たびこふれ

カナダの冬の定番アクティビティ、スケートをしました。

記事投稿日:2022/02/23最終更新日:2022/02/23

Views:

スケートリンク

1~2月になると、カナダは冬本番。筆者の住むトロントは、この時期に日中の気温がマイナスになることがほとんどで、寒さが厳しいため長時間外にいられません。とにかく寒いので室内で何かしたいところですが、依然コロナ禍の状況で、人混みや室内はなるべく避けたい・・・そう思い、この冬は一家でスケートを始めることにしました。

ウィンタースポーツが盛んなトロントは、スケート人口はとても多く、冬は屋内外のスケートリンクを市が整備・一般開放しています。その数は非常に多く、近所で思いつくだけでも屋内外含め4箇所もあるから驚きです。カナダ人にとって、スケートはとても身近なもので、子どもから中高年の方まで気軽に楽しまれています。

というわけで、今回の記事では、トロントで気軽に行える冬のアクティビティ、スケートについてご紹介します。

目次

トロントでスケートができる場所

トロントでアイススケートができる場所を、ざざっとGoogleマップで調べてみました。直径8km以内に15箇所以上あり、いかにスケートが大衆的に行われているかがうかがえます。ここに表記されているもの以外でも、有志で公園に水を撒いてスケートリンクを作っているコミュニティがあったり、池が凍っていたりするので、至る所でスケートが楽しめます。池に関しては、気候によっては危険なので、自己責任で利用します。

スケートリンクは屋外のものと屋内のものとあり、屋外のものは冬のみ運営されています。トロント市が運営しているリンクは、誰でも無料で利用できます。スケートリンクによって一般開放している曜日・日時が異なるので、事前に市のウェブサイトで確認する必要があります。(一部のスケートリンクは終日Leisure Skateのみ開放)

開放されている時間帯にはカテゴリーがあり、主にLeisure Skate(一般開放)とShinny(フリーホッケー)があります。Shinnyには時間によって性別や年齢で参加できる人が分けられており、安全に利用できるように運営されています。Shinnyに参加するには、ホッケー用のヘルメット・グローブ・パックが必要です。

また、スケートリンクは公園に隣接されていることが多いですが、一部例外もあります。「Nathan Philips Square」という場所にあるスケートリンクは、公園ではなくトロント市役所の目の前、ダウンタウンのど真ん中にあります。レンタル靴を行っている数少ない場所なので、観光客やグループに大人気です。

スケート靴をレンタルしているスケートリンクはほぼなく、基本的にマイスケート靴を皆さん持参しています。値段はピンキリですが、中古で買うと大人のものでだいたい3,000〜3,500円程度です。子どものスケート靴は、成長に伴いほぼ毎年買い換えないと行けないので、中古を買う人がほとんどです。

Leisure Skate(一般開放)の時間に行きました

実際にスケートに行ってきたときのことを、写真を交えてご紹介しますね。

スケートリンク

だだっ広い公園の一角に、フェンスに囲まれた建物があったら間違いなくスケートリンクです。ここのロケーションには、リンクサイドに観覧席がありました。フェンスはホッケーのパックが飛んでくるかもしれないので、その対策で設置されています。

スケートリンク

スケートリンクの入り口付近には、ベンチや更衣室が設置されています。ベンチ付近はゴムマットが敷いてあるので、スケート靴で歩いて移動できます。

スケートリンク

Shinny(フリーホッケー)の時間になると、ゴールがスケートリンクに設置されます。Leisure Skate(一般開放)の間は危険なので、リンクの外に撤去されています。

スケートリンク

入り口です。混雑している時はマスク着用を推奨していますが、屋外なので義務ではありません。訪れた日は、滑走している人で着用している人はほとんどいませんでした。

スケートリンク

この日は週末でしたが、あまり混んでおらずとても快適に滑れました。

来る度に、ホッケーを何年もやってきたであろうめちゃくちゃスケートが上手なパパさんや中高年の方を見かけます。サイドや後ろ向きに滑ったり、スピードスケートのスタートダッシュをしたり、さすがカナダ・・・と思い横目で見ながら初心者の筆者は、子どもとよたよたと滑っています。

日本でスケートの経験がほとんどないので比べられませんが、そつなく上手に滑っている人がとても多く感じます。それほどカナダ人には馴染みのあるスポーツなのでしょう。

スケートリンク

レジャースケートの時間は、子どももよく見かけます。家族の冬のアクティビティとしてスケートをする家庭が多く、幼稚園児〜小学校低学年くらいの子どもが上手に滑っていました。

ウォーカー

初心者や子供には、ウォーカーを無料で貸し出しています。私も10年以上ぶりにスケートを行なったので、最初はウォーカーを使って練習しました。子供の腕や身体を支えて、サポートしながら滑るのは至難の技なので、こういうものがあるととても助かります。

スケートリンク

おまけの1枚です。トロントの2月は、最高気温もマイナスの日が多いので、雪がなかなか解けません。春になるまで、このような雪一面の景色が続くことがほとんどです。公園には雪がびっしりと残っていますが、歩道や車道は除雪が入るので、基本通行には不便はありません。

最後に

今回の記事では、カナダの定番アクティビティであるスケートについてご紹介しました。

気軽に楽しく行えるスケートは、運動不足解消にもなるので一石二鳥です。コロナ禍でできることが限られている中、このような屋外スポーツが近場で出来る環境にあることをありがたく感じます。

皆さんも冬の寒さやコロナに負けず、安全に健康にお過ごしください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
もも
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/02/23最終更新日:2022/02/23

Views:

カナダのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.