たびこふれ

うーん、何を買おうか、スペイン土産?

記事投稿日:2016/08/12最終更新日:2017/11/21

Views:

旅行先で、日本の家族や友人知人、職場などに買って帰るお土産に頭を悩ませたことがありませんか? かくいう私も、毎年日本に帰省する際に迷ってしまいます。今回は、実際に私が買ったお土産も含め、スペイン土産のアドバイスを書きたいと思います。

私がいつも買って帰りたいと思うものは、ワイン、オリーブオイル、陶器と重たい割れ物ばかり。最近は1人あたり23kgのスーツケースを2つチェックインできる航空会社を利用しているので、数は持って行けないものの、必ずお土産に持って行きます。カラフルなかわいい陶器は小さなお皿やボウルを選べばOK。スペインの主要都市にあるデパートEl Corte Inglés(エル・コルテ・イングレス)のスーパーなら、ミニボトルのワインのほか、250ml缶入りのオリーブオイルも売っています。

SP_20160802_01.JPG

SP_20160802_02.JPG

パッケージもすばらしい高級オリーブオイルは、大切な方へのお土産に

夏場の帰省で女友達に好評だったのが、スペインの扇子です。扇子はもともと日本で生まれ、シルクロードを通ってヨーロッパの宮廷でも使われるようになったのだとか。現在ではヨーロッパで扇子文化が残っているのはスペインのみで、実用、フラメンコ舞踊用、デコレーション用とスペイン人の生活に根付いています。カラフルなペイントの扇子は日本の扇子より洋服に馴染むので、私は色違いでいくつか使っています。3、4ユーロからありますが、安い物はほぼ中国製です。

SP_20160802_03.JPG

ばらまき用に使えるのが、スペイン料理のマグネット。パエージャやチュロス、生ハム、オリーブ、サングリア等。マグネットなんてほしい人いるかしら?と半信半疑で買って帰ったところ、意外にも好評でした。また、陶器のマグネットはおしゃれ感が漂い素敵です。

SP_20160802_04.JPG

SP_20160802_05.JPG

今回、前述のデパートEl Corte Inglésではお菓子類も買いました。プリングルスの生ハム味! ビールのつまみにもなるので、これも評判がいいです。サッカースペイン代表のユニフォーム型の缶に入ったクッキーは、サッカー好きの人へのお土産にもってこい。かわいい缶に入ったクッキーもあります。

SP_20160802_06.JPG

スペイン各地にあるLA CHINATAというお店はオリーブオイルのほか、オリーブオイルを使ったコスメや食材を扱っているお土産の穴場。すべて自社ブランドです。オリーブオイル自体は手頃な分、高品質でおいしいとは言い難いので、オススメはコスメ系。オリーブオイル配合のリップクリームやせっけん、ハンドクリームなどばらまきに使えるプチプラグッズが揃っています。赤ちゃん用のスキンケアグッズまであるんですよ。下記の公式サイトから、お店を探してみて下さいね。そうそう、オリーブオイルも使ったチョコレートもおいしかったです。
LA CHINATA:http://www.lachinata.es/

SP_20160802_07.JPG

(固形ソープ、シャンプー、ボディソープ、ボディミルクの4点セットが3.60ユーロ、シャンプー、ボディミルク、ハンドクリームの3点セットが2.95ユーロ、箱入りの固形ソープは0.60ユーロ)

チョコレートといえば、お手頃なアマトリェールがばらまきにオススメです。18世紀創業のスペインでもっとも古いチョコレート会社だったアマトリェール社は、20世紀に買収されたものの、アマトリェールの名はブランドとして残りました。今では、3代目がパトロンとして支えていたミュシャ等が描いたアールヌーボー調の当時のパッケージが復活し、大人気です。

SP_20160802_08.JPG

さて、スペインでお土産を買う時に注意したい点がひとつあります。それは、日本への肉類の持ち込みは禁止されているということ。おいしい生ハムや腸詰類は、スペイン滞在中にせっせと食べることにしましょう。空港の免税店で、店員さんが知らずに「真空パックだし、検査済みだから大丈夫」なんて言うことがあるそうですが、一切持ち込みはできないので気を付けて下さいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
田川敬子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/08/12最終更新日:2017/11/21

Views:

スペインのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.