たびこふれ

カンクンから車で1時間半で行けるキャンプ場「Cavelands」

記事投稿日:2021/06/04最終更新日:2021/06/04

Views:

ケイブランズ

キャンプ好きな方やメキシコ旅行上級者におすすめなのがマヤのジャングルの中でのキャンプ。ジャングルの中でのキャンプは、ビーチでのキャンプよりも安全で涼しいというメリットの他にも、さまざまな生き物との出会いがあるのも魅力です。今回は、カンクンから車で1時間半で行けるキャンプ場を紹介します。

目次

カンクンから車で1時間半で行けるキャンプ場「Cavelands」

Cavelans

紹介するのは、チェムイル(Chemuyil)という小さい町にあるキャンプ場で、カンクンからは車で約1時間半で行けます。キャンプ場に着いてからも快適に移動するために、レンタカーを利用するといいでしょう。カンクンからトゥルムまで続くハイウェーにある「Chemuyil」のサインを見て右折すると、5分くらいでキャンプ場「Cavelands」に着きます。

このキャンプ場は、20年以上も前にオランダ出身のドン・レンソ氏が時間をかけて築き上げた美しいキャンプ場です。ドン・レンソ氏が昨年亡くなってからは、彼の姪が経営を引き継ぎました。キャンプ場の入り口に入ると彼女の数匹の犬が出迎えてくれます。

>>Cavelandsの公式ホームページはこちら

テント・キャンピングカー・キャビンから選べるキャンプの仕方

Cavelans キャビン

「Cavelans」のいいところは、キャンプの仕方を選べることです。

テントの他にも、キャンピングカーやキャビンで宿泊ができ、自然の中で気軽にグランピングを楽しめます。完全なアウトドア派はテントを張りたいところですが、キャビンでも十分自然を満喫できますよ。

Cavelans キャビン

キャビンは1泊500ペソ(約3,000円)で数人で泊まるととてもお得です。キャビンにはダブルベッド・扇風機・金庫があり、窓の代わりに網戸が使われ、キャビン全体から風が入るようにできています。テラスにはテーブル・2脚の椅子・ハンモックがあり、快適に自然の中でくつろぐことができます。

テントでも携帯を充電できる快適さ

Cavelans テント

サイト場にはレセプションエリアにキッチンがあります。冷蔵庫・ガス・水が使えるので、食材を買い料理をすれば出費を抑えることができるのも魅力です。また、キャビンだけでなくテントサイトにも電源があるため、携帯や懐中電灯を充電したり、扇風機を使用したりすることも可能です。

もちろんWi-Fiも使用可能で、必要なものは全て備えられているので安心。トイレやシャワーも清潔に保たれており、アウトドア初心者の方も不快な思いをすることはありません。

マヤのジャングルの中で生き物に出会える・セノテ

セノテ

アウトドアは生き物との出会いも魅力ですが、「Cavelands」でもさまざまな生き物と遭遇できます。ユカタン半島に生息するイグアナはもちろん、Chemuyilに生息する美しい鳥たちや蠍・タラントゥラの他にも、車で3分の場所にある公共のセノテに行けば、たくさんのコウモリも見ることができます。

こちらののセノテは小さいセノテですがとても美しく、無料で利用できるので、ぜひ訪れてみてください。また、Chemuyilの小さい町には家族で経営している小さいカフェやレストランが多く、値段も安いので、時間があれば町も散策してみるといいでしょう。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Yu Larraz
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/06/04最終更新日:2021/06/04

Views:

メキシコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.