たびこふれ

ハワイでしか見られない生物に出会える「マウイ・オーシャン・センター」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/01/27
最終更新日:2017/12/04

Views:

毎年30万人以上が訪れるマウイ島で最も人気のある観光スポット。ここでしか見られない生物たちとの出会いを楽しめる水族館です。

※2016年01月27日掲載時の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

ハワイでしか見ることのできない、固有種の生物と出会える水族館
「マウイ・オーシャン・センター」

マウイ・オーシャン・センターは、飼育展示されている生物のうちハワイ固有種とされる生物が25%を占めており、大変貴重な生体を扱っている施設。

水族館では政府の厳正な管理と指導のもと、汲み上げた海水を使用し生態系を忠実に再現するなど、生物たちに最適な環境を整えています。

外観

外観

水族館の環境や生物たちへの配慮と、保護活動について

しかし、マウイ・オーシャン・センターでは飼育されている生物たちが生涯を館内で過ごすことはなく、成長の過程でいずれ海へと返されます。中でもハワイ固有のアオウミガメ(ホヌ)は、卵から孵ったばかりの子ガメを飼育し、ある程度成長した時点で海へ帰すことで、絶滅危惧種の保護活動にも貢献しています。

さらに、一部の教育プログラムを除き、餌付けやショーなどは行わないことで、生物たちにストレスや負担をかけないよう配慮しています。

子供たちにも、もちろん大人気

子供たちにも、もちろん大人気

パノラマ水槽で悠々と泳ぐ生物を観察できる、大人気のアクティビティ

原則としてふれあいコーナーやショーは実施しない方針ですが、体験型アクティビティは多数用意されています。その中でも外洋を再現した「オープンオーシャン」は、同館最大のアトラクションのひとつ。

これは全長16.5メートルのトンネル型パノラマ水槽の中を進むアクティビティで、水槽の中を往来する何種類ものサメやスティングレイ(エイ)、2,000匹以上のリーフフィッシュを間近に見ることができます。

また、認定ダイバーの方であればこの水槽内に潜って生物たちとより近く対面できる「シャークダイブマウイ」を体験できます。

パノラマ水槽

パノラマ水槽

ホテル間のシャトルサービスで、水族館へのアクセスも便利に

マウイ・オーシャン・センターでは、新たにシャトルサービスを導入され、アクセスが便利になりました。運行スケジュールは1日2回、水族館とマウイ島の西側、南側の主要ホテル間をそれぞれ移動します。

まず、西側のシャトルは、ラハイナの街を抜けて、美しいパリハイウェイの海岸沿いを通ります。南側のシャトルはキヘイの街を通り、砂浜のビーチやマアラエアベイ、冬にはビーチで泳ぐザトウクジラを目にすることもできます。

ホヌが描かれたシャトルバス

ホヌが描かれたシャトルバス

歩き疲れたときに嬉しいレストランや、おみやげコーナーも

館内には「シースケープ」、「マアラエアレストラン」、「リーフカフェ」の3つのレストランと、ギフトショップ「マウイオーシャントレジャーズ」が設置されており、食事やお土産にも困りません。レストラン・カフェで休憩をはさみながら、存分に楽しんで学び、マウイ島の思い出を作ってみませんか?

※以下、シースケープ、マアラエアレストラン公式Facebookページより。

写真・情報提供:ⒸMAUI OCEAN CENTER

基本情報

名前:マウイ・オーシャン・センター(MAUI OCEAN CENTER)

住所:192 Maalaea Rd、Wailuku, HI 96793、アメリカ合衆国

TEL:+1 808-270-7000

営業時間:9:00~17:00

公式サイト:http://www.mauioceancenter.com

公式Facebookページ:https://www.facebook.com/MauiOceanCenter/

公式Instagram:@mauioceancenter

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/01/27
最終更新日:2017/12/04

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.