たびこふれ

つるんっ!と美味しい台湾スイーツ「豆花」を食べ比べ3軒!

記事投稿日:2022/07/04最終更新日:2022/07/04

Views:

豆花

じめじめっとした梅雨もようやく終わり、そろそろ夏本番の台湾。蒸し暑い日が続くこの季節に食べたくなるのが、台湾のヘルシースイーツ「豆花」。 ピーナッツや小豆、ハトムギといった、体に優しいトッピングとともに、滑らかな豆花を口に運べば、体の中からひんやり!

今回は、台北でおすすめの「豆花店」3軒をご紹介。1人でもふらっと立ち寄れそうな、素敵な店をチェックしてみてください。

目次

1. まるで秘密基地!住宅街にひっそり佇む「榕豆花」

榕豆花

榕豆花

榕豆花
 
MRT雙連駅から徒歩2分、路地裏にひっそり佇む「榕豆花」は、一見ただのアパートかな?と思う古い建物の2階に店があります。看板横にある細い階段を上がりドアを開ければ、窓から太陽の光が差し込む明るい空間が、ベランダには1テーブルのみテラス席が設けられていて「台湾らしい1枚が撮れる」映えスポットとして人気を集めています。

榕豆花

今回注文したのは、全6種のトッピングから2つ選べる「二品榕豆花(70元)」。口の中でつるっととろける豆花はとても滑らかで、噛み応えのある珍珠小薏仁(ハトムギ)との相性も抜群!大ぶりで弾力のある小農芋頭圓(タロ芋団子)は、ざらりとしたタロ芋の繊維まで楽しめる、素朴で豊かな味わいで、甘さ控えめの糖水(黒糖シロップ)とよく合います。

空席がある時のみ、時間を気にせず好きなだけ寛ぐことができるカフェの様な店。雙連、中山エリアを訪れた際に、ふと立ち寄りたくなる「隠れ家」みたいな豆花店です。

榕豆花

  • 住所:台北市中山區中山北路二段62巷29弄2之1號2F
  • 営業時間:12:00~19:00
  • 定休日:月曜日
  • 公式サイト:榕美樹館
  • メモ:メニュー(日本語表記あり)

2. ノスタルジックな看板が目印の「本願豆花店 Origin Tofu Pudding」

本願豆花店

MRT西門駅1番出口から徒歩5分、ポップでレトロな看板と黄色いドアが目印の「本願豆花店 Origin Tofu Pudding」は、雑貨店みたいなキュートな外観。

店の外に置かれている長椅子と、小さなカウンター席だけがイートスペースで、バイクやタクシーを眺めながら豆花を食べると、非日常的なひとときを過ごすことができます。

本願豆花店

豆花はオリジナルと黒豆花の2種類があり、トッピングは桃膠(桃の木から分泌された、琥珀色の樹脂)という変り種から、タピオカやサツマイモだんごなど全9種。注文カウンターのすぐ横には、トッピングに合わせて色分けした「スティック棒」が置いてあるので、中国語ができなくても、これを渡せば簡単に注文できるという嬉しい心遣い。台湾がはじめての方でも、安心して利用できそうですね。

本願豆花店

ここでも2つのトッピングが選べる「傅統嫩豆花(50元/オリジナル豆花・氷入り)」を注文。黒糖粉粿(黒糖ゼリー)と地瓜圓(サツマイモ団子)をセレクトしたところ、芋頭圓(タロ芋団子)もミックスされていました。これは味比べができるのでお芋好きさんにおすすめ!

豆花は大豆の味がリアルに伝わる濃厚系、レンゲですくえばホロっと崩れそうで、おぼろ豆腐の様でした。この店の豆花はちょっと足りないな...と感じるくらいの程よいサイズ。小腹が空いた時や1日で2軒くらい「豆花巡り」をしたい時に、立ち寄っていただきたいと思える店です。

本願豆花店 Origin Tofu Pudding

  • 住所:台北市萬華區貴陽街二段1號
  • 営業時間:13:00~21:00
  • 公式SNS:Facebook
  • メモ:メニュー(日本語表記あり)

3. 昔ながらの空間で、ほっこりできる「阿斌芋圓」

阿斌芋圓

台北駅のすぐ北側、ローカル市場の中にある「阿斌芋圓」は、地元の人々に支持され続ける昔ながらの小さな店。根強い人気の理由は、九份で有名な『賴阿婆芋圓』のタロ芋団子を味わう事ができるから。わざわざ九份まで行かずに本場の芋圓を楽しめるということで、特に週末は夕方前に訪れなければ豆花が売り切れてしまっていることもしばしば。

阿斌芋圓

トッピングが4種選べる豆花はたった40元ですが、驚くほどボリューミー。ヘルシー嗜好の方や、甘いものが苦手な方は、糖水を無糖豆乳にチェンジした「豆漿豆花(45元)」もおすすめです。

店を訪れた日、何と私で最後の1人前の豆花でしたが、店主の「阿斌さん」がニコニコ微笑みながら「豆花が何だか少ない気がするので、仙草ゼリーを入れておいたよ!」と声を掛けてくれました。こんな人情味溢れるあたたかさも、下町ならではの魅力のひとつ。

阿斌芋圓

ふわふわっとした柔らか豆花に、豆乳を組み合わせた豆漿豆花は、コクがあるけどあっさりした仕上がり、大豆の味をリアルに楽しめます。こじんまりとしていて、賑やかでローカル感がたまらない店。台湾リピーターさんや、下町好きさんに立ち寄って欲しいと思える、おすすめの店です。

阿斌芋圓

  • 住所:台北市大同區長安西路220巷5號
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:日曜日
  • 公式SNS:Facebook
  • メモ:メニュー(日本語表記なし)

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
ちょびこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/07/04最終更新日:2022/07/04

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.