たびこふれ

【スイス】コロナ禍で観光客不在?人気観光地ツェルマットへの旅の思い出2021

記事投稿日:2022/03/20最終更新日:2022/03/20

Views:

マッターホルン

コロナ禍2年目だった2021年、スイスや他ヨーロッパ諸国では、飲食業店が再開したり、ワクチン接種が進んだり、新型コロナ証明書の利用が始まったりと、以前の生活に近づけるべく必死でしたが、観光業は相変わらず苦しい状況でした。

夏になっても、例年であれば世界中から多くの観光客を迎えるスイスですが、2021年の夏も前年同様、スイス在住者やドイツ、フランス、イタリアといった近隣の国々からの観光客に期待するのみ。

そんな昨年の夏、観光客に人気の山岳リゾート地ツェルマット(Zermatt)に3日間滞在しました。その時の状況を回想録としてお届けします。

目次

ロックダウン、国境の水際対策―スイスの人気観光地の苦悩

列車
<テーシュ(テッシュ)駅から列車でツェルマット駅へ>

ツェルマット観光局によれば、2018年11月~2019年10月までの1年間で、230万人の観光客がツェルマットに滞在したのだとか。そのうちの約6割はドイツや米国、英国、そして日本からの観光客。

しかしその後、新型コロナウイルス拡大により、欧州圏外からの観光客がガクッと減ったため、ツェルマットのみならずスイスの他の観光地でも、ホテルや飲食店、ブティック、土産店は、時短営業をしたり、閉店を強いられたりといった憂き目に遭っていました。

我が家からツェルマットまでは車で2時間ほど。しかしツェルマットは環境に配慮しており、ガソリン車の乗り入れを禁止しているので、近くのテーシュ(テッシュとも/Täsch)のパーキングに駐車し、そこから電車に乗り換えて向かいました。

週末にもかかわらず、テーシュ駅構内は静かな雰囲気で、列車内もかなり空いていました。

そうこうしているうち、10分ほどの乗車でツェルマット駅に到着です。

>>ツェルマット公式観光情報サイト(日本語)

閑散としていたツェルマットの町

バーンホフ通り
<ツェルマット駅前のメインストリート、バーンホフ通り。金曜日の午後にしてはやや人出が少ない>

ツェルマットは年間を通し観光客で賑わいますが、スキーシーズンが終わり、夏休みが始まる前までの5月~6月頃は、ややシーズンオフ期になります。とはいえ週末に駅前の通りがしーんとしていると、ちょっぴりゴーストタウンのような雰囲気でした。

私が滞在していた時、イタリア語圏やスペインなどからの観光客が多く訪れていたのか、店や通りなどでよくこれらの言葉を耳にしました。このようにコロナ禍でもスイス在住者やヨーロッパからの観光客はそれなりにいましたが、日本など遠方からツェルマットに滞在する旅行者と異なり、土産屋やブティックで爆買いをすることはあまりありません。

そのため、いつもならお客さんでにぎわう店は閑古鳥。すでに閉店してしまったと思われるギフトショップや、週末のみ営業している土産店などもありました。

キルヒ広場
<教会前にあるキルヒ広場(キルヒプラッツ/Kirchplatz)>

さて、駅前の大通りをぶらぶら歩いていると、あちこちからドリルの音や、工事現場のような音がひっきりなしに聞こえてきます。観光客があまりいない時期に、村の墓地や道路、泉などを整備したり、ホテルを改築したりしていたようでした。

ファンクラブも?ヴァリス州(ヴァレー州)原産、世界一可愛いヒツジ!

ヒツジ
<『ブラックノーズ(黒い鼻)』とも呼ばれるが、正式名称は『ヴァリザーシュヴァルツナーゼンシャーフ』>

ツェルマットといえば、マッターホルン観光やハイキング、スキー、山岳鉄道、お買い物などたくさんの楽しみがありますが、今回私が来た主な理由は、ある"カワイイ動物"を間近で見てみたかったからです。

そのカワイイ動物とは、ツェルマット村のあるヴァリス(仏語: ヴァレー)州原産のヒツジ、『ヴァリザーシュヴァルツナーゼンシャーフ(Das Walliser Schwarznasenschaf)』。

呪文のような長い名前ですが(笑)、和訳すると『ヴァリス州の黒鼻ヒツジ』という意味となり、その名の通り黒い鼻(と顔)をしていて、もこもことした巻き毛はまるでぬいぐるみのよう。その姿があまりにも愛くるしいということで、このヒツジのファンクラブも存在するのだとか。

この黒鼻ヒツジは、山岳の厳しい気候に強く、昔はツェルマットに暮らす人々にとってなくてはならない動物でもありました。

ツェルマット駅からゴルナーグラート鉄道(Gornergrat)に乗って展望台まで行く途中の牧場で、このヒツジたちを車窓からよく見かけますが、今回ゴルナーグラート展望台へ行く時間がなかったため、ツェルマット村周辺の牧場で見ることができるか、観光案内所で訊いてみることにしました。

すると「ヒツジたちはツェルマット駅近くの牧場に放牧されている」というではありませんか。

さっそくツェルマット駅の裏側にあるハイキングルートを辿っていくと、急斜面の牧場があり、上の方の斜面にヒツジの群れが見えました。うーん、遠すぎる、もっと近くまで来てくれないかな。

ヒツジ
<牧場のはるか上の方で草を食(は)む、ヒツジたち>

待てど暮らせど、ヒツジたちがハイキングルートまで下りて来てくれそうな気配はなかったので、諦めてツェルマット駅へ戻りました。

するとツェルマット駅の入り口に、"ゆるキャラ"の黒鼻ヒツジ、ヴォリー(Wolli)君がお出迎え♪

ヴォリー
<ツェルマットとマッターホルンを代表する、ゆるキャラのヴォリー>

ヴォリーは子どもたちに大人気!夏休みやクリスマスなど、多くの子どもたちがツェルマットやマッターホルンへ来る季節になると、ヴォリーが様々な場所に出没し、みんなと遊んでくれるんですって。

マッターホルン博物館、そして登山者墓地へお参り

マッターホルン博物館
<マッターホルン博物館内部>

ツェルマットに着いた週末は晴れていましたが、翌日から曇り時々雨。この日の村は更に閑散としていました。

突然大雨が降ってきたので、マッターホルン博物館へ駆け込みました。

ここでは当時のツェルマット村での暮らしや文化などが紹介されており、とても興味深いです。マッターホルンのことも、詳しい説明や展示、ミニシアターがあり、なかなか凝っていておススメの博物館です。

マッターホルン博物館
<マッターホルン博物館内部。当時の登頂者やルートに関する展示>

マッターホルン博物館
<マッターホルン博物館内のミニシアタールーム>

マッターホルン博物館横の教会裏に墓地があります。ここはマッターホルンやヴァイスホルンなど、山岳地帯で命を落としたアルピニストたちが眠っています。

時代も国も様々で、墓石にはさまざまな言語で故人を偲ぶ言葉がありました。共通していたのは、みな若くして亡くなっていること。墓石に記された言葉によれば、下山中に亡くなったアルピニストが多いという印象でした。

登山者墓地
<登山者墓地(ベルクシュタイガーフリードゥホフ/Der Bergsteigerfriedhof)にて>

そこで、1865年7月にマッターホルン初登頂に成功したウィンパー(Edward Whymper)たち7人のパーティも、下山中に悲劇が起こったことを思い出しました。

同墓地内には、ツェルマット出身で経験豊富な山岳ガイドだったタウグヴァルダー(Taugwalder)親子の墓もあります。山の事故で亡くなったわけではありませんが、マッターホルンを象徴する人たちだったからでしょう。

タウグヴァルダー親子の墓
<タウグヴァルダー親子の墓>

マッターホルン初登頂という偉業を成した直後の悲劇により、その後は辛い人生を送ることとなった、山岳ガイドのタウグヴァルダー父。

下山中、7人中4人のメンバーがマッターホルン北壁から滑落し、命を落とすことになったのは、ガイドのタウグヴァルダー父が命綱を切ったからだ、など世間からの誹謗・中傷を受け、ガイド業を続けることが難しくなり、その後も不幸が続いて最終的には単身アメリカへ移住します。

ヴァリス州地域方言のスイスドイツ語しか話せず、読み書きもできなかった彼が、どうやってアメリカで数年生活していたのかはわかりませんが、4年後にスイスへ帰国した後は、ツェルマット近くのシュヴァルツゼー(Schwarzsee)に居を構え、ホテル建設の手伝いなどをして暮らしていたといいます。

そして1888年7月にシュヴァルツゼーにて、波乱に満ちた生涯を静かに閉じたのでした。

マッターホルン博物館(Matterhorn Museum - Zermatlantis)

  • 住所:Kirchplatz3920, Zermatt
  • 電話:+41 27 967 41 00
  • 開館時間:月曜日~日曜日/15時~18時
  • 入館料: おとな(17歳以上)/10スイスフラン、64歳以上・学生/8スイスフラン、こども(10歳~16歳)/5スイスフラン
  • HP:マッターホルン博物館(英語)

ツェルマット登山者墓地(Der Bergsteigerfriedhof)

  • 住所:Röm. kath. St. Mauritius-Pfarrei, Englischer Viertel 8, 3920 Zermatt
  • 電話:+41 27 967 23 14
  • URL:ツェルマット登山者墓地(英語)
  • 24時間無料開放されています

まとめ

2年以上続いている新型コロナのパンデミックも、ようやく収束の兆しをみせてきました。2022年2月17日からは、スイスで長く続いた「新型コロナ感染対策規制」がほぼ完全撤廃されています。

海外旅行などで飛行機に乗る時は、まだしばらくワクチン証明がいると思いますし、3月末まではスイス国内の交通機関や医療機関等でのマスク着用は引き続き義務となります。

コロナも収束する日がようやく訪れそうという時に、ロシアとウクライナ間の紛争が始まってしまいました。

1日も早く平和が訪れて、以前のように自由に海外旅行を楽しめる日が来てほしいと思います。

プロフィール画像
この記事を書いた人
小島瑞生
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/03/20最終更新日:2022/03/20

Views:

スイスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.