たびこふれ

アメリカ/ニューオリンズでストリートカー(路面電車)に乗ろう

記事投稿日:2016/01/16最終更新日:2017/11/08

Views:

大好きなニューオリンズに遊びに行きました。
今回は初めてウェアハウス地区と呼ばれる、美術館やアートギャラリーが多く集まるエリアに泊まりました。
大きなコンベンションセンターがあるので、平日にはビジネスマンが多いようです。
NY_20160102_01.jpg
また、大型客船のターミナルもあるので、世界からの観光客も訪れます。
NY_20160102_02.jpg
ターミナルの手前には、大きなファクトリーアウトレットモールが。
モールの裏側に、巨大なクルーズ船が停泊しているのが見えます。
NY_20160102_03.jpg
夜、フレンチマーケット近くのライブハウスに行こうと地図を見ると、歩くには遠すぎる距離。
週末だったので、タクシーだと渋滞すると言われ迷っていましたが、地図を見るとストリートカー(路面電車)のリバーフロント線のジュリア・ストリート(Julia St)駅がコンベンションセンターとファクトリーアウトレットモールの間をミシシッピー川の方へ進んだ、大型客船ターミナルのすぐ手前にある事を発見。
NY_20160102_04.jpg
夜になり、駅に着いて待っていると、すぐに電車がやって来ました。
NY_20160102_05.jpg
ジュリア・ストリート駅からフレンチクォーターなど町へ行くのは、フレンチ・マーケット行きのOutbound。
このサインの下で待ちます。
NY_20160102_06.jpg
運転手が座っている前方から乗り、この機械で1ドル25セントを払います。2歳以下の子供は無料ですが3歳以上だと大人と同額で、お年寄りには優しく65歳以上はたったの40セント。
コインだけでなく1ドル札も使えますが、お釣りは出ません。
ちなみに、ジャジーパス(Jazzy Pass)と呼ばれる1日(3ドル)、3日間(9ドル)、31日間(55ドル)の乗り放題パスもあります。
NY_20160102_07.jpg
ジュリア・ストリート駅は2つ目の駅なので、この時間、乗客は私だけ。
NY_20160102_08.jpg
次の駅から人が乗ってきました。
NY_20160102_09.jpg
町中に近づき、どんどん人が乗ってきます。
NY_20160102_10.jpg
降りる時は、1つ手前の駅を出発し、目的駅に着くまでの間にこの紐を引っ張って知らせます。
NY_20160102_11.jpg
目的のフレンチストリート駅へは、ジュリア駅から7駅目。結構短い路線です。
NY_20160102_12.jpg
ストリートカーを降り、目の前のEsplanade Ave.を少し歩くと右側にFrenchmen St.というのが見えてくるので、この道をまっすぐ上がっていくと色々なジャンルのライブハウスやレストランがいっぱい並んでいます。
NY_20160102_13.jpg
NY_20160102_14.jpg
ストリートカ―は、ミシシッピー川沿いを走るこのリバーフロント線以外にも、町中を走るキャナルストリート線やセント・チャールズ線などがあります。
他路線に乗り換えるトランスファーは25セント。65歳以上のトランスファーは無料です。
詳しくは、交通局のウェブサイトで。http://www.norta.com/
NY_20160102_15.jpg
プロフィール画像
この記事を書いた人
ナツコ・H
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/01/16最終更新日:2017/11/08

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.