たびこふれ

バスよりお得な?ポルトガルでのタクシー利用

記事投稿日:2016/01/30最終更新日:2017/11/09

Views:

ポルトガル国内で移動するとき、便利な乗り物というと・・・リスボンならトラム(路面電車、観光ならバス、気軽にタクシー、という感じで使い分けている方も多いでしょう。リスボンやポルトなどの都市であれば、坂道が多いため、確かにトラムがもっとも便利だと思います。

por-20160201-01.jpg地方に行くと、このように素朴なバス停もある

しかし、ちょっと足を延ばして別の街へ行ってみたい・・・という向きにはやはり、バスが便利でしょう。でもやはり、バスと単にいわれても、どこでどうやって乗っていいのか、まったくわからないこともあるでしょう。その場合、宿泊先のホテルのフロントや、近くに観光案内所があれば、そこで尋ねるのが賢明です。尋ねるときは、目的地やコストなどをはっきりと尋ねるようにしましょう。もちろん、英語で大丈夫です。バス停などの場所がわからなければ、無料で地図をくれて説明してくれるはずです。特に、夕方から夜間にバスを利用したい場合などは、道端で誰かに尋ねるよりも、自分が宿泊していないホテルであってもフロントで尋ねてみてください。カフェやレストランでも親切に教えてくれますが、やはり信頼できる情報をくれるのは、観光案内所か、ホテルと覚えておいてください。

Por-20160201-02.jpgリスボン市内を走るバス

バスに関する情報はネットでももちろん気軽に見つかるので簡単かもしれません。しかし、時として情報が古いことや、間違ったルートが記されていることもありますのでくれぐれも鵜呑みにしないよう、注意してください。

Por-20160201-03.jpgスーパーや、カフェが集まっている場所付近には、必ずあるタクシー乗り場

乗り物の裏ワザは、タクシーです。観光地やホテルが集まっている場所の近く、そしてスーパーマーケットがある場所の近くには、タクシー乗り場が必ずあります。また、ホテルならタクシーを呼んでもらえることもできるでしょう。

こういったタクシーなら信頼できますし、実は長距離でなければバス料金とほぼ同じなので、たとえば駅からホテルまで、ちょっとくたびれたからバスかタクシーで・・・と思ったらタクシーを利用したほうがゆったり出来てお得かもしれません。ちなみに、半径5キロ以内であれば、5ユーロ(日本円にして600円くらい)ですし、バスもほぼ同料金です。

Por-20160201-04.jpgこのような車両でもタクシー。スーパーでたくさん買い物をしたときなどに利用すると便利

ちなみにタクシーは、日本のように後部座席ではなく前の座席にまず誰かが座るのが基本になっているため、1人で利用する場合は前の座席のドアがまず開いて、運転手の横に座ることになりますので、覚えて置いてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kウィレムス
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/01/30最終更新日:2017/11/09

Views:

ポルトガルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.