たびこふれ

世界遺産・姫路城と日本のマチュピチュ・竹田城跡をめぐる兵庫たび

記事投稿日:2020/11/01最終更新日:2020/11/01

Views:

はじめまして!日本全国47都道府県巡り<2周目>に挑戦中のきゃんと申します。

今回は、姫路城や竹田城跡など、魅力たっぷりの兵庫県についてご紹介します。また、番外編で京都の観光地についてもお話しします。

兵庫県の王道観光地をまわってきたので、これから兵庫に行きたいな~と思っている方に読んでいただけたら嬉しいです。

目次

姫路城

今回の旅は、日本で初の世界遺産・姫路城からスタートしました。

天守閣まで行く階段はなかなか急で大変でしたが、上層階に行くにつれて見える景色が変わっていったり、城内には階ごとに姫路城についての説明展示があったりするので、楽しみながら見学できました。

城内展示で特に注目していただきたいのは、西大柱東大柱です。どちらも城を支える重要な柱ですが、西大柱は四角柱なのに対して、東大柱は円柱の柱なんです!お城を見学するときはなかなか柱まで注目しないと思いますが、今後姫路城に行かれる方は、ぜひ見比べてみてください。

image1.jpeg

見学後には城全体をパシャリ。「白鷺城」といわれる通り、シラサギが羽を広げたような壮大な姿を多くの人が写真に収めていました。

竹田城跡

続いて竹田城跡です。

私事ですが、大学でスペイン語を専攻していたので、スペイン語圏のペルーにあるマチュピチュはもちろん、日本のマチュピチュと呼ばれる竹田城跡にはずっと行ってみたいと思っていました。

有名な、天空の城のような様子は、朝早く、雲海が出た時にしか見られないそうです。

image2.jpeg
<竹田城跡>

私は9時頃に行ったので、幻想的な情景というよりは、非常に良い保存状態で今に残る山城遺跡をたっぷり堪能したという感じでした。雲海は見られませんでしたが、眼下に広がる景色を遠くまで見られて、きつい上り坂を上のぼってここまで来た疲れも吹き飛びました。

image3.jpeg
<願いかかなう石?>

この大きな石に手をかざして願い事をすると、ひとつだけ叶うと言われているそうです。念力を送るくらいの強い気持ちでお願い事をしてきました(笑)

天橋立で股のぞき!

有馬、城崎温泉についてお話しする前に・・・番外編として、同じく今回の旅行で訪れた京都府の天橋立についてお話しします。

松島、宮島とともに日本三景とされている天橋立は、松が長く生い茂る様子が天にかかる橋のように見えることからその名前がついたそうです。

私が行ったときは小雨が降っていて、ケーブルカーで展望台へ向かっているときも上から見えるか心配でしたが、何とか見ることができました。

ここで観光客が必ずと言っていいほどやるのが「股のぞき」です。

両脚の間から天橋立をのぞき込むと天と地がひっくり返って見えるので、海が空のように見えて、本当に天橋立が天に向かって伸びる橋のように見えるそうです。

私は高所恐怖症なのでビクビクしながらのぞいてみましたが・・・海が空のように見えるかどうかより、やはり怖さが勝ってしまって、ちらっとしか股のぞき出来ませんでした。

怖いもの知らずの方は、本当に天にかかる橋のように見えるかご自分の目で確かめてみてくださいね。

image4.jpg

曇天+写真撮影技術のなさで、天にかかる橋のようには見えませんね...(汗)見えるか心配していましたが、松はしっかり見えてよかったです。

有馬温泉と城崎温泉で湯めぐり

1泊目:有馬温泉

2泊3日の初日は有馬温泉に宿泊しました。

有馬温泉といえば金泉、銀泉が有名なのはご存知でしょうか?

金泉は鉄分が多く含まれており、少し赤茶けたお湯です。銀泉は、透き通っていて、さらっとした手触りのお湯でした。

私が宿泊したホテルには、大浴場に両方の湯があったので、どちらにも入ってみました。

温泉街には、金泉の湯に入ることが出来る足湯もあります。宿泊はしないけど温泉は楽しみたい!という方は是非タオルを持って行ってみてください。足湯の近くでは温泉饅頭を販売しており、そこで買ったお饅頭を食べながらつかる足湯は風情がありました。

また、私の体感ですが金泉は、金泉はお肌の調子を整えてくれるようで、翌日の化粧ノリが最高に良かったです。女性の方、お肌の調子が気になる男性の方にも是非行っていただきたい温泉です。

>>有馬温泉の泉質情報はこちらから:http://www.arima-onsen.com/onsen.html

2泊目:城崎温泉

2日目には城崎温泉にある老舗旅館に宿泊しました。

城崎温泉は趣の違う7つの外湯めぐりを楽しめることで有名です。とはいえ、外湯は曜日ごとに週に1回、休湯日が決まっているので最高でも6つの湯めぐりしか出来ません。私が行ったときは、御所の湯が工事中だったので、営業中だったのは5つでした。

宿についたら、チェックインを済ませ、「外湯巡りカード」をもらいました。

このカードを見せたら、追加料金なしで外湯巡りを楽しみ放題です。それぞれの湯によって効能や雰囲気も違うので、城崎に泊まる際は余裕をもってチェックインを済ませ、夕食までにゆっくり外湯巡りをしてみてください。場所によっては足湯もあるので、さくっと外湯巡りを楽しむこともできますよ!

image5.jpeg
<城崎温泉街>

城崎温泉といえばこのしだれ柳の通りがよく取り上げられていますよね。浴衣を着て温泉街を歩く観光客もたくさんいらっしゃいました。

>>城崎温泉 7つの外湯情報はこちらから:https://kinosaki-spa.gr.jp/about/spa/7onsen/

最後に

兵庫の王道観光地を巡った今回の旅はいかがでしたでしょうか。

新型コロナウイルスの影響もあって、久しぶりの旅行でしたが、温泉でゆっくりしたり、ずっと行きたかった観光地に行ったりして、日ごろの疲れを癒すことができました。

どの観光施設、宿泊地でもコロナウイルス感染予防対策は万全でしたし、観光客もマスクをつけている方ばかりでした。

まだまだ、人が多いところに行くのを不安に思う方もいらっしゃるとは思いますが、私の記事で少しでも旅行気分を味わっていただけたら嬉しいです。

さてさて、47都道府県巡り2周目、次回はどこを旅しようかな・・・。お楽しみに!

プロフィール画像
この記事を書いた人
きゃん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/11/01最終更新日:2020/11/01

Views:

兵庫のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.