たびこふれ

サメと一緒に巨大水槽を泳ぐ?!「マウイ・オーシャン・センター」のユニークなダイビング体験!

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/06/07
最終更新日:2018/01/11

Views:

マウイ島にあるハワイ最大の水族館「マウイ・オーシャン・センター」では、認定ダイバー限定で「サメとダイビングできる」プログラムを展開しているそう。その内容とは......?

※2016年06月07日掲載時の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

「マウイ・オーシャン・センター」が展開する、サメと泳げる
「シャーク・ダイブ・マウイ」とは?

毎年30万人以上が訪れる、ハワイ最大の水族館です。

毎年30万人以上が訪れる、ハワイ最大の水族館です。

「マウイ・オーシャン・センター」は、毎年30万人以上が訪れ、ハワイ固有種とされる生物が25%を占める展示内容、生態系を忠実に再現した環境と、高い評価を得ている水族館。

Hawaiiii(ハワイイ)編集部では、別の記事にて水族館の概要紹介や、併設レストラン「シースケープ・マアラエア・レストラン」についてご紹介してきました。

今回は水族館限定のユニークなプログラム「シャーク・ダイブ・マウイ(Shark Dive Maui®)」についてご紹介しましょう。

「シャーク・ダイブ・マウイ」で得られる、貴重な体験

サメと一緒に泳ぐ......?!

サメと一緒に泳ぐ......?!

「シャーク・ダイブ・マウイ®」は、ハワイの海に住むサメや魚と泳ぐことのできるダイビングプログラム。SCUBA認定のダイビング資格を持つダイバーのみが参加できます。

参加者は同水族館最大の75万ガロンの水槽にもぐり、水槽内のメジロザメやツマグロ、ネムリブカ、オグロメジロザメ、シュモクザメなど(※)、ハワイの外洋に生息する生物とともに遊泳することができます。また、タイガーシャークと呼ばれるイタチザメや巨大なエイ、遠洋に生息する何百匹もの魚の群れを間近に見ることができる貴重な体験を楽しめます。

※注:水族館のポリシーにより、水槽内の海洋生物は一定期間展示されると海へ放されるため、展示内容は時期によって異なります。

「シャーク・ダイブ・マウイ」のコンセプト

「サメと同じ水槽に入る」と聞くと危険なイメージがありますが、水族館からのメッセージは「ハワイの文化をより深く届ける」ことにあります。

「シャーク・ダイブ・マウイ」は、恐ろしい生き物と誤解されやすいサメに身近に触れることで、ハワイ文化におけるサメと言う存在の重要性や、海洋生態系に果たす重要な役割について学ぶことを目的としているとのこと。

ハワイ固有の海洋生物を数多く展示するだけでなく、ハワイの文化と海のつながりについても理解を深めるアクティビティを展開するポリシーを感じられます。

同館のハワイアン・カルチャー・アドバイザーのカフ・チャールズ・マクスウェル氏のコメントによると「サメと一緒に泳ぐことのできるシャーク・ダイブ・マウイは、サメがハワイ文化や海にとっていかに重要な生き物であるかを知ってもらうことのできる素晴らしいアクティビティです。ハワイ語で "マノ"と呼ばれるサメは、恐れるべき存在ではなく、尊重されるべき生き物なのです」とのこと。

ハワイ文化において重要な生き物と言えばホヌ(ウミガメ)の存在が有名ですが、マノ(サメ)についても知ることで、ハワイの海がもたらす文化をより深く学べることでしょう。

※註:ハワイ文化における「マノ」は神話にも登場し、ご先祖様の霊を指す「アウマクア」として崇められたり、強力な力を持つシンボルとされたりすることもあることから、尊敬の念を持たれる生き物とされています。

関連記事:全部知っていたらかなりのハワイ通!? ハワイでよく使われるモチーフの意味

ダイビング資格がない方も、トンネル型のパノラマ水槽で鑑賞できます。

ダイビング資格がない方も、トンネル型のパノラマ水槽で鑑賞できます。

参加詳細について

「シャーク・ダイブ・マウイ」の参加概要は、以下の通りです。

  1. 対象年齢:15歳以上
  2. 参加資格:SCUBA認定ダイバーであること
  3. 実施期間:毎週月曜から金曜まで(1日につき最大6名まで)
  4. ※体験ダイバーの同伴者は、ダイビングの様子を展示エリアと54フィートのアクリルトンネルから見ることができます。
  5. 所要時間:午前8:15にチェックインを行い、ブリーフィング(簡易的な説明)の後、40分間のダイビング体験の全行程約2時間のプログラムとなります。
  6. 料金等の特典:「シャーク・ダイブ・マウイ」の料金には、ダイバーご本人プラス1名様分の入場料が含まれるほか、追加同伴者の入場料が20%オフになります。

詳細はウェブサイトhttp://www.mauioceancenter.com/shark-dive/ をご覧ください。

シャーク・ダイブ・マウイ パッケージ別料金一覧

「シャーク・ダイブ・マウイ®」は、ご自身が持ち込むダイビングギアに応じて、料金が変わります。

1.ベーシック・パッケージ...お一人様199ドル(税別)。エアタンク、ウェイトベルト、当日1日券2名様分とTシャツが含まれます。

2.デラックス・パッケージ...お一人様242.50ドル(税別)。上記ベーシック・パッケージの全てプラス、レギュレーターと浮力調整装置(BCD)のレンタルを含みます。

3.コンプリート・パッケージ...お一人様259.50ドル(税別)。上記デラックス・パッケージの全てプラス、レギュレーター、BCD、マスク、ウェットスーツ(男女S~XLサイズ)など、全てのダイビングギアのレンタルを含みます。

ご予約および詳細は、公式サイトまたはお問合せメール、電話にて承っています。(詳細は文末公式サイトをご覧ください)

※予約枠には限りがございます。ご来館24時間以上前のご予約が必要です。上記の料金、時間、その他は変更することがあります。

写真・情報提供:ⒸMAUI OCEAN CENTER

シャトルバスで、ハワイの生き物たちに会いに行ってみては!

マウイ・オーシャン・センターで、ハワイの生き物たちに会いに行きませんか?

基本情報

名前:マウイ・オーシャン・センター(MAUI OCEAN CENTER)
住所:192 Maalaea Rd、Wailuku, HI 96793、アメリカ合衆国
TEL:+1 808-270-7000 ※国際電話
営業時間:9:00~17:00(7月と8月は18:00まで)
公式サイト:https://www.mauioceancenter.com/
※最新情報は公式サイト、SNSアカウントでご確認ください。

関連記事:"海沿いの隠れ家"現実を忘れるブティック・ホテル「パイア・イン」

関連記事:コテージでのんびり。マウイ島滞在を楽しむ「バニヤン・ツリー・ハウス」

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/06/07
最終更新日:2018/01/11

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.