たびこふれ

IR(統合型リゾート)の発展で注目を集める!マカオの魅力をご紹介!

記事投稿日:2017/05/25最終更新日:2017/05/25

Views:

マカオの2つの顔

マカオはポルトガルから伝来したノスタルジックな世界遺産が有名ですが、一方で近年、最新の巨大リゾートがいくつも建ち並び、カジノはもちろん、買い物やお食事も楽しめるIR(統合型リゾート)も急速に発展してきているようです。古き良き伝統や文化は残しつつ、すぐ近くで最先端の設備をそろえたリゾートを楽しむというギャップがとっても魅力的な国を楽しんできました。

いま注目のIR(統合型リゾート)とはどんなもの??

今回はマカオの中でも開発著しいコタイ地区に行ってきました。日本でもマカオといえばカジノのイメージが強いと思いますが、それだけではありません。施設内には豪華なホテルと家族向けのショーや施設もたくさんありました。日本でもお馴染みの「ヴェネチアン」や「オークラ」などのホテルがあり、施設内には一周するのに30分かかるという巨大な流れるプールがある「ギャラクシー」リゾートは、その施設の大きさとバラエティ豊かなお店の多さにただただ圧倒されました。

ホテルのメインロビーでは、ホテルごとに特色のあるデコレーションがなされているところもあり、「ウィンパレス」のロビーでは花をモチーフにしたとってもかわいらしい空間が印象的。ロビーも含めてエンターテイメントになっており、巨大なテーマパークの中にいるかのようです。日本でも近い将来こんな施設ができるのでしょうか??

1ギャラクシー流れるプール.JPG

2ベネチアン.JPG

3ウィンパレス.JPG

人気の「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターショー」観てきました!

今回はC席(HK$580)で鑑賞。約90分のプログラム。元シルクドソレイユのメンバーによるエンターテイメントショー。人間技とは思えないようなアクロバティックなショーももちろん、このショーの為に作られた劇場が素晴らしい!あっと驚くような水を効果的に使った演出が随所に散りばめられ、この劇場でしか見られない見どころ満載のショーでした。劇場は円形になっており、どの席からでも楽しめますが、全体が見渡せるA・B席がお勧め。ここでしか体験できない特別な90分。エンターテイメントショーはコタイ地区でいくつかありますが自信をもってお勧めできる一押しのショーです。

4ハウスオブダンシングショー.JPG

マカオの夜景もお勧めです!

今回は日没後に定期的にフェリーターミナルから出発しているオープントップバスで、ライトアップされたマカオの夜景観賞へ出発。最近日本でも見かけることの多くなった屋根のない2階建てのバスから煌びやかにお化粧した豪華なマカオの夜の顔を堪能。日中とはまた全然違う煌びやかなホテルや街並みを約60大満喫できました。

5オープントップバス.JPG

まとめ

今回初めてマカオを訪れましたが、その印象はがらりと変わりました。カジノのイメージが強かったマカオですが想像以上に大規模で豪華なホテルやエンターテイメント。日本にはまだないIRを目の前にして、この国でしかできない体験に日々圧倒されました。隣の香港への橋や新しいホテルやIRも建設途中のマカオは日々変化し、その熱量を体験できるのは今しかありません。どこに行こうか迷っている方にもおすすめの観光地です。

6ベネチアン内装.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
ねもくろ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/05/25最終更新日:2017/05/25

Views:

マカオのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.