たびこふれ

肉好きの楽園「世界一のお肉屋さん」と称される、パリのユーゴデイノワイエへ。

記事投稿日:2020/05/25最終更新日:2020/05/25

Views:

皆さん、こんにちは!旅大好き食いしん坊のysです。
旅行に行ったら、現地で楽しむグルメは旅の醍醐味ですよね♪

突然ですが、もしパリに行ったら皆さん何を食べたいですか?ミシュラン星付きレストラン?フレンチビストロ?有名パティスリーのスイーツ?牡蠣やムール貝等のシーフード?うーん。。。選べない。。

美食の街パリでは美味しいお店が沢山。短い滞在時間で何を食べようか??迷ってしまうかと思います!数あるメニューの中から、今回はお肉・ステーキをご紹介します。
パリでは古くから「ステーキといえば 赤身肉 」として長らく愛され続けています。フランスのステーキは、肉の繊維がしっかりしていて噛み締めるタイプ。サシたっぷりの和牛ステーキとはまるで対極ですが、噛めば噛むほど味わいが滲み出てくる、赤身ならではの楽しみがあります。

今回は、星付きレストランに肉を提供しているお肉屋さんのお店をご紹介します

フランス中のミシュランシェフ達から注文が来る熟成肉のエキスパート!星付きレストランや高級ホテルを
顧客にもつ「世界一のお肉屋さん」と名高いのが、ユーゴデイノワイエ Hugo Desnoyerです。

目次

お店.jpg


赤身肉を知り尽くした肉屋さんがやっているレストラン。
私はエッフェル塔にほど近いパリ16区のお店に行きましたが、日本人の方にはサンジェルマンデプレ19区にある<ラ・ターブル・ユーゴ・デノワイエ L'Étable Hugo Desnoyer>が便利でおすすめです。

L'Étable Hugo Desnoyer

1人当たり予算目安 50-80ユーロ(昼だと30-50)
15 Rue Clément, 75006 Paris
10番線 Mabillon駅 徒歩2分/4番線 Saint-Germain-des-Prés徒歩4分・01 42 39 89 27
火~土 12:00-14:30・18:30-23:00

生涯忘れられないフォアグラとの出会い

ショーウィンドウ①.jpg

ショーウィンドウ②.jpg

店内にはいろんな部位のお肉が販売され、お肉たちがショーケースの中できらきら光っています。☆彡
精肉コーナーでは職人さんたちがきびきびと肉をさばいています。
あれ?思ったより安い!ミシュランシェフ御用達にもかかわらずです。値段は、1Kgから記載されていますがもちろん100gから購入可能ですよ。

店内.jpg


私が訪問した際には、前菜にフォアグラのソテー、メインにステーキ盛り合わせを注文しました。 

アミューズ.jpg


スターターが出てくると思わなかったので、びっくり。美味でした。

フォアグラ.jpg


こんな美味しいフォアグラ食べたことない!!(泣)
正直、私はあまりフォアグラ好きではありませんでしたが、せっかくだからという感じで注文し、
この美味しさに、フォアグラの概念が崩されました!
もちろん臭みなし、フレッシュかつ濃厚でとろとろ。添えてあるイチジクとソースとの相性も最高の逸品でした。
生涯忘れられない出会いでした。
メインのお肉に期待が高まります♥

見事なセニョン(レア)♪ 艶やかなステーキ

ステーキ盛り合わせ①.jpg

ステーキ盛り合わせ②.jpg


(2名分に取り分けてこのボリューム)
牛肉3種のステーキは700gでたっぷりサイズ。2名分とメニューに記載されてありましたが、
かなりのボリューム!!

ステーキ断面図.jpg


カリカリに焼かれた表面とルビー色に艶めく断面。
やわらかな肉片を口に入れ噛みしめていきます。
「わあ......美味しい!!」と思わず虚空(こくう)を見つめ声が漏れてしまいます。
味付けは塩・こしょうのみ。シンプルな味付けだからこそ感じられるふくよなかうま味。
追いかけるように、熟成した脂のいい香りがホワッと鼻に上ります。
見た目にもそのボリュームが伝わりますが、柔らかいお肉はジューシーで脂分が少ないので案外あっさりしています。思ったよりぺろりとたいらげられてしまいます。

お肉のポーションが大きいので、前菜はスキップしても大丈夫。数人で行くなら、1人は牛肉、1人は豚肉と、肉の種類を変えてシェアするのも楽しいです。
肉と肉好きに囲まれて肉を食べ、その美味しさに目頭を熱くする。ここはまさに、肉好きの楽園なのです♪

便利な立地!デパート・ギャラリーラファイエットのお肉屋さんのステーキ

もう少し行きやすい場所で、気軽にお肉屋さんのステーキを食べたい方には、

オペラ座近くのデパート、ギャラリーラファイエットの食品館地下1階にある<イヴマリーブルドネック>が
おすすめです!
イヴマリーさんはここ数年、フランスで一番の肉屋と言われています。

イブマリーブルドネク.png


※ギャラリーラファイエットの写真より転用

メニューもあるけど、陳列している肉の塊からグラム指定で切ってもらったのを焼いて食べることができるってのも楽しいですよ!(注:肉の値段+20ユーロで焼いてくれます)
私はこちらのお店では購入し、コンドミニアムでステーキにしました。
自分で焼いてもビックリするほどおいしいので、精肉コーナーで好きな部位を買って帰るのもおすすめです。

●Yves-Marie LE BOURDONNEC Boucherie Restaurant
イヴ マリー ル ブルドネック ブシェリー レストラン
1人当たり予算目安 50-80ユーロ(昼だと30-50)
35 Boulevard Haussmann, 75009 Paris (ギャラリーラファイエット食品館地下一階)
7・9番 Chaussée d'Antin La Fayette 徒歩3分 3・9番 Havre - Caumartin 徒歩3分
3・7・8番Opéra 徒歩6分 RER A線 Auber 徒歩5分
月~土 8:30-21:30 日11:00-19:00

最後に

美食の街パリには魅惑的な料理がたくさん!早く安心して、パリに行けるようになったら、

ぜひ、お肉屋さんのステーキをお楽しみください♪
その際は、赤身肉なので火を入れすぎない「ア・ポワン(ミディアム)」か「セニョン(レア)」生肉が苦手でなければ、ぜひフランス人風に「セニョン」でご注文を!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ys
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/05/25最終更新日:2020/05/25

Views:

フランスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.