たびこふれ

【滋賀・甲賀】地元民おすすめ!忍者づくしの旅 

記事投稿日:2020/06/10最終更新日:2021/01/23

Views:


『甲賀』と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、そう NINJA ! 甲賀忍者で知られる滋賀県甲賀市。実は市名は「こうが」ではなく「こうか」なんです。ご存知でしたか?近年では大阪から近場で忍者観光ができると、日本人にも外国人にも人気が高まっています。そして話題の「スカーレット」の舞台、信楽も甲賀市です!まだまだ魅力がたっぷり忍んでいる甲賀市を地元民がオススメします!

目次

【アクセスも楽しい!】『SHINOBI-TRAIN』とトリックアートの駅舎

大阪⇒甲賀市へのアクセスは、車で新名神高速道路を利用して1時間30分。しかし僕は電車でのアクセスもオススメします!なぜなら・・・

①忍トレイン.jpg
(写真:滋賀県ホームページより)

見てくださいこの漆黒ベールに包まれたボディ!JR草津線を走る『SHINOBI-TRAIN』です。普通電車なので特別な料金はいりません。ほぼ毎日運行されているようですが、気になる時刻はなんと非公表とのこと!まさに忍んでますね・・・

ちなみにこんなかっこいいPR動画もありますよ!

>>JR草津線PR動画【SHINOBI-TRAIN編】

さらに今年より内装がリニューアルされたようです!ぜひ皆さんの目で確かめてください!

大阪駅からだとJR京都線・琵琶湖線の「新快速」に約50分乗り、草津駅でJR草津線に乗り換えます。この草津線、非常に揺れるんです・・・しかも縦に(笑)。

僕からしたら日常ですが、出張らしきサラリーマンたちからは「この電車すごい跳ねるね」という会話がよく聞こえてきます。激しい揺れもローカル線ならではだと・・・。今はだいぶ保線も進んでいるようで、マシになりつつありますが。草津から35分ほど乗車すると田園風景が広がり、甲賀忍者発祥の地【甲賀駅】に到着します。

②甲賀駅A.JPG

駅舎も忍者だらけです。

③甲賀駅B.JPG

④甲賀駅C.JPG

⑤甲賀駅D.JPG

駅のいたるところがトリックアートになっていて、向きや角度によって面白い写真が撮れます。なにせ人が少ないのでゆっくり写真が撮れますよ!(笑)

⑥甲賀駅E.JPG

皆さんもぜひ試してくださいね!

さらに甲賀駅の一つお隣、油日駅も巻物を模した趣のある駅舎です。

⑦油日駅.JPG

駅から観光するには、バスがあまりないのでレンタサイクルもおすすめですよ!1日500円で乗り放題です!(台数が少ないのでご注意を・・・)

【観光】あなたはどっち派?二つの忍者テーマパーク

甲賀市には主に2つの忍者観光施設があります。さくっと観光したい方には『甲賀流忍術屋敷』がおすすめ!

①甲賀流忍術屋敷

JR草津線【甲南駅】から徒歩20分・新名神高速道路【甲南IC】から3分と立地抜群!ここは甲賀望月氏の本家旧宅で、現存する忍者の屋敷としては非常に貴重だそうです。土休日ともなると観光バスがズラッと並ぶ人気の屋敷です。

⑧忍術屋敷外観.JPG

中では忍者の装備品が細かく展示されています。

⑨忍術屋敷展示A.JPG

⑩忍術屋敷展示B.JPG

もちろん、からくり屋敷も体験できます。どこにからくりが隠されているか探すのは大人もハマること間違いなし!

⑪忍術屋敷展示C.JPG

本格的な手裏剣もお土産にできます。

⑫忍術屋敷展示D.JPG

>>>甲賀流忍術屋敷の公式サイトはこちら

さらに、忍術屋敷から徒歩圏内に、忍者ショーなどより忍者を体験・体感できる『甲賀流リアル忍者館』なる観光センターが2020年7月5日にOPEN予定でしたが、延期になるようです・・・残念・・・。(編集部註:甲賀流リアル忍者館は、2020年内にオープンしました。)

>>『甲賀流リアル忍者館』の情報はこちらから

もう一つのおすすめ観光施設は『甲賀の里忍術村』です!

甲賀の里忍術村

ここでは、大自然の中の広大な敷地の中で忍者体験が満喫できます。JR草津線【甲賀駅】からはシャトルバスも用意されています。

⑭忍術村外観.jpg
(写真:甲賀市観光協会ホームページより)

⑮忍術村マップ.jpg

(イラスト:甲賀の里忍術村ホームページより)

からくり屋敷はもちろんのこと、手裏剣投げや水蜘蛛渡りまで体験でき、大人から子どもまで楽しめます!僕も子どものころ良く連れて行ってもらいました。

忍術村水蜘蛛動画がこちらから見られます。

入村料は大人1,100円ですが、今なら2021年末まで使える「応援早割入村券」がWEBで発売されています!20%OFFだそうですので、こちらで購入がお得ですね♪

>>>甲賀の里 忍術村の公式サイトはこちら

沢山遊んだあとは、甲賀の美味しいグルメを紹介します!

【甲賀のおいしいもの①】古民家レストランで味わう近江牛

まず紹介するのは先程の甲賀流忍術屋敷からほど近くにある、『忍夢庵(しのむあん)』です。ここは、築130年を超える茅葺民家を改築したレストランです。

⑯忍夢庵外観.jpg
(写真:忍夢庵ホームページより)

店内はとてもオシャレな造りになっています。

⑰忍夢庵内観A.jpg
(写真:忍夢庵ホームページより)

⑱忍夢庵内観B.jpg
(写真:忍夢庵ホームページより)

ここでは名産近江牛や地元農家直送の野菜を使った洋食が味わえます!観光客には勿論、地元にも愛されるお店です。

⑲忍夢庵メニュー.jpg
(写真:忍夢庵ホームページより)

>>>忍夢庵(しのむあん)を食べログで見てみる

【甲賀のおいしいもの②】天皇陛下にも献上された絶品もち

続いては、絶品のお餅が味わえる『甲賀もちふる里館』です。僕もお正月になるとここのお餅を毎年のように買いに行きます。お店はのどかな田園風景の中にあります。

甲賀もちふる里館外観.jpg

このお店のある甲賀町小佐治地区は、なんと大昔は琵琶湖の底でした・・・その独特な土で生産されるもち米の品質は天下一品と評され、昭和時代からもち米を天皇陛下に献上し続けてきたのです。そして、ここのイチ押しはつきたてのお餅がその場で食べられるところ!

㉑甲賀もちふる里館料理.jpg
(写真:さとむすびホームページより)

盛り付けも小さな臼(うす)に入っていてかわいいですね。僕のもう一つのオススメは、『忍者もち』です!

忍者もち.jpg
(写真:甲賀もち工房ホームページより)

よもぎ、ゆず、しそ、ごま、山芋の5つの味がそれぞれお餅の中に練りこまれています。いろんな味が楽しめるので、お土産にピッタリです!ぜひ食べ比べてみてください♪

>>>甲賀もちふる里館を食べログで見てみる

【まとめ】気軽にリフレッシュできる田舎町『甲賀』

大阪からでも日帰りで行ける甲賀には素敵な観光地やグルメがいっぱい!忍者はもちろんのこと、日本の古き良き原風景もたくさん残っています!

㉓田園風景A.JPG

㉔田園風景B.jpg

外出できるようになったら、新鮮な空気を吸いに、皆さんもぜひ足を運んでみてください!甲賀へ行こうか

>>>甲賀市観光協会ホームページはこちら

★「甲賀(こうか)市」の記事は、たびこふれの中にまだまだあります。ページ右上〔キーワードで探す〕に「甲賀」と入れて検索してみてください。

>>旅の情報がたっぷり詰まった記事サイト「たびこふれ」のトップページはこちらから♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
ぽむ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/06/10最終更新日:2021/01/23

Views:

滋賀のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.