たびこふれ

オーストリア1(機内から始まる旅)

記事投稿日:2015/04/27最終更新日:2017/07/03

Views:

爽やかな初夏の陽気に誘われ、『記念の年』に沸くオーストリア

SP15-20765.jpg
リング通り(ウィーン) cWienTourismus/Christian Stemper

865年フランツ・ヨーゼフ皇帝により開通宣言が行われた"世界で最も美しい大通り"ウィーンの「リング通り」。かつてこの道の上は城壁でしたが、50年以上の工事期間を費やし、全長5.3㎞の豪華な大通りが完成しました。

B777_RenderCam04_highres_2015_COE_A3_.jpg
▲ボーイングB777

今年「リング通り開通150周年」を迎え、話題のオーストリア。今回はオーストリアを代表する航空会社・オーストリア航空のスタッフにも加わっていただきその魅力にせまります。

HP15-20130.jpg
(中左)ウィーン在日代表部 アシスタントマネージャー 福田 明子さん
(中右)オーストリア政府観光局 マーケティング/PR シャノー・ネビンさん
(右)オーストリア航空 マーケティング スーパーバイザー 伊東 綾子さん
(左)阪急交通社 ツアー企画担当者 長谷部 陽

長谷部
オーストリアには行きたいけれど「長時間のフライトで気が重い」というお客様は少なくありません。初めにオーストリアを代表する航空会社「オーストリア航空」の特徴を教えてください。

伊東さん
はい。搭乗したその瞬間からオーストリアを感じていただけるようオーストリアの魅力が凝縮されています。例えば機内にはワルツが流れ、ナショナルカラーである全身真っ赤な制服を身に纏ったフライトアテンダントがお客様ひとりひとりをお出迎えします。オーディオプログラムでも『音楽の都』らしくクラシックやオペラが充実しています。お食事の準備が始まると温めたパンの甘い香り、お食事が進むとコーヒーの良い香りが機内に広がります。コーヒーはウィーンの老舗ブランド「ユリウス・マインル」をご用意しています。シートは限られたスペースで居心地のいい空間になるよう最新技術を導入しています。エコノミークラスの一番の特徴は背もたれを倒した時に座面が前にスライドし、体にあったフィット感が得られる点です。さらに、アメニティのデザインにもこだわってます。

長谷部
チェック柄やチロル風の可愛い刺繍に気分が高まります(笑)。

伊東さん
ちょっとしたことですが嬉しいですよね。オーストリア人はまじめですが遊び心もあるんです。約12時間弱の空の旅を寛ぎ、楽しんでいただけるよう、細部まで演出を心がけています。

長谷部
しかも日本からウィーンへ唯一の直行便だから便利ですよね。

伊東さん
そうなんです。乗り継がずにオーストリアに到着できるのは気持ち的にも体力的にもとても楽ですよね。気持ちが楽といえば、ウィーン直行便には日本人のキャビンアテンダントも3名乗務していますので、安心してご利用ください。これからの時期は日が長く、着いたその日から街歩きなどをお楽しみいただけますよ。

SP15-20764.jpg
▲エコノミークラス

>>>続き(オーストリア2「2015年は記念の年!」)はコチラ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2015/04/27最終更新日:2017/07/03

Views:

オーストリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.