たびこふれ

マウイ島の老舗ワイナリー「マウイズ・ワイナリー・ウルパラクア・ワインヤード」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/10/16

Views:

日々テイスティングを楽しむ人々で賑わう、マウイ島のワイナリー。

かつてカラカウア王とカピオラニ妃が別荘としていたコテージをテイスティングルームに再生し、伝統を守り続けています。ここでしか飲めないワインも要チェックです!

※編集部註:こちらは2014年11月12日の記事を、2017年2月に加筆修正したものです。

ウルパラクアの歴史を知り、広大な土地で育まれたワインを味わう

たわわに実ったブドウたち。マウイ島の恵みをいただきましょう。

たわわに実ったブドウたち。マウイ島の恵みをいただきましょう。

ハレアカラ火山の中腹、23エーカー(93,077平方メートル)の広大な土地を誇るウルパラクア。

かつてサトウキビ畑、ローズ牧場として栄えていた自然は1974年、ワイナリー「マウイズ・ワイナリー・ウルパラクア・ワインヤード(以下、マウイズ・ワイナリー)」に姿を変えて、テイスティングに訪れる人々で賑わう人気観光スポットとなりました。

今回は、40年以上にわたって愛される、このワイナリーの魅力をご紹介しましょう。

歴史を感じるコテージで、とっておきのワインをいただく

マウイズ・ワイナリーでは150年以上前、ローズ牧場の時代に足しげく通っていたカラカウア王のために用意されたコテージを、そのまま使用したというテイスティングルームがあります。

このテイスティングルームでは、かつてのウルパラクアの歴史が分かる写真や展示物が飾られており、時の流れをゆっくりと噛み締めながら、ワインを味わうことができます。

カラカウア王が愛したコテージは現在、ワイナリーのテイスティングルームとして運営。

カラカウア王が愛したコテージは現在、ワイナリーのテイスティングルームとして運営。

さて、マウイズ・ワイナリーでは一般的なブドウでつくるワインの他に、パイナップルやラズベリーからつくったワインも販売、試飲提供をしています。

ここからは、その特徴について、公式サイトの説明を元にご紹介しましょう。

参考:マウイズ・ワイナリー公式サイト[ワインについて](英語:公式サイトに遷移します)

原料はパイナップルのみ!?ユニークなワインの製造過程

(左から)ラズベリーワイン、パイナップルワイン、ブドウワイン(赤)※2014年時点のラインナップです。

(左から)ラズベリーワイン、パイナップルワイン、ブドウワイン(赤)※2014年時点のラインナップです。

2017年現在、マウイズ・ワイナリーで提供しているワインの素材はブドウ、ラズベリー、パイナップルの3つ。それぞれのバリエーションも豊富になっていますが、その中から気になる銘柄を抜粋してご紹介しましょう。

ちなみに、公式サイトのワインの説明は、一つずつ誕生ストーリーがあり、さらにワイン自身が「私はこんな飲み方をされるのが好き」とアピールしています。ロマンチックな文章ですので、ぜひご覧になってみてくださいね。

Ulupalakua Red...ブドウ

ブドウで作られたワインのシリーズ。「Estate Wines」のカテゴリとして、製造年ごとに名称が変化しています。

公式のオンラインショップでは、銘柄ごとに製造本数が違うことがわかるのですが、本数が少ないほど希少性が上がり、お値段も高くなっています。ですが、それぞれで味わいも異なるため、価格だけでなく、個性をしっかり見極めてお気に入りの一本を選ぶ方が良いでしょう。

LEHUA...ラズベリー

ラズベリーで作られたデザートワイン。2017年現在は、この記事で掲載しているボトルとはラベルが変化し、スタイリッシュになっています。

こちらは「Rose Ranch Wine」のカテゴリで、もともとはご近所の農家が作り過ぎてしまったラズベリーをもとに製造したことがきっかけなのだそう。しかし、そのワインが好評を得て、現在はマウイ産に加えてワシントン州産のラズベリーも取り寄せて製造しています。

公式サイトでおすすめしている飲み方は、カクテルに使ったりソースの材料にしたりすること。アイスクリームにかければ、大人の味を堪能できるとしています。開封後も冷蔵庫で保管しておけば、長持ちするそうですよ。

MAUI BLANC...パイナップル

このワインは、なんとマウイゴールドと呼ばれる品種のパイナップルのみで作られています。プレスされた新鮮なマウイゴールドのジュースを、4,000ガロンのステンレススチールタンクに入れて発酵させることで、ワインにしているとのこと。

説明によると、もともとは1977年に、ブドウ園を作ってワインを製造しようとしていた頃、実験的にパイナップルで作ってみたことが始まりなのだそう。その味わいが評価され、当ワイナリーが始まったきっかけづくりになったとともに、現在でもベストセラーとなっています。

公式サイトでおすすめされている飲み方は、辛い物と一緒に飲むことと、サングリアのベースにすること。夏にピッタリのフルーツワインですね!

このほかにも、チェックしておきたいワインがもう一つあります。

HULA O MAUI...パイナップル

パイナップルでできたスパークリングワイン。フラガールのラベルがかわいいです。

こちらはマウイズ・ワインの20周年をお祝いして誕生した銘柄とのこと。現在でも人気の銘柄として販売されています。

材料はMAUI BLANCに同じく、マウイゴールドを使い、伝統的なスパークリングワインの製法に則って製造されています。

おすすめされている飲み方はそのまま飲むか、お祝いなど「とっておき」の場面で飲むこと。いろいろな食べ物と合いますが、やはり辛い食べ物との相性が良いとしています。「朝に合うワイン」としており、フルーツやオレンジジュースなどを入れて、MAUI BLANCのようにサングリアにしても良いとのことです。

お値段もMAUI BLANCより高めとなるため、ホームパーティ用のお土産にいかがでしょうか?

ワインを飲み比べできる、見学ツアーもぜひ!

ゆったりとした時間の中で味わいを育みます

ゆったりとした時間の中で味わいを育みます

また、マウイズ・ワイナリーでは午前と午後に1回ずつ、ガーデンとワインの製造過程を見学できる無料ツアーを開催しています。ツアーで歴史に思いを馳せた後に、ここでしか飲めないフルーツワインの味を堪能するコースがベストですね。

写真提供:Maui's Winery, Ulupalakua Vineyards

※編集部註:初出時(2014年)の情報を見直し、2017年2月に加筆修正をいたしました。ハワイ州の法律を守り、お酒をお楽しみください。

店舗情報

名前:マウイズ・ワイナリー・ウルパラクア・ワインヤード(Maui's Winery, Ulupalakua Vineyards)

住所:Hwy 37 Ulupalakua, Hawaii 96790

営業時間:10:30~17:30(テイスティングルーム)/10:30~13:30(ガイドツアー)

公式サイト:http://www.mauiwine.com/

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/10/16

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.