たびこふれ

オーストラリア1 (「ウルル」の神秘)

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/03/05
最終更新日:2017/07/04

Views:

みんなが『幸せになれる国』 "大らか"で"大きい"オーストラリア

BP14-49914.jpg

日本の20倍もの面積をもつスケールの大きなオーストラリア。大らかな人や世界最大級の世界遺産が多いのはお国柄でしょうか。観光局の方々にオーストラリアの魅力をたっぷり伺いました。

HP15-09766.jpg
(右)オーストラリア政府観光局 日本・韓国地区局長 アンドリュー ライリーさん
(中)阪急交通社 ツアー企画担当者 木挽 淳美
(左)ノーザンテリトリー政府観光局 日本事務所 中村 滋さん

木挽 
オーストラリアには19の世界遺産がありますが、その中でもノーザンテリトリーにある世界最大級の一枚岩「エアーズロック」についてお聞かせください。

中村さん 
まず皆さまにはエアーズロックという名で知られていると思いますが、私達観光局としては「ウルル」という名称で呼ぶことを推奨しています。

ライリーさん 
元々この一帯にはオーストラリアの先住民・アボリジニ達が暮らしていて、この巨大な岩を「ウルル」と呼び聖地として崇めてきました。アボリジニの文化を認め、さらに敬意をはらう動きがあり最近は「ウルル」という呼び名が浸透してきていますね。

中村さん
「ウルル」は東京タワーとほぼ同じ高さで348mあり、周囲も9・4㎞あります。それほど巨大なものが何もないところにそびえ立っているというのは想像するだけでワクワクしますよね。

木挽 
立っているだけで、ウルルを含めた地域一帯が神に守られているような気がしますね。

中村さん
実は私はウルルで妻にプロポーズしたんです(笑)。その場でOKしてもらえたので、それはウルルの持っているパワーのせいかなと。約17年の時を経てそのウルルをプロモーションしている立場にいるのも不思議な縁を感じますね。

ライリーさん
写真だけじゃなく実際に目で見て耳で聞き、その匂いを肌で感じるとその印象がまったく違いますね。私がウルルに滞在したときに、朝、窓のカーテンを開けたら砂や太陽の『オレンジ色』、植物の『緑色』、それから空の『青い色』に圧倒されて「見知らぬ惑星に来たのか?」と思いました。行く前は、「一枚の岩のためになんで長旅しなくちゃいけないんだろう」って思っていましたが行ってみたら分かりました!アボリジニにとっての聖なる地であるというのを実感しましたね。

木挽 
あと、ウルルで見る星空はまるで『大自然のプラネタリウム』のように私は感じますがいかがですか。

中村さん 
プラネタリウムより星が多いですね。星が多すぎて星座が分からないくらい、空が星であふれ、360度星を見渡すことができるんです。空に"天の川"って書いてあるかの如く星が見えますよ。

ライリーさん
ウルルでは『本当の宇宙』が見えますね。私は星空に31の衛星が通るのを見ましたよ。

中村さん
1日の中で、サンライズとサンセット、そして昼と夜。空の色と共に岩肌の色も変わり、その時々で見える景色が変わるので眺めているだけでもお楽しみいただけると思います。

HP14-42380.jpg
▲朝日に照らされる姿は神々しささえ感じる美しさです。

HP14-42381.jpg
▲夕日のオレンジ色の染まり燃えるような姿は絶景です。

木挽 
あと、ウルルは世界遺産の中でも文化遺産と自然遺産の2つに登録されていますよね。

中村さん
ウルルとカタ・ジュタ2つを合わせて『ウルル‐カタ・ジュタ国立公園』として「世界複合遺産」に登録されています。ただ自然景観を楽しむだけじゃなく、そこに根付いたアボリジニの文化も同時に楽しんでいただけるのが醍醐味だと思いますね。あと一枚岩であるウルルに対して、カタ・ジュタは36個の奇石が合わさってできています。高さもウルルより200m近くも高く、複雑な形をしているので見る角度によってその姿が変化しウルルとは違った魅力があります。

BP09-41012.jpg
「カタ・ジュタ」は、アボリジニの言葉で「たくさんの頭」という意味を持つ、36ものドーム型をした巨大岩群です。

>>>続き(オーストラリア2 「サンゴ礁の楽園「グレートバリアリーフ」」)はコチラ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2015/03/05
最終更新日:2017/07/04

Views:

この記事に関連する記事

オーストラリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.