たびこふれ

台湾・グルメ旅1("Time to Eat")

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/09/04
最終更新日:2017/11/02

Views:

ニッポン大好き「台湾・グルメ旅」へ! "Time To Eat"

HP15-30774.jpg

気軽に行ける上、観光、グルメ、ショッピングと旅の楽しみに事欠かない隣国・台湾。そのさらなる魅力について、台湾観光協会の江所長に教えていただきました。

HP15-43152.jpg
右)台湾観光協会 東京事務所 所長 江明清 (コウメイセイ)様
左)阪急交通社 ツアー企画担当 杉田舞希

杉田 昨年(2014年)、台湾を訪れた日本人は160万人を超えました。日本人にとって親しみが深い台湾ですが、一方で台湾の方から見た日本人像は、どのようなものなのでしょうか?

江所長 台湾人は『日本』と『日本人』が大好きですよ。これについては世界一だと思っています。同じ漢字文化など、似ているところも多いですしね。「元気」など一部の日本語を、そのまま台湾語として使っている言葉もあるほどです。個人的には、日本と台湾は"友人以上、恋人未満"(笑)、親戚のように安心できる関係だと思っています。料理も似たところが多いですね。実は私は来日当初、日本にカレーライスがあることに驚きました。そして思ったんです、「これは台湾料理を真似したものだな......」と(笑)。味噌汁や漬け物も台湾では一般的ですよ。

杉田 それは知りませんでした。それにしても、台湾といえば『グルメ』!日本人にも人気の「小籠包」など、台湾ならではの食べ物もありますよね。

江所長 そうですね。小籠包は、日本で食べられるものとちょっと違うかな。味もそうですが、台湾ではおかずのひとつという感覚なので、小籠包だけでは食べませんね。必ずご飯ものや他のおかず数種類と一緒に食べるんです。

68.蘇杭點心店.jpg
▲台湾料理の定番、小籠包は肉汁たっぷり

杉田 なるほど。他に、江さんオススメの台湾料理を教えてください。

江所長 オススメは「牛肉麺」!柔らかく煮込んだ牛肉がたっぷりのった麺料理なんです。店によって塩味、しょうゆ味、細麺・太麺など様々ですが、日本円で1杯およそ400円程度から食べられます。物価が日本の1/3くらいなので、機会があったら気軽に試してみてください。

BP15-17019.jpg
▲牛肉麺は柔らかいお肉と麺の組み合わせがとても美味しい江所長おすすめの一品。

杉田 物価が安いのは魅力的ですね。

江所長 あと、台湾料理は全般的に和食と同じで、『素材の味を生かした薄味』のものが多いんです。また味付けや調味料が日本と同じものも多いうえ、地方ごとの特色が豊かなんです。日本の皆様にも馴染みやすく、お口に合うものも多いと思いますよ。

>>>続き「台湾・グルメ旅2(スイーツの宝庫)」はこちら!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/09/04
最終更新日:2017/11/02

Views:

この記事に関連する記事

台湾のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.