たびこふれ

【レシピ】シチリア名物アランチーノをお家で作ってみよう!

記事投稿日:2021/02/19最終更新日:2021/02/19

Views:

最近コストコで「アランチーニ」という商品が出ているそうですが、実はイタリア・シチリアの名物料理の一つです。ライスコロッケのようなもので、普段の食事やさっと軽食を取りたいとき、ホームパーティーなどさまざまな場面で登場します。(ちなみにアランチー"ノ"は単数形、アランチー"ニ"は複数形です)

アランチーノといえば、ミートソースとチーズを入れた「アランチーノ・アル・ラグー(Arancino al ragù)」が定番です。今ではシチリア人もテイクアウトすることが多いのですが、自家製のものは特別。そして、家庭で作るとなったらやはりこのミートソースのアランチーノです。

ということでこの記事ではそんな定番アランチーノのレシピをご紹介します。今回は筆者がお料理上手な友人に習ったレシピです。

目次

アランチーノの材料

【約12個分】

    • 米 500g
    • 水 1.2L
    • サフラン 1袋
    • 粉チーズ 100g
    • バター 30g
    • <中の具>
      • ひき肉 200g
      • 玉ねぎ 1/2個
      • グリーンピース 100g
      • トマトピューレ 200g
      • オリーブオイル
      • 塩、こしょう
      • チーズ 100g
      • (※今回はプロヴォラチーズを使っていますが、モッツァレラチーズでも美味しくできます)
        <衣>
        • 水 300cc
        • 小麦粉 200g
        • 塩 ひとつまみ
        • パン粉(※できるだけ細かいものがおすすめです)
        • 揚げ油

アランチーノの作り方

1. アランチーノのお米を作ります

深い鍋にお湯を沸かして塩を入れ、お米を茹でます。15~20分後、お米がほぼ全ての水を吸って柔らかくなったらサフラン、バター、粉チーズを順番に入れていきます。焦げ付かないようにご注意ください。

イタリア シチリア アランチーノのお米を作ります

バターとチーズがよく混ざり、全体がサフランの鮮やかな黄色になったら火から降ろし、別皿に移して冷まします。

イタリア シチリア 全体がサフランの鮮やかな黄色に

2. お米を冷ましている間にミートソースを作ります

みじん切りにした玉ねぎをオリーブオイルで軽く炒め、しんなりしてきたらひき肉を入れます。ひき肉の色が変わったらトマトピューレを加えて塩こしょうで味を調え、水分がほとんどなくなるまで30分ほど煮込みます。途中でグリーンピースも加えます。

イタリア シチリア ミートソースを作ります

3. ミートソースを煮込んでいる間に、衣と中に入れるチーズを用意します

ボウルに水と小麦粉、塩をひとつまみ入れ、ダマにならないようにかき混ぜます。あまりドロドロせず、ちょっとサラサラ感が残っているぐらいがベストです。パン粉をつけやすいよう平たい大皿に入れておきます。チーズは1センチ角ぐらいの大きさに切っておきます。

4. アランチーノの形に握っていきましょう

イタリア シチリア アランチーノの形に握っていきましょう

まず手で器を作ってお米を広げ、その上にミートソースとチーズをのせます。お米をかぶせ、中の具材が見えなくなるように握っていきます。おにぎりを握るときのように手を水で少し濡らすと作りやすいです。

イタリア シチリア 山形に握ります

シチリア東部ではエトナ山の形をイメージした山形に握ります。一方パレルモではオレンジのような丸型です(呼び方もアランチー"ナ"と女性形に変わります)。

5. 衣をつけて揚げましょう

3で作った水溶き小麦粉にくぐらせ、パン粉をまとわせます。

イタリア シチリア パン粉をまとわせます

170度の油で表面がカリっと黄金色になるまで揚げます。

イタリア 黄金色になるまで揚げます

熱々を召し上がれ!

イタリア シチリア アランチーノのできあがり

アランチーノ作りのポイント

        • お米を茹でるときにコンソメを入れるレシピもあります。お好みでどうぞ
        • ミートソースはほとんど水分がなくなる状態まで煮込んでください。あまりに水分が多いとアランチーノの形に握るのが難しくなります
        • お米とミートソースが十分に冷めてから握り始めましょう。成形しやすくなります
        • パン粉は粗いものより、できるだけ細かいものがおすすめです
        • 一度に食べきれない場合は、揚げる前の状態で冷凍保存も可能です

最後に

イタリア アランチーノ

アランチーノ・アル・ラグーは、サフランさえ手に入れれば、後はスーパーで手に入る食材で意外と簡単に作れてしまいます。揚げたてで衣がカリカリのアランチーノは最高に美味しいですよ。家で過ごすことが多い今だからこそ、シチリア料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
サエコ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/02/19最終更新日:2021/02/19

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.