たびこふれ

7つ星ホテルのコロナ対策!アブダビのランドマーク「エミレーツパレスホテル」でステイケーション

記事投稿日:2020/10/08最終更新日:2020/10/08

Views:

新型コロナウイルスの影響で、なかなか海外旅行が難しい今。アフターコロナにぜひ訪れてほしいアブダビのランドマーク、エミレーツパレスホテルを、ホテルのコロナ対策を交えながらご紹介したいと思います。

目次

アブダビでの新型コロナウイルス下の状況

長いロックダウン生活から徐々に規制が緩まり、アブダビでは、公共の場での2歳以上の全ての人へのマスク着用義務の下、現在ほとんどのショッピングモール・ホテル・レストランなどが営業を再開しています。アブダビから出るのはなかなか難しい今、在住者もみんな一度は泊まってみたい、アブダビの超有名ホテル、エミレーツパレスホテルに宿泊してきたのでご紹介させていただきます!

自称7つ星!宮殿のようなホテル

エミレーツパレスは、開業当時はアブダビ首長国の所有物でしたが、現在はマンダリンオリエンタルグループのホテルとして営業しています。自称7つ星(公式には、5つ星)、パレスの名前に相応しい広大な敷地の、まさしく宮殿です。

image2.jpeg

夜はライトアップされ、さらにゴージャスな雰囲気になります。

UAEのホテル、特にシティにあるホテルは近代的な建物が多いですが、エミレーツパレスはゴージャスなアラブのイメージそのもの。セレブになった気持ちで楽しみましょう!

中に入ると...

image3.jpeg

めくるめく金のドームがお出迎え!ホテルの装飾にはふんだんに金箔が使われています。高〜い吹き抜けの空間にテンションは既に最高潮。

image4.jpeg

ホテルの中にヤシの木!? 本物です。しかもかなり大きいヤシの木が、生えています。ただの廊下がこの広さ。

image5.jpeg

室内のいたるところに大きな池や噴水も。砂漠の国では、水は富の象徴です。これは客室のある棟ですが、手すりなどもアラブっぽい素敵なデザインなのが目に留まります。

image6.jpeg

なんと!ホテルの中に茶室が!日本の文化、茶道がアラブの超一流ホテルで紹介されているなんて、嬉しくなっちゃいますね。

お部屋は、いちばん狭いタイプでしたが、それでも55平米。ソファ・デスク・ベッドがゆったりと配置されていて、大人2人と乳幼児2人で大量の荷物とベビーカー2台を抱えていましたが、ベビーカーを広げたままでも十分なスペースがあり、とても快適に過ごせました。2005年開業のホテルですが、水回りなども綺麗にメンテナンスされていて、古さを全く感じさせません。

お部屋に入ってすぐ、部屋のベルが鳴り

image7.jpeg

子供たちへのグミと

image8.jpeg

ウェルカムチョコレートをスタッフの方が持ってきてくださいました。コーヒーを飲みながら、チョコレートで一息つくもよし、そのままお土産にしても良さそうな素敵なパッケージです。

他にも、部屋にはあらかじめ、アラブのおもてなしといえば!のデーツ(なつめやし)や、ナッツの盛り合わせ、フルーツなどが置いてあります。デーツは、アブダビに住んで3年の筆者から見ても、とーっても美味しいデーツでした。

コロナウイルス対策もばっちり!

これはアブダビの大きな施設ではもはや常識なのですが、ホテルの入り口には、サーモグラフィーで体温を測定する機械が置かれていて、熱のある人は止められるようになっています。

image9.jpeg

お部屋には、ハンドサニタイザー・手袋・マスク・除菌シートのセットが置いてありました。ハンドサニタイザーは、フロントをはじめ、ホテルの至る所に設置されていて、いつでも使えるようになっています。スタッフの方はもちろん、宿泊客もプール、ビーチと食事でテーブルに着いている時以外は必ずマスク着用となっています。

朝食レストランはビュッフェ形式ですが、一品一品お皿に盛られていて、プラスチックのカバーがかかっているのを、スタッフの方に取っていただくというスタイルで、ビュッフェの楽しさを残したままにきちんと衛生管理がなされている印象でした!

客室は、現在ゲストとゲストの間を72時間開ける方針だそうで、部屋の消毒もばっちり。旅行に行けるようになってからも、やはり衛生管理は気になるもの。さすが自称7つ星、こんな管理だったらアフターコロナも安心して宿泊できそうです。

ゴージャスな建物を抜けると、そこはリゾート

シティの真ん中にあるホテルなので、どうかなぁと思っていましたが、もう完全に別世界!

image10.png

ひろ〜いホテルを、これまたひろ〜い、森が覆っていて、なんだか幾分暑さが和らぐ気がします。

image11.jpeg

見取り図です。広い...

森に囲まれるようにして、流れるプールにウォータースライダー(スライダーは営業休止中でした)滝などがある子供がばっちり楽しめる西側のプール(見取り図左側)と、プールに浸かりながらアルコールを楽しめる大人な雰囲気の東側のプール(見取り図右側)があり、約1キロ離れているのですが、両方のプールを、水着に乗ったままバギーで行き来することができますよ!プール、1日ではぜんぜん足りないくらい広いです。プールサイドではチェアに腰を下ろすとすぐにタオルと氷のバケツに入った水のボトルを持ってきてくれ、定期的にアイスキャンディやフルーツを配ったりと至れり尽くせりです。

image12.jpeg

長いプライベートビーチも

海水浴はもちろんのこと、ビーチではラクダが飼われていて、ラクダライドも無料で楽しめます。砂漠ホテル などに行っても、ラクダは別料金だったりするのですが非常に良心的です!エミレーツパレスを背景に、ラクダに乗って写真など、いかがでしょうか?

image13.jpeg

夕暮れから夜にかけての時間でのお散歩が、おすすめです。

アブダビ観光の拠点にも最適

Ethihad Towersは、道路を挟んで正面向かい側!横断歩道を渡り歩いて行けます。小さいですがイギリス系スーパーWaitroseが入っていて、ちょっとした買い物にも便利です。また、タワー内展望デッキOvservation Deck at 300から、広いエミレーツパレスを一望するのもオススメです。

Qasr Al Watan(2019年より一般公開が始まった、大統領府。こちらも圧巻のアラブ建築)は、敷地が両方とも広いので、歩くと建物から建物まで15分ほどでしょうか。タクシーなら、ワンメーター12dhs(約360円)で確実に着きます。

夕暮れの時間、広〜い敷地を挟んでちょうど対岸にQasl Al Watanが見え、なんとも幻想的です。

また、大型フランス系スーパーCarrefourが入っているMarina Mallも、同じくワンメーター12dhsで着くかと思います。歩道が整備されていますので、良い季節なら歩けるかもしれません。Carrefourには、UAEお土産コーナーもあり、デーツやお菓子などのバラマキ土産をゲットするのに最適。アブダビ空港から移動される場合は、空港からタクシー20分ほどでSheikh Zayed Grand Mosqueに行って観光、またタクシーで20分ほどでホテルに到着という行き方もおすすめ。

最後に

image14.jpeg

エミレーツパレスといえば、ロビーにあるLE CAFEの金粉カプチーノが有名ですが、宿泊しても最高の思い出になること間違いなし!今回、一部施設やレストランが開いていなかったり、サービスも一部変更になっていましたが、またフルサービスに戻った時に、筆者もぜひ再訪したいと思いました。

エミレーツ・パレス

プロフィール画像
この記事を書いた人
misako
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/10/08最終更新日:2020/10/08

Views:

アラブ首長国連邦のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.