たびこふれ

初めてのホーチミン旅行で押さえておくべき通り/エリア

記事投稿日:2022/06/08最終更新日:2022/06/08

Views:

ホーチミン

ベトナムのホーチミンは首都ハノイと並ぶ巨大な都市で、毎年大勢の日本人旅行者が訪れる人気の観光地でもあります。現地ツアーに参加する以外でも、グルメやショッピング、スパなど自由行動で市内散策を楽しむことができるのがホーチミン観光の魅力でもあります。

しかし、ホーチミンはベトナム最大の経済都市でもあり、初めての旅行者が訪れるならば「どこへ行けばいいか分からない」といった状況に陥るのも珍しくありません。

そこで、ここでは初めてのホーチミン旅行者向けに、市内観光エリア及び一度は歩いてみるべき通りをご紹介します。

目次

ホーチミンの中心は「市民劇場周辺エリア」

市民劇場周辺エリア

ホーチミン市1区に建つ「市民劇場」は観光の拠点として知られていますが、名実ともにホーチミン市の中心でもあります。傍には日本の都庁に相当する人民委員会庁舎とベトナムの象徴であるホーチミン氏の銅像が立っています。市民劇場からサイゴン川までの500mほどの道沿いには日本人旅行者行きつけのスパやレストラン、お土産店に高級ホテルが建ち並んでいて、ここが有名なドンコイ(Dong Khoi)通りとなります。

ドンコイ通りの隣を並行して走るグエンフエ(Nguyen Hue)通りは歩行者天国になっていて、大規模なイベントも不定期に開催されます。また、この周辺にもたくさんのお店があることから、旅行者の間ではドンコイ通りとグエンフエ通りの周辺を合わせて「ドンコイエリア」と呼ばれています。

「聖母マリア教会&中央郵便局」周辺もホーチミン観光の要所

聖母マリア教会

市民劇場をドンコイ通りとは逆方向へ3分ほど歩くと、聖母マリア教会(サイゴン大教会)が見えてきます。また、同教会の隣には中央郵便局もあり、さらに5分ほど歩くと統一会堂が見えてくるなど、市内観光の要所となるエリアであることが分かります。ホーチミンの場合はガイドブックに載っているような観光スポットはあらかた狭いエリアに集まっているので、その気になれば歩くことも可能です。

中央郵便局の脇を走る200mほどの通りはブックストリートと呼ばれるエリアとなり、十を超える書店やブックカフェが通り沿いに並んでいます。ベトナム語の本も記念に買ってみるのもいいですし、お洒落なオープンカフェで小休止をとるのもおすすめです。ちなみに聖母マリア教会周辺は夜になると若者カップルのたまり場となります。ベトナム人の暮らしをのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

ナイトマーケットもあり!「ベンタイン市場周辺」エリア

ベンタイン市場周辺

ベンタイン市場は、ドンコイエリアと並ぶ旅行者に人気の観光エリアですが、その周辺にもレストランやカフェ、お土産店が散らばっています。見どころとしては、マレー圏の雰囲気が漂うグエンアンニン(Nguyen An Ninh)通りです。マレーシア人が経営する大衆食堂や衣料品店が多数並んでいるので、こちらも東南アジアの風を感じることができておすすめです。

また、ベンタイン市場の外回りでは毎夜19時~23時頃までナイトマーケットが開催されています。ベトナム料理や海鮮を楽しめる食堂屋台が並びますので、初めてのホーチミンであればこちらも歩いてほしいところです。

世界中のバックパッカーが集う「ファングーラオ」

ファングーラオ

アジアのバックパッカー街といえば、タイ(バンコク)のカオサンが最大規模として知られています。ベトナムではファングーラオが国内最大のバックパッカーエリアとなります。カオサンと比べると規模は小さいですが、ベンタイン市場から徒歩10分程度とアクセスが良いのが魅力です。

ファングーラオは、ファングーラオ(Pham Ngu Lao)通り、ブイビエン(Bui Vien)通り、デタム(De Tham)の3つが目抜き通りになります。デタム通りは長距離バスの発着所でもあるので、現地オプショナルツアーによってはここが集合場所になることもあります。

ファングーラオ

ファングーラオエリアにおける最大の繁華街はブイビエン通りで、毎日大勢の外国人旅行者と現地の若者でにぎわいます。プチパリと呼ばれるドンコイエリアとは180度違うもう一つのホーチミンの顔を見ることができるでしょう。

ちなみに、ファングーラオエリアは夜に訪れてください。昼間は閑散としていますし、お店もほとんど営業していません。

ホーチミン市内を散策するポイント

ホーチミン

今回紹介したエリアや通りを歩けば、ガイドブックに紹介されている観光エリアの8割くらいは網羅できることでしょう。その気になれば徒歩で移動することもできますが、初めてのホーチミン旅行者は現地の地理感覚がないため、迷ってしまうかもしれません。

ホーチミンは東南アジアにおける典型的な熱帯サバナ気候です。そのため、たったの20~30分歩くだけでも体力は相当奪われてしまいます。ホーチミン観光エリア内にはいたるところにカフェがあるので、少しでも疲れたら水分補給がてらお洒落カフェに立ち寄って小休止を挟んでください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
古川悠紀
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/06/08最終更新日:2022/06/08

Views:

ベトナムのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.