たびこふれ

【イタリア】散策は昼だけじゃない!? 幻想的な〝夜のアルベロベッロ"へ!!

記事投稿日:2020/07/06最終更新日:2020/07/06

Views:

「アルベロベッロ」といえば...白い壁にとんがり屋根♪ そんなおとぎ話に出てきそうな可愛らしいお家が特徴の南イタリアの人気観光スポットです。 昼間のイメージが強いアルベロベッロ。 しかし...!!!! 今回は昼間とは雰囲気の違う夜のアルベロベッロをご紹介します♪

目次

アルベロベッロってどこにあるの?

アルベロベッロは、南イタリア、ちょうどイタリア半島の"ブーツのかかと"にあります。 正確には、イタリア南部プーリア州。人口1万人ほどの村です。 この地区はとんがり屋根を持つ可愛らしいお家が特徴で「トゥルッリ」と呼ばれています(単数形は"トゥルッロ")。 なんとトゥルッリの数は1000以上も存在します!現在も実際にこのトゥルッリに住んでいる方がいらっしゃいますよ♪ そんなアルベロベッロは独自の建築とその景観が認められ、1996年ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

とんがり屋根が物語るアルベロベッロの歴史

では、なぜこのような可愛らしいお家が並んでいるのか? このとんがり屋根のお家、ただデザインセンスがあるお洒落なお家ではないんです。 実は、重い税金から逃れるための知恵だったのです。 家があるということは、不動産税を払わないといけないということです。しかし、建物が倒壊していれば税金を払う必要はなくなります。 そこで、当時アルベロベッロを支配していた伯爵は思いつきました。 なんと「すぐ解体できるようにしておけ!」と人々に指示し、役人が税を徴収しに来た際には解体し、「ほら見てみなさい、これは家ではないでしょ?」と税を逃れていたのです。なんて悪知恵なんでしょう? その為にトゥルッリの屋根はモルタルは一切使用せず、平たい石を何枚も積み重ね、このデザインになっていったと言われています。

夜のアルベロベッロは昼とは別世界!?

お昼の明るい時間帯の散策はもちろんですが、夜のアルベロベッロもまた、昼間とは違う雰囲気があって散策におすすめです♪ 昼間はどうしても観光客が多いですが、夜になると人も少なくなり散策しやすいというメリットがあります。 下の写真は夜20時過ぎに撮影をしましたが、高台から見ると、ライトアップされているのがわかります♪

高台からのアルベロベッロ.jpeg

さて、お土産屋さんが並ぶリオーネ・モンティ地区へ行ってみましょう!

リオーネ・モンティ地区の道.jpeg

夜でも開いているお土産屋さんも多くありました。 トゥルッリの置物やマグネット等のグッズや南イタリアのお土産もたくさんあるのでのぞいてみてくださいね。

お土産屋.jpeg

アイア・ピッコラ地区は主に生活区域となっており静かな時間が流れていますが、こちらのリオーネ・モンティ地区はお土産屋さんが並び、観光客で賑わっています♪お土産屋さんの中には屋上のテラスを見せてくれるところもあります。私もテラスを見させていただきました。テラスからはとんがり屋根を間近に見ることができます。

テラス.jpeg

ライトアップされたトゥルッリは幻想的でステキです♪

ライトアップ.jpeg

少し路地に入ってみると...

可愛らしい猫がたくさん!!! アルベロベッロには猫も多く生活しているみたいです。

猫①.jpeg

人に慣れているのか近づいても逃げませんでした。

猫②.jpeg

トゥルッリの+α豆知識

散策していると、屋根にそれぞれマークが描かれていることに気付きます。 実はこれ、1つ1つに意味があるんです。

例えば、 ハートに矢が刺さったマークは「マリアの心臓」、 太陽は「キリスト」、 HISはギリシャ語で「神」 を意味していると言われています。 宗教的な意味や古代文化由来のもの、魔除けなどさまざまです。 こちらにもぜひ注目してみてください♪

さいごに

夜のアルベロベッロ散策、いかがでしたか。 昼間の可愛らしい雰囲気も素敵ですが、ちょっと大人な雰囲気の夜もおすすめです。 アルベロベッロにはトゥルッリに泊まれるホテルもあるので、チェックしてみてくださいね♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
まいまい
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/07/06最終更新日:2020/07/06

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.