たびこふれ

イギリス/リメンバランス・デーを彩る赤いケシの花

記事投稿日:2014/11/15最終更新日:2017/11/22

Views:

今年も11月11日のリメンバランス・デー、戦没者追悼記念日を迎えました。
毎年この時期になると、英国では街中のいたるところで、
胸に赤いケシの花のバッチや紙製の飾りをつけた人々を見かけるようになります。
日本でいえば、ちょうど「赤い羽根共同募金」の羽をつけているのと同じイメージです。
このポピー、つまりケシの花は、退役軍人を支える慈善事業団体、
ロイヤル・ブリティッシュ・リージョンによる募金活動、
「ポピー・アピール」への寄付を行った人が身につけているものなのです。

UK_20141102_01.JPG

こちらはチャリング・クロス駅に登場した、特設募金スタンド。
通勤途中の人々が、積極的に募金を行っています。
この募金活動は毎年行われているものですが、
今年は1914年に勃発した第一次世界大戦の開始から100年を記念する年であるため、
特に人々の関心が高くなっています。
というのも、英国、そして英連邦のコモンウェルスで戦没者を追悼する記念日である
リメンバランス・デーは、1918年11月11日の第一次大戦終結日を記念して、
この日に定められているのです。
現在では第一次世界大戦だけでなく、第二次大戦はもちろんのこと、
その他すべての戦争における戦没者を追悼する毎年恒例の行事となっています。
そしてこの赤いケシの花は、こうした戦没者追悼を象徴するイメージとなっており、
英国各地の戦争祈念施設や、戦没者の眠る墓地の墓石など、
一年を通じて目にすることができます。

UK_20141102_02.JPG

11月11日に一番近い日曜日、11月の第2日曜日はリメンバランス・サンデーと呼ばれ、
英国全体としての追悼記念式典が毎年行われます。
場所は、官庁街のホワイトホールにある「セノタフ」と呼ばれる記念碑の前。
ここに女王をはじめ、英国首相、官僚たちが集い、午前11時から2分間の黙祷がささげられます。
同時に、英国内のあちこちで、同じ時刻に各種の追悼イベントであったり、
または職場などで個人が思い思いに、黙祷をささげるのです。
UK_20141102_03.JPG

UK_20141102_04.JPG

第一次世界大戦勃発から100周年となる今年は、
ロンドン塔の周囲を888,246本もの陶磁器製のポピーで埋め尽くすという
大規模なアート作品が登場しており、世界的にも注目を集めています。
戦没者の流した赤い血を表している赤いケシの花、その光景はただただ圧巻です。
BBCの報道によると、このアート作品は今後英国内をいくつか回った後、
最終的には2018年よりロンドンとマンチェスターの帝国戦争博物館で常設展示されるとのことです。
UK_20141102_05.JPG

UK_20141102_06.JPG

こちらは私が最近、近所の某大手スーパーでもらったポピー。
買い物をした際に、「合計金額を繰り上げて端数のない額になる分まで寄付しない?」と聞かれ、それなら是非、と「寄付」をしたらもらったものです。
たとえば15ポンド65ペンスの買い物であれば16ポンドを支払い、差額分を寄付ということです。
こう言われてNoという人はあまりいないので(特に英国人は!)、
紙製のものとはいえ、ちゃんとポピーをくれることも含め、なかなかいいタイアップだなあと思いました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ハル・リーチ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/11/15最終更新日:2017/11/22

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.