的なイメージ。

写真:床も白黒で、幾何学的なイメージ。

優雅な印象も漂います。

写真:シャンデリアや祭壇と相まって、荘厳ながら優雅な印象も漂います。

巨大な聖堂が多いイタリアの中では決して大きいとは言えない規模の教会ですが、ここには数百年もの街の歴史がギュっと詰まっています。周辺はお土産屋さんやレストランで賑わっているため、時間が空いた時などは、ぜひ訪れてみてください。

写真:Italyii(イタリィ)編集部

基本情報

名前:サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会(Church of San Giovanni Battista)

住所:5, Piazza Giuseppe Garibaldi - 19016 Monterosso Al Mare

見学料:見学料金は無料。施設撮影もOKです(フラッシュ撮影はNG)。
※2015年2月時点の情報です。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/02/09
最終更新日:2017/10/06

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.