たびこふれ

常春の楽園!ポルトガル領のリゾート『マデイラ島』

記事投稿日:2014/01/23最終更新日:2018/04/09

Views:

こんにちは!クルーズ担当の重原です。今回、クルーズで訪れる人気のヨーロッパリゾート・マデイラ島をご紹介します♪

マデイラ島・フンシャル

image00000002.png
ワイン業を営む英国商人により開拓された島だけに、島の首都にあたるフンシャルは洗練された街並みです。英国風の建物と技巧を凝らした石畳が美しく、さらに常春の楽園にふさわしく街の中には随所に熱帯植物の公園が点在していてあっという間にマデイラ島の虜に。

マデイラ島・フンシャル市内の石畳

image0000005.png
幾何学模様が美しいです。溶岩からなる黒い石と白い石を使った伝統的な舗装だそうです。市内メインストリートはさまざまな模様で彩られ、シックな黒と白がよりハイソサイアティな街として印象づけます。私が一番気に入ったのはこのイチョウ型です。

マデイラ島・フンシャル市内の石畳②

image0000006.png
と思えば、伝統的な民族衣装をまとった人をモチーフにした文化的なデザインも。普段海外に行ったときは足元の伝統的な舗装が気になるのですが、マデイラではすっかりモザイクマニアになってしまいました。この写真は農作業の一幕です。ソリはワイン商人が持ち込んだワイン樽!?

マデイラ島・フンシャル市内の公園

image0000009.png
12月に訪れたというのにこの茂り様です。私が訪れた日はあいにくと年に数回しかないという悪天候の日だったので、あまり写真の見栄えはよくありませんが...。公園の植物は南米やアフリカ、アジアの熱帯原産植物が植えられているにもかかわらず、まったく野暮ったくない配置でここにも英国人の素敵な「ガーデニング魂」を垣間見ました。

マデイラ島・フンシャル市内の常設市場

image00000010.png
活気のある常設市場は地元の人々で賑わっていました。欧州での市場でみられる野菜や果物はもちろんのこと、見たことのない南国フルーツや野菜も沢山あり、みているだけでわくわくです。甘い香りと爽やかな植物の香りが入り混じった香りを写真だけではお伝えできないのが残念です。

マデイラ島・ビューポイント

image012.png
車で15分程でフンシャルを見下ろすビューポイントへやってきました。空と海、眼窩に見下ろす美しい街並みと緑生い茂る山が背後に聳える息をのむ景色です。前述の通り私が訪れた時は年に数回の悪天候でしたので、せめて色鮮やかな花とともにお楽しみください!ちなみにこの街でバロンドールに輝いた名サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドが生まれ育ったのです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
クルーズ旅行編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/01/23最終更新日:2018/04/09

Views:

ポルトガルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.