たびこふれ

おしゃれで便利でリーズナブル!アートなWillows Hotel が新今宮に誕生!

記事投稿日:2021/10/15最終更新日:2021/12/06

Views:

2021年9月10日(金)、大阪・新世界に『Willows Hotel(ウィローズホテル)大阪新今宮』がオ-プンしました。

華やかな色彩のネオンや看板が咲き乱れる新世界の中心部に、スタイリッシュなモノトーン調の15階建てのホテルが建ちました。新今宮の街で異彩を放つこのホテル。いったいどんなホテルなのでしょうか?

気になる『Willows Hotel 大阪新今宮』に早速宿泊体験してきました!!

目次

アクセス抜群!!とにかく便利

ジャンジャン横丁

ホテルの最寄り駅は、大阪の移動の要である大阪メトロ御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅、そして、JR環状線「新今宮」駅です。(電車好きでしたら、なんと!!路面電車の阪堺電車『恵美須町・通天閣前』駅も近くにあります。)

つまり、このホテルを起点にすると、お出かけするのに、とてもアクセス便利な立地なのです。

手書き地図

こちらは、フロント前の地図です。手書きイラストがかわいい!!ですね。

駅からホテルまでは徒歩で5分ほど。ジャンジャン横丁のアーケードを抜けて昭和のテーマパークのような街並みを歩きます。タイムスリップしたような、どこか懐かしい感じがしました。

アーケードには、『射的場』があり、驚くほど安い串カツ屋や雑貨屋、まるで映画『王将』の世界のような老舗の将棋クラブもあります(コンビニや薬局も近くにありますよ)。そして、新世界は大衆演劇の聖地とも言われていますが、有名な朝日劇場は、Willows Hotelの隣にあります。(迷ったときは、朝日劇場を目指しましょう。)

ちなみに、私は宿泊した夜に京セラドーム大阪に野球観戦に行きました。新今宮駅から大正駅までは、所要時間が約5分ですから野球好きな方にも便利ですね。

遊びごごろと機能性

ホテル入り口

さて、色々と目移りしながらWillows Hotelに到着しました。ぱっと見『え?扉はどこ?』と思うかも知れません。実は、この岩のような壁が自動ドアです。『まさか??』と思いながらそのドアの前に立ち、扉が開いた瞬間の驚きはなかなかのものです。

フロント

まずは、フロントでチェックインしましょう。混み合っている時には自動チェックイン機も使えます。

フロントスタッフは話しかけるとニコニコと応えて下さり、いわゆる大型ホテルには無いアットホームな雰囲気にほっこりします。ちなみに、英語・中国語の堪能なスタッフもいるそうなので海外からのゲストにとっても安心ですね(不在の場合もあります)。

ロビー

フロントの正面には、かわいいロビーコーナー。このソファーだけでなく、壁や家具のセンスが楽しいアートになっているので、色々探してみたい気分になります。

扉

こちらは、本の表紙になっています。不思議の国のアリスが飛び出して来そう??

屋根

天井は、寺院のような、ログハウスのような、不思議なデザインで開放的な気持ちに。

朝食会場

こちらのレストランが、朝食会場です。

ちなみに、朝食の時間が終了したらフリーの共用スペースとして開放されていますので、本を読んだりパソコン作業したり、ワーキングスペースとして使うことも可能です。

ドーナツ

スタッフさんおすすめのドーナツ。カラフルでかわい過ぎます!!ばえる!です。

オーブントースター

ドーナツ以外にもクロワッサン、アップルデニッシュ、マルゲリータセイボリー、ポンデケージョ、 フランスパンの5種類をベースに用意されていて、季節やイベントによって変わることもあるそうです。パン食べ放題です。アップルデニッシュ美味しかったなぁ...人気のトースターで温めることも可能です。気になるタイプをお試しできますね。

私の朝食

じゃーん、私の朝食プレートです。ご自慢気分でInstagramにあげたら、20年ぶりくらいに海外のボディビルをやっている友人から『朝から、こんなに甘いもの食べるの!!』って、メッセージ届いたんですけどペロッと食べられちゃいます。しかも嬉しいことにおかわりできます。

ゆでたまごとチーズパン

写真にはありませんが、この日のスープはミネストローネでした。お野菜たっぷりヘルシーで温かいものはからだにやさしいですね。

基本、ミネストローネ・クラムチャウダー・味噌スープの3種類がローテーションで提供されています(変更になる可能性もあります)。タンパク質の摂取ができるゆで卵もあります。

マシーン

飲み物は、マシーン(コーヒー 紅茶、緑茶、お湯)とティーパック、オレンジジュース(ソフトドリンク)があり、どれも飲み放題です。私の好きなはちみつ紅茶を含めて紅茶の種類は10種類。ルイボスティーやローズヒップティーもあって、旅先でも美活を怠ることはありません。

バー

バーカウンターのようなおしゃれなスペースもあります。今はドライフラワーの販売などを行っていますが、ゆくゆくはここがさらなるおしゃれで素敵なスペースとして変身する可能性もあるそうです。楽しみですね。ここでお食事の宅配サービスを受け取ることも可能だそうです。

ワゴン

お部屋に行く前に、エレベーター横にある、アメニティバーに立ち寄りましょう。

紅茶パック・緑茶パック・砂糖・マウスウォッシュ・コーヒー・マドラー・ミルク粉・カミソリ・ヘアゴム・ボディスポンジ・コットン・シェービングクリーム・クレンジング・化粧水・美容液・綿棒などが置いてあります。マウスウオッシュやシェービングクリームは珍しいですし、ビジネス利用の方にも嬉しいですね。

個人的にボディスポンジや美容液は用意してもらえると嬉しい部分でした♪過剰なものは無いけれど、『痒い所に手が届く!!』ラインナップではないでしょうか??

このコーナーもそうですが、そこかしこにお花がそっと添えてあって癒されます。

エレベーター

そしてエレベーターは、カードタイプのルームキーをピッとかざして利用しますので、防犯もしっかりされていて安心です。

共用スペース

2階共用スペースには、長期滞在の方には嬉しいコインランドリーやちょっとお得な価格が嬉しい飲料自販機(有料)、電子レンジ・製氷機があります。

また、ホテルは全館禁煙ですが、こちらの奥に喫煙スペースもありますので喫煙者の方には嬉しいですよね。

屋上

屋上

そして、屋上からの景観です。こんなにも通天閣が近い!あべのハルカスも一望できます。

11月には、展望台が「Willows スカイデッキ」としてオープンする予定だそうです。宿泊者は追加料金なしでこの贅沢な景観を満喫できるなんて嬉しいですね。他のホテルではなかなか味わえない体験です。

タイプ別、個性的な客室をご紹介

『Willows Hotel 大阪新今宮』には、大きく分けて4つの異なる客室タイプがあります。

それぞれ結構個性的ですので、全部紹介しますね。

ラグジュアリーツイン(48平方m)

ラグジュアリーツイン

ラグジュアリーツイン

最上階に2部屋のみの客室。独立式のバスルームでばえる景色におしゃれな家具。ここでおしゃれ女子会をして、インスタにあげてみたい誘惑が溢れます。部屋備え付けのアメニティも充実しています。

デラックスツイン(32平方m)

デラックスツイン

こちらも、最上階にある人気の客室。ソファースペースが付いているので、ゆったり過ごせますし、バリアフリー対応の広めのバスルームとトイレが設置されています。

和モダン(26平方m)

和モダンの部屋

和室

通常のベッドルームに、和室が付いた客室。ともかく壁紙がかわいいです。お子様連れのファミリーにもおすすめ。抹茶点て体験もできます。ちゃんとわかりやすい説明書も用意してあるので、初めての方でも安心ですね。

スタンダートダブル(16平方m)/スタンダートツイン(16~18平方m)

スタンダード部屋

ホテル内で1番多い客室タイプです。ダブルベッドルームとツインベッドルームの2パターンがあります。

落ち着いた色調に木目の温かさを加えた、スタイリッシュで機能的な客室です。

アメニティについて

貸し出しもの

客室の基本アメニティは、客室タイプごとに少し異なりますので、下記ホームページにてご確認下さい。

>>基本アメニティについてはこちら

貸し出しアメニティは、ズボンプレッサー・電気スタンド・アイロン・加湿器・変圧器・携帯用マルチ充電器・健康枕(2タイプあり)・お子様用アメニティ・毛布・ヘアアイロン・ドライヤーなどです。詳細はフロントにてお尋ねください。

ドライヤー類や加湿器等は愛用品を使いたいですけれど、持参するには重たいですし、こうやって貸し出ししてもらえると身軽に宿泊できますね。

今回宿泊したタイプはデラックスツイン

デラックスツイン

私は今回『Willows Hotel 大阪新今宮』の中でも人気の高い客室『デラックスツイン』に宿泊しました。

思い返せば、リビングコーナーのついている最上階のお部屋なんて人生初めてでした...!おひとり様だけど、嬉しい!!

せっかくなので、他の客室より詳しくレポートしちゃいましょう。

窓からの眺め
<写真提供:Willows Hotel >

デラックスツインには窓からのビューが2パターンあるそうです。ひとつは通天閣が見えるお部屋、そしてもうひとつは動物園やあべのハルカスが見えるお部屋。

正直、訪問するまでは景観に期待していなかったのですが、日中は動物園(天王寺公園)の緑が豊かですごく癒されます。素敵な驚きでした。夜景もロマンチック...。

バスルーム

バス・トイレ・洗面コーナーは、ユニバーサルデザインです。段差が無く、手すりがついていて、緊急呼び出しボタンも2つ付いています。車いす対応の客室は、デラックスツインのみです。

シャワールーム

シャワーはCMでよく見ていたミラブル!!気のせいか、身も心も綺麗に洗い流されていくような...。

そして、シャンプー・トリートメントは、ニューヨークのトップヘアスタイリストの発想から生まれた『スティーブンノル』。泡立てるととても優しくていい香りが漂います。高級な香りに包まれるといい気分になりますね。ささやかですが、シャンプー台の下にスペースがあるのも特に女性は、ちょっとしたものを置けてとても嬉しい。心遣いが行き渡っています。

トイレは、全館洗浄付きです。個人的な感想ですが、トイレットペーパーの使い心地がとても良かったです。これがよくないとホテルステイのテンションが下がってしまいますよね。

パジャマ

そしてナイトウェアのズボンが、私史上??1番柔らかいホテルのパジャマのズボンでした。すごく肌触りが良くて、リラックスできました。旅行中は何かと身体が固まりやすいですが、就寝前のストレッチも快適ですよ。スリッパに関しては、スタンダード部屋以外は2タイプセットされていますので好きな履き心地を選ぶことができます。

プラグ

ベッドサイドにはコンセントとUSBの差し込み。客室内には5個のコンセントがありました。充電しながらポットでお湯も沸かせます。

ミラー
<写真提供:Willows Hotel>

デスク中央の黒い本のようなものは、実は折り畳み式の卓上ミラーです。

私は、途中までホテルガイドと思い気づきませんでしたが、洗面以外にミラーがあると嬉しいですね。全身鏡もありますから、お出かけ前のチェックもバッチリです。大事な商談前でも大丈夫ですね。ティーバッグを置けるお皿もさり気なく助かります。

クローゼット

しっかりクローゼットコーナーにお洋服をかけることができます。消臭スプレーや洋服ブラシもありますので、次の日のために整えることもできます。

備え付けTV

Wi-Fiのパスワードや館内の案内は、わかりやすくTV画面で。シンプルで見やすいです。

AI付きの空気清浄機もぜひ使って欲しいです。

ベットサイド

ベッドは幅ゆったり110cmタイプです。

室内ですが、岩モチーフの壁が個性的です。客室ごとにコンセプトが異なるので、同じホテルなのに客室タイプを変えれば違う印象を受けそうですし、違う使い方も楽しめそうです。

通天閣が!!ロマンチック過ぎる!!※2021年12月追記

屋上デッキ
<写真提供:Willows Hotel >

お待たせいたしました!!2021年11月1日に「Willows SKYDECK(ウィローズ・スカイデッキ)」がオープンしました。あの屋上が、こんなに!!ロマンチックに!!

ホテルに宿泊するお客様限定の特典として、15:00~20:00に屋上スペースが開放されています。(なんと、無料です!)

この界隈で、一番ロマンチックに通天閣が見られて、映える写真が撮れるスポットらしい!?との噂が。。。。これは、行かねば!!

屋上デッキ全体

寒くなってきた11月半ば、私も早速、「Willows SKYDECK(ウィローズ・スカイデッキ)」に上がって来ました。

邪魔する物がないので、お部屋から見るよりも、さらに開放感があって気持ちいいです。

ただ、これからは気温が下がるととてもとても寒いので、ランタンが灯る頃(暗くなるのを自動感知して点灯します)に屋上に上がるのことをおすすめします♪

通天閣は暗くなればなる程、華やかにキラキラしてきます。(私は夕方前に上がりました。時間を変えて、異なる表情を楽しむもおすすめかも!)

ブランコ

ハンキングチェアにゴローンとしたり(もっと、おしゃれな姿勢が良かった...)、通天閣をつんつんしたり、手に乗せたり、この近さで、間に高い建物が無いからこその通天閣とのツーショットを、ぜひ撮影してSNSにあげてみて下さいね。

最後に ~これからもこのままでいて!~

Willows Hotel 大阪新今宮

この記事を書いた時期は、ちょうど緊急事態宣言下。お休み中のホテルも多い時期でしたので、そんな中でオープンした『Willows Hotel 大阪新今宮』ってどんなホテルなんだろう?とドキドキしながら、宿泊しました。

もちろん、パッと見た通り機能的でスタイリッシュ。だけど、意外とリーズナブル。それ以上に『楽しんでもらおう』『せっかく泊まってもらうのなら、くつろいでもらいたい』『これ、喜んでくれるんちゃう?』といったような、大阪ならでは(?)のおもてなしの心や知恵があふれているように感じました。お客様目線で必要な物やサービスを丁寧に考えてくれているなぁ、という安心感で癒しの時間を過ごせました。このサービスとアメニティや家具のちょっとしたセンスが可愛くて、旅行中のときめきを失うことがなかったです。

これから、どんどんおもしろい!お客様に喜んでもらえる!企画を考えている!という情報も掴みましたので、『Willows Hotel 大阪新今宮』から目が離せないですね。ぜひ、Instagramもチェックして下さい。(こちらで、ホテルが応援しているアーティストのアートも見られますよ!)

また、嬉しい!!オープン後しばらくは期間限定でお得な開業記念プランがあります。ご予約はこちらからどうぞ。

>>【期間限定】開業記念プランのご予約はこちら

Willows Hoteの基本情報

  • 住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-1-24
  • TEL:06-6630-7535
  • アクセス:大阪メトロ御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅より徒歩3分/JR環状線「新今宮」駅から徒歩6分、駐車場無し
  • チェックイン15:00 (最終チェックイン24:00)/チェックアウト11:00
  • 公式HP:Willows Hotel
  • Instagram
プロフィール画像
この記事を書いた人
とうもと くみ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/10/15最終更新日:2021/12/06

Views:

大阪のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.