たびこふれ

カンボジア2(魅力の尽きないカンボジア文化)

記事投稿日:2016/10/19最終更新日:2017/07/06

Views:

遺跡だけじゃない! 魅力の尽きないカンボジア文化

ESP11-57915A.jpg
▲クメール料理
シルクロードによってもたらされた様々な国の料理のエッセンスが合わさったといわれるカンボジアの伝統料理。

荒濱 カンボジアは"観光のしやすさ"や、当社ツアーで宿泊するデラックスクラスホテルも、豪華でサービスがいいと、お客様の評価が高いんですよ!

飯塚 カンボジアは"ジャングル"というイメージが強いんです。もちろん遺跡がある場所は密林の中なのですが、シェムリアップの町は綺麗に整備されていて、今や世界的な観光都市です。ホテルも南国風の雰囲気で、とても快適ですよね! また、カンボジアの観光スポットは、町から近い場所にあるので、身体に負担がかからないのが魅力のひとつです。バスの移動時間が長いと、それだけで疲弊してしまいますので。

荒濱 シェムリアップは町そのものがそれ程大きくはないので、ホテルからアンコールワットまでバスで15分程で行けるんです。当社ツアーでは、気温があまり高くない午前中に観光し、一番気温の高いお昼頃、ホテルでの小休憩を設け、夕方からまた次の観光を行うなど、身体に優しい行程になっています。

飯塚 とにかく暑いので、午前中の観光だけでも体力を消耗しますからね。一番暑い午後1~2時を避けてホテルで小休憩するだけで、リフレッシュできます。シャワーを浴びたり、昼寝をしたりして身体を休めると、また夕方からの遺跡観光が元気に楽しめるんですよ。それから、"食事"も、旅の大きなファクターだと思うのですが、カンボジアは暑い国なので、タイのように香辛料が強いと思っていたんです。それが、クメール料理はそれほど辛くなくて、実に日本人の味覚に合うんですよ。

荒濱 ツアーのお客様にもクメール料理はとても好評なんですよ!「牛肉の串焼き」や「さつま揚げ」「ココナッツカレー」などが主なんですが、とても美味しいと評判です!

飯塚 カンボジア料理ではありませんが、トラピックスのツアーで出る「タイスキ」が大好きなんです!いわゆる、魚介や野菜の海鮮鍋ですが、最後にゴハンを入れて雑炊にして食べるんです。お腹にも優しくて、みなさんペロリと食べてます。

荒濱 カンボジアはスイーツも美味しいですよね!

飯塚 アンコールクッキー店の「マンゴーかき氷」は絶品ですよ!マンゴーのまったりした甘さと氷のサッパリ感が、暑いカンボジアでは最高に美味しいんです。それから「カンボジアティータイム」の「ノムトムムーン」。クッキー生地をくるっと巻いたお菓子なのですが、店頭でお店の方が焼いているんです。焼きたてで食べるのが最高なんですが、もちろんお土産にしても喜ばれますよ!

荒濱 最後に皆さんに耳寄りな情報があります。9月1日から、カンボジアで初めて成田-プノンペン間で全日空の直行便が就航になりました。より身近になり、乾季のベストシーズンを迎えるカンボジアへ、みなさん是非いらっしゃって下さい!

SP11-55144.jpg
▲アンコールワットの中心塔の真上に昇った春分の太陽

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/10/19最終更新日:2017/07/06

Views:

カンボジアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.