たびこふれ

【大分・くじゅう花公園】「ここでのおすすめの過ごし方はただボーッとすることですよ」

記事投稿日:2021/11/20最終更新日:2021/11/20

Views:

くじゅう花公園

<トップ画像:くじゅう花公園内のベンチからパチリ!>

「このくじゅう花公園でのおすすめの過ごし方はね、ただボーッとすることですよ」

「公園内にグランピングの施設があるんですよ、そこに泊まってね、翌朝、園内を朝もやの中を歩く、それはそれは至福の時間ですよ。」

くじゅう花公園の塩手園長さんの言葉です。

花の公園というのは全国各地にありますが、ここの公園はちょっと違うようです。

「私たちがやっているのは観光施設の運営じゃなく農業なんです。」塩手園長の言葉にくじゅう花公園の姿勢が表れているように感じました。

目次

くじゅう花公園らしさとは?

くじゅう花公園
<くじゅう花公園の入口>

くじゅう花公園
<入口入ったところすぐでしゃぼん玉が飛んでいました>

くじゅう花公園 九重連山
<花畑の向こうに見えるのは九州の屋根 くじゅう連山>

阿蘇くじゅう国立公園の中にある「くじゅう花公園」。標高850mの高地にあり、広さは22万平米にも及びますが、国立公園内なので人工的なものがほとんど見えず、生活感が感じられない夢の空間です。

九州の屋根と呼ばれる「くじゅう連山」とこの公園の花畑のコントラストはこの世のものとは思えないほど美しいです。全国にあるこのような花をテーマにした公園は自治体や第三セクターが経営していることが多いですが、ここ「くじゅう花公園」は民間会社が経営しています。

1993年に開園しましたが、時代の流れで一度は来場者数が減少し、2009年社員有志が中心となって新会社を設立し、現在に至っています。地方にあるテーマパークや施設が続々と消えていく中、自分たちのやりたいことを着実に作り上げてこられたのでしょう。「私たちは観光施設を運営しているのではなく、農業をやっているんです。」の言葉に信念を感じました。

くじゅう花公園

「植えられている花は約500種500万本。季節ごとに観られる花が違うので1年に最低3回は訪れてほしいですね。1年の中では特に5月がおすすめです。この時期にはとりわけ華やかな色の花がそろいます。」と塩手園長。年間パスポートを購入する人は約5,000人に上るという。

標高800mの高地にあるため冬は寒く、12月~2月は閉園して春に備えます。

くじゅう花公園内の風景

余計な言葉はいらないでしょう。園内の風景を存分にご覧ください。

くじゅう花公園

アフリカンマリーゴールド

くじゅう花公園

グランピング

グランピング施設が整っていて、園内に泊まることができます。ここで夜、満点の星を眺め、朝、人の歩いていない花畑を歩いてみれたらどれだけ気持ちいいでしょうね。

アサギマダラ飛来!

私が訪れたのは、10月中旬でした。チョウドアサギマダラが飛んできていました。アサギマダラは毎年8月末~10月頃にかけて、沖縄からなんと2,000km飛んでくるのだそうです。

アサギマダラ

こちらがアサギマダラです。

アサギマダラ

アサギマダラはフジバカマの花の蜜を吸います。

アサギマダラ フジバカマ

動画で撮ることができましたので、よく見てみてください。

取材後の感想

IMG_0961.JPG

私は花には興味がないので、正直訪れる前はたいしたことないんだろうなぁと思っていました。しかし、くじゅう花公園はとっても素敵なところでした。再びこの公園に訪れたい、今度は園内に泊まってみたい、そう思いました。

単にお花がたくさん植えてある公園ではありません。周りの風景も山の峰々の勇姿も、職員さんの心意気もとっても素敵です。くじゅう花公園はとっても気持ちがよくなる公園でした。あなたもぜひ一度!いえ1年に最低3回行きましょう!

くじゅう花公園

  • 住所:大分県竹田市久住町大字久住4050
  • TEL:0974-76-1422
  • 営業時間:8:30~17:30(最終受付:17:00)
  • 休園日:冬期期間(12月1日~2月末)
  • 料金:大人1300円、小人(5歳以上)500円

>>くじゅう花公園の公式サイトはこちら

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンジーノ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/11/20最終更新日:2021/11/20

Views:

大分のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.