たびこふれ

空港を見ればその国が分かる!?アルジェ新空港一挙公開

記事投稿日:2022/07/15最終更新日:2022/07/15

Views:

ウアリ・ブーメディアン空港

海外旅行に行く際、一番最初に踏み入れる場所はずばり空港です。

空港に入った時に感じる雰囲気や匂い、またお店の種類や人々の振る舞いなど、各国様々な空港がありますが、それぞれ感じることは全く異なりますよね。

空港はその国を表すポイントがたっぷり詰まっている魅力満載の場所!空港を見ればその国が分かると言っても過言ではありません。

今回は2019年に新しく開業した首都アルジェのウアリ・ブーメディアン空港について見ていきます!

ウアリ・ブーメディアン空港

目次

ウアリ・ブーメディアン空港とは

ウアリ・ブーメディアン空港

首都のアルジェに位置する国際空港で、「ウアリ・ブーメディアン」とはアルジェリアの二代目大統領の名前です。1924年に開業したのち、2019年には隣に新しくもう一つの空港を開設。

しかしながら、新しく開設してすぐに新型コロナウイルスの影響で空港が閉まってしまいました。そのため公式に営業を開始したのは割と最近です。

現在市民の間では旧空港と新空港の呼び名で分けており、内容も国際線と国内線と一応分かれていますが、航空会社によって異なる場合があるので注意が必要です。

空港はアルジェ中心街から17km離れており、未だメトロが空港まで開通していないため、タクシーがおすすめです。(2022年5月現在)

早速、空港の中を見てみよう!

広々とした明るい空港内

ウアリ・ブーメディアン空港

旧空港はなんだか暗い雰囲気で蛍光灯の明るさも残念でしたが、新空港はアルジェリアの代名詞でもある太陽の光がしっかりと入る構造に。開放的な空間になっています。

まさかとは思いますが、実は旧空港では看板に英語表記がないところもちらほら。新空港ではしっかりと英語表記がありますのでご安心ください。

豊富なお店

空港内のショップ

新空港ではお店の数が倍以上に!

出国階にはデーツやアルジェリアの伝統菓子など飛行機に乗らない人でも買えるお店が3〜4店舗入っています。お土産を買い忘れていても安心です。

そして出国審査後のフロアにはさらに多くのお店が並んでいます。

【伝統菓子】

伝統菓子のお店

自分で好きな分だけ購入できるところもあります。

【オリーブオイル】

オリーブオイル店

アルジェリアのオリーブオイルはフレッシュでとても美味しいものばかり。

ただし、国によっては到着後没収されてしまうこともあるため、出国前に購入してスーツケースに入れておく方が安全です。

【本屋】

本屋

アルベールカミュなど、アルジェリア出身作家の著書を購入できます。

【アルジェリア地図】

地図のお店

アルジェリアの地図は日本ではなかなか買えません。

【アルジェリア伝統工芸品】

アルジェリア伝統工芸品店

アルジェリアらしいお土産として、アクセサリーからドレス、革製品などを気軽に購入することができます。

ツッコミどころ満載?なポイント

とても綺麗になった新空港ですが、よく見るとアルジェリアらしいツッコミどころがあるポイントが。

【ワイン売り場】

ワイン売り場

これのどこがおかしいのかと思う方がほとんどだと思いますが、アルジェリアはイスラムの国です。国民のほとんどがイスラム教徒なのでお酒はご法度。

ですが、アルジェリアは天気に恵まれた国でもあり、昔から美味しいワインの産地でもあるのです。

街ではなかなか見当たらないお酒売り場ですが、空港ではこんなに大々的なお店がいくつもあります。

もちろん外国人観光客向けのようですが、ワインを作っているのも売っているのもおそらくイスラム教徒の方々。作ることは愚か、販売することもできないイスラム教の国々がある中、寛容なアルジェリアの姿が見えてきます。

【お手洗い】

トイレ

旧空港と比べてかなり改善されたのがお手洗いです。

実は旧空港では、お手洗いの数がかなり少なく、便座がない場合もあり、お手洗い事情はかなり悪かったのです。新空港のお手洗いは他国と肩を並べられるくらい綺麗になっています。

しかし、やはり何か足りないのがアルジェリア。

どこのお手洗いもトイレットペーパーホルダーはあるのにトイレットペーパーがありません。

これはアルジェリア国内では珍しいことはなく、アルジェリアに来る際はポケットティッシュが必須です。(水溶性でなくてもトイレに流して大丈夫です。)

【椅子】

座面を取り外した椅子

コロナ禍では椅子にマークが貼ってあったり、テープで括られていたりなどと、感染対策の理由から他人が隣に座らないような工夫がされていますよね。

アルジェリアでは、そんなことをしても座ってしまう方が多数いるので、座面を取り外してしまいます。何とも強引な方法ですが、ここまでしないと意味がありません。

【働いている人々】

空港のカウンターで働いている人々はパスポート情報や書類をよく見ない人も多く、出国条件を満たしているのに出国できないと言われることもしばしばあります。

その場合、また別の人に確認を取らなければならないなど時間がかかる場合がありますので、余裕を持った出国をおすすめします。

まとめ

今回ご紹介したアルジェの空港というのは限られた空間ですが、アルジェリアをぎゅっと詰めたような魅力的で面白い観光地の一つです。

みなさんも海外旅行に行く際は、ぜひ空港もしっかり見てみてくださいね。

きっとその国らしい面白いポイントが見つかりますよ。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
川面 朝美
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/07/15最終更新日:2022/07/15

Views:

アフリカその他のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.