たびこふれ

オーストラリア(大自然との出会い)

記事投稿日:2016/01/12最終更新日:2017/04/19

Views:

"近くなった"オーストラリア 大きい国で思う存分癒される

ESP15-65673A.jpg
▲世界遺産シドニー・オペラハウスとハーバーブリッジ

全日空のシドニー線が16年ぶりに就航したことで、大きな話題を集めているオーストラリア。それを記念して、オーストラリア政府観光局 日本局長 アンドリュー ライリー氏と当社企画担当者 小林千晶にインタビュー。オーストラリアの魅力について語っていただきました。

EHP15-65614A.jpg
(左)オーストラリア政府観光局 日本局長 アンドリュー ライリー氏
(右)阪急交通社 ツアー企画担当者 小林 千晶

オーストラリアの魅力とは?

小林 なんといっても大自然! 現在19の「世界遺産」が登録されていますが、そのうち16が自然遺産であるというくらいですから!それからその自然が育んだ、カンガルー、コアラなどかわいい動物たちに触れあえることですね。

138927-57.jpg
cTourism Australia

ライリー氏 海外旅行の楽しみは日本ではなかなか見られない景色や動物との出会いなど。オーストラリアで有名な動物と言えば一番に思いつくのは「コアラ」だと思いますが、実際に触れていただくことで、コアラたちの自然で愛らしい一面が見られるのではないでしょうか。

EHP12-48247A.jpg

小林 それからフレンドリーで大らかな人々が多いようにも感じます。言い方を変えると「道行く人がみんな幸せそうに歩いている」ということですね。自然、動植物、人などとにかくスケールの大きい国なのではないでしょうか。

ライリー氏 そうですね。私たちから見ると日本人は勤勉ですが、人々がせわしなく、忙しい毎日を過ごしているというイメージがあります。ですから、オーストラリアの広大な大陸と大自然、そこに住む動物や人々との触れ合いは、日本の方々にとっては新鮮で、日々の喧騒を忘れさせてくれる癒しになると思います。

EBP10-27923A.jpg
▲世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園の「スリーシスターズ」/先住民アボリジニの伝説によると、魔王から身を守るため父親の魔法によって岩に姿を変えたという三姉妹の話で有名な3本の奇岩です。

全日空のシドニー線が16年ぶりに就航したことでさらに訪れやすくなりました。

ESP12-35069A.jpg

小林 快適になったことはもちろん、都心からアクセス便利な羽田発着、夜のフライト、朝帰着するダイヤなので、お仕事帰りでの参加が可能で、帰国日もゆっくり1日をお過ごしいただけます。

ライリー氏 日本を夜出発すると寝ている間に着くということですよね。アクセスが便利になったことで、オーストラリアがもっと身近に感じられるのではないでしょうか。

最後にオーストラリアへの旅行を検討されている方に一言お願いします。

小林 日本からのアクセスが便利になり、ますます盛り上がるオーストラリア!今が夏にあたり、これから5月頃まで最も気候の落ち着く観光のベストシーズンです。時差も少ないため時差ボケの心配もなく、アクセスも便利になったオーストラリアに是非お越しください!

ライリー氏 美しい景色の中で、ご家族やご友人と楽しい時間を共有して素敵な思い出を作って欲しいですね。オーストラリアの魅力を少しでも多くの方に体験していただければ光栄です。

138972-57.jpg
cTourism Australia

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/01/12最終更新日:2017/04/19

Views:

オーストラリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.