たびこふれ

マレーシア、空前のチーズケーキ&タルトブーム

記事投稿日:2017/01/01最終更新日:2017/11/07

Views:

マレーシアで1年ほど前から大ブームのチーズケーキやチーズタルト。

日系の専門店だけでも、ここ数ヶ月でオープンしたのは、「北海道ベイクドチーズタルト」「tokyo seceret 」 「テツおじさんのチーズタルト」など数店舗にも及ぶ。

また専門店のみならずベーカリーでもオーブンから取り出したばかりの熱々がトレイの上にのせられたまま「原宿チーズタルト」と称して叩き売りされている。

マレーシアの伝統菓子には「香港エッグタルト」や「ポルトガルエッグタルト」というのがあり、チーズベースの香ばしさがあるタルトは昔からなじみが深かった。そして最近になってからモダンな風格のあるチーズタルトが続々と登場してきたというわけだ。

 マレーシアで日本風チーズケーキと言えば、「MIKIおじさんのみせ」が一番の老舗。日本のレシピでシンガポールを拠点に、今ではアジアに何店舗かあるようだが、マレーシアでは既に10年以上はたっていると思う。

MR_201701_01_01.jpg

MR_201701_01_02.jpg

ちなみのお値段の方は、「北海道ベイクドチーズタルト」は一個RM5.80(日本円約145円)、「tokyo seceret 」の 半ナマはRM7.90(日本円約206 円)だ。

 12月には、日本でも人気の焼きたてチーズタルト専門店「PABLO」が、クアラルンプール近郊 にあるマレーシア最大級のショッピングモール ワンウタマのオールド・ウィング内に開店した。

 パブロの特徴は、他の店ではない、好みの焼き加減を選べること。マレーシアでも「レア」と「ミディアム」が選べる。そして大小のチーズケーキがオリジナル・抹茶・チョコレートの3つの味で楽しめるようになっている。ただし、大きいタルトはミディアム・レアでのみ。「PABLO」のお値段の方は、小一個RM8.90(日本円約223円)、大一個RM45.90(日本円約1148円)だ。ドリンクやプリンなど、その他のメニューも豊富。

MR_201701_01_03.jpg

MR_201701_01_04.jpg

 半熟のお次は焼きたてのチーズタルト。焼きたてのチーズタルトでとろりというのはローカルの人にとっては新しい感覚なので、今後何らかの「とろり」新製品も開発されるかもしれない。

MR_201701_01_05.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
YasminYoko
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/01/01最終更新日:2017/11/07

Views:

マレーシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.