たびこふれ

暖かい季節にピッタリ!ロンドンでお散歩&ピクニックが楽しめる公園7選

記事投稿日:2022/04/29最終更新日:2022/04/29

Views:

チューリップ

大都会でありながら自然がとっても多い街、ロンドン。市内の20%は緑地であるとも言われ、大きな公園やガーデンがいくつもあります。とくに木花が芽吹き、鳥や動物たちで賑やかになる季節は、公園もお散歩やピクニックを楽しむロンドナーたちでいっぱいに!

今回はそんなローカルたちにも愛される、ロンドン市内の公園7つをご紹介します。

観光やお買い物の合間に、ちょっとローカル気分で立ち寄ってみませんか?

目次

1. リージェンツパーク(The Regent's Park)

リージェンツパーク

まずはロンドン市内で一番大きな公園、リージェンツパーク。緑いっぱいのオープンエリアや庭園の他に、プレイグラウンドやスポーツ施設、屋外シアター(劇場)、動物園など、様々なアクティビティーが楽しめる公園です。

特に休日はお散歩をしている人々だけでなく、サッカーの練習に勤しむ子供達やバードウォッチングをする人々をよく見かけます。なんと公園内だけで100種類以上の野鳥が生息しているそうです。

鳥

また、春から夏にかけてはQueen Mary's Gardensのバラが見頃に。12,000本以上ものバラが植えられているバラ園を歩いていると、なんとも優雅な気分になります。

2. プリムローズヒル(Primrose Hill)

プリムローズヒル

リージェンツパークの中を北へ歩いてゆくとたどり着くのがプリムローズヒル。 ヒル(丘)と言ってもそこまで高さはないので、ぜひとも登ってみてください。

丘の上からはロンドンの街を一望できるのです!ロンドン市内にいながら、こんなに綺麗に街を一望できる場所はあまり無いと思います。 丘のほとんどは木と芝生なので、木陰でお昼寝をしたりピクニックをしたりするにはちょうど良い場所です。

周辺は高級住宅街なので、公園を歩き終わったら住宅街にあるセンスの良いお店を巡る、なんていうこともできますよ。

>>リージェンツパーク・プリムローズヒル公式サイト

3. ハイドパーク(Hyde Park)

ハイドパーク

中心地にありアクセスしやすい公園、ハイドパーク。大都会のど真ん中にあるとは思えないほど広大で、緑地やバラ園の他にスポーツが楽しめるアクティビティー施設も充実しています。

歴史的なお話をすると、世界で最初の博覧会であるロンドン万博が1851年に行われた場所。 

また、マーブルアーチ側にあるスピーカーズコーナーは1800年代フリースピーチの場として使われていたという背景があり、今も日曜日はプロテストやデモをする人々が集まります。

自然に癒されつつ、イギリスの長い歴史を振り返りながらお散歩するには面白い公園ではないでしょうか。 

>>ハイドパーク公式サイト

4. ケンジントンガーデンズ(Kensington Gardens)

ケンジントンガーデンズ

ハイドパークのお隣にあるのがケンジントンガーデンズ。ケンジントンパレスの前に広がる大きな庭園です。 ハイドパークからそのまま入ったり、ケンジントンパレスを訪れたついでにちょっと散策してみたりするのにオススメ。 

ガーデン内にはピーターパン像やダイアナ妃を記念したプレイグラウンドなどもあるので、お子様連れにもピッタリです。

ちなみにケンジントンパレスは現在キャサリン妃とウィリアム王子ファミリーのお住まいであり、かつてはヴィクトリア女王が生まれ幼少期を過ごし、ダイアナ妃も住んでいた宮殿です。機会があればガーデンと一緒に訪れてみましょう。

>>ケンジントン ・ガーデンズ公式サイト

5. セントジェームスパーク(St. James's Park)

セントジェームスパーク

ロンドンのランドマークに囲まれているセントジェームスパーク。 目の前にあるバッキンガム宮殿をはじめ、ビッグベンやウェストミンスター寺院、トラファルガー広場などがすぐそばにあります。午前中に来ればホース・ガーズ パレードもみられるかもしれません。

というと、観光客で混み合いそうなイメージですが、公園の中は自然がいっぱいの癒し空間。ガーデンも綺麗に整備されていて美しいです。

中心にある湖にはペリカンをはじめ、様々な野鳥、小動物が生息していることでも有名。ペリカンが住むようになったのは1664年にロシア大使がチャールズ2世へプレゼントしたことが始まりだそうです。

>>セントジェームスパーク公式サイト

6. ホランドパーク(Holland Park)

ホランドパーク

ロンドンの中でも人気のエリア、ノッティングヒル&ケンジントンエリアにある公園、ホランドパーク。

もともとは17 世紀初期に建てられた大邸宅、ホランドハウスの敷地であったことが名前の由来です。ホランドハウスは第二次世界大戦時に大部分が破壊されてしまいましたが、残った建物の一部分は公園内の屋外シアターやユースホステルとして今も使用されています。

ホランドパーク

他の公園に比べるとコンパクトながら、敷地内にはプレイグラウンドや庭園、カフェ、そして孔雀などみどころがいっぱい。なんと本格的な日本庭園もあり、地元の人々に親しまれています。

>>ホランドパーク公式サイト

7. ハムステッドヒース(Hampstead Heath)

ハムステッドヒース

中心地からは少し離れますが、機会があればぜひ訪れて頂きたいのがハムステッドヒース。 特に「自然が大好き!」「ちょっと市内観光には疲れたな。」という人にはオススメです!

ロンドン市内から地下鉄で30分ほどにも関わらず、広大な敷地内には樹木が茂る森のようなエリア、ハイキングを楽しめるトレイルやスイミングができる池などがあり、ロンドンにいるとは思えないような体験ができます。 

また、ロンドン市内を一望できる丘の上はピクニックにも最適。

周りは住宅街なので、犬の散歩などをする地元の人々の姿もよくみられます。

>>ハムステッドヒース公式サイト

まとめ

今回は、暖かい季節のお出かけに最適なロンドンの公園&ガーデン7つをご紹介しました。

どの公園もアクセス良好でありながら自然と触れ合うことができる素晴らしい場所で、ロンドナーたちも集まります。

お天気の日はぜひロンドンでのお散歩やピクニックを楽しんでみてください!

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kuminy
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/04/29最終更新日:2022/04/29

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.