たびこふれ

黄金色のススキに心が洗われる!砥峰高原のおすすめハイキングコース

記事投稿日:2021/11/02最終更新日:2021/11/02

Views:

すすき

涼しくなりハイキングや登山が楽しめる季節になりました。秋らしい景色の中をのんびりと歩きたいなら、兵庫県神崎郡神河町にある「砥峰高原(とのみねこうげん)」がおすすめ。まるでゲレンデのように輝くススキの美しさに癒されたり、自然の中を歩いて気持ちの良い汗をかいたりなど、子どもから大人まで楽しめるスポットなんですよ。

今回は、砥峰高原のおすすめのハイキングコースをご紹介します。

目次

関西有数の広大なススキが見られるスポット

砥峰高原は、関西有数の広大なススキの草原が見られる高原です。その広さは、東京ドーム約19個分にあたる約90ha!映画「ノルウェイの森」や大河ドラマ「平清盛」のロケ地としても使われました。京阪神から砥峰高原までは、自動車で約1時間半で行くことができます。高原のすぐ側に駐車場があるので便利ですよ。

砥峰高原

元気なうちに景色が楽しめる、時計回りのハイキングコースがおすすめ

砥峰高原には、1周約3.1kmのハイキングコースがあります。先に展望台をめざす時計回りと、東屋をめざす反時計回りのコースがあるのですが、時計回りがおすすめです。ハイキングコースの前半に見どころがたくさんあるので、歩き疲れる前にきれいな景色を楽しめますよ。

美しいススキに心が洗われる

時計回りのハイキングコースは、高原に入って直進し「展望台へ2.4km東屋へ600m」という看板を左に曲がります。

ハイキングコース

ハイキングコース

丘の階段を上って、その後は道なりに歩きます。

ハイキングコース

ハイキングコース

展望台までこのような道が続きます。ここまで来ると一気に人が少なくなり、とても静か。川のせせらぎやスズムシの鳴き声くらいしか聞こえてきません。

ハイキングコース

しばらく歩くと、ススキが一面に広がるスポットが出現!黄金色に輝きながら、ゆらゆらと揺れるススキのトンネルをくぐります。

ススキ

ススキ

その後も、景色を楽しみながら展望台へ。太陽の光を浴びて輝くススキを見ていると、心が洗われますよ。ススキがさわさわと風にそよぐ音を聞くと、まるで波打ち際にいるような不思議な気分になります。

ススキ

ススキ

ところどころに咲いている素朴なお花もきれいです。

花

展望台からの景色も最高

展望台に着いたら、広大な景色を楽しみながらひと休み。高い所から広い景色を眺めていると、慌ただしい日常が遠くに感じられて、なんだかホッとします。

展望台

後半ルートは、急な坂が多め

ここからは、東屋を経由してスタート地点に戻ります。目印があるので道に迷うことはありませんが、先ほどの展望台までの道に比べて、坂が多く道が細いうえに、枯葉で滑りやすいので注意が必要です。

ハイキングコース

ハイキングコース

空気の澄んだ森林を通り過ぎれば、東屋まであと少し。

ハイキングコース

東屋に到着しました!

東屋

あとは砂利道を下って、スタート地点に戻るだけです。

砂利道

ハイキングコースを実際に歩いてみて

今回は、写真を撮りながらゆっくり歩いたので、1周するのに2時間弱かかりました。通常は90分ほどで歩けるそうです。きれいな景色に癒されながら、爽快な汗をかけて大満足です!

基本的に道が舗装されているので歩きやすいのですが、途中で大きな石や急な坂などがあります。ハイキングコースを歩くなら、運動靴を履いておくと楽ですよ。登山ほど体力を使わなかったので、靴さえ気をつければ、動きやすい普通の服装でも大丈夫。

ハイキングコース

この日はまだ夏日で緑がやや多い印象でしたが、気温が下がれば、もっと秋らしい景気が見られるはず。

ぜひ、今しか味わえない風景を堪能してきてくださいね。

砥峰高原

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
にっしー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/11/02最終更新日:2021/11/02

Views:

兵庫のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.