たびこふれ

花の都「フィレンツェ」&水の都「ベネチア」そして、今注目のあの観光地へ!イタリア夏旅

記事投稿日:2020/04/26最終更新日:2020/04/26

Views:

こんにちは!旅するOLあきーたです!

昨年の夏休みに親と親戚でイタリア旅行に行ってきました。もちろん、旅行のアレンジは私が担当します!色々と考えた結果、滞在都市はミラノ→フィレンツェ→ベネチアに絞り、連泊を多くしてお身体にも優しく、イタリア国内は鉄道で移動することにしました。何度訪れても魅力的なイタリア♪ 新たな発見もありましたよ~!

フィレンツェではゆっくり連泊!

飛行機でミラノに到着後は一泊したあとフィレンツェに向かいます。フィレンツェといえば、映画「冷静と情熱のあいだ」を思い出します。中世の面影あふれる街の中心にあるドゥオーモはこのときも観光客で賑わっており、入場観光はあきらめました。かわりに広場のカフェでゆっくりお茶をすることに・・ ドゥオモも混んでいるし、どこか上から街並みを撮影できるようなスポットはないかな・・と思ってふと見ると、アルノルフォの塔であれば登れそうなことを発見!

ちなみに・・フィレンツェの絶景スポット高さベスト3は、【1位】ドゥオモのクーポラ(114m)、【2位】アルノルフォの塔(95m)、【3位】ジョットの鐘楼(84.7m)なんです。階段数は全部で270段。ドゥオモから少し離れるアルノルフォの塔は穴場の観光スポットかもしれません。

アルノルフォの塔の上からは、ドゥオモの姿もきちんと撮影できました!

写真①フィレンツェ.jpg

フィレンツェから日帰りでチンクエ・テッレへ!

実は今回の旅で私が一番行きたかったのは「チンクエ・テッレ」。今回はフィレンツェ発着の現地ツアーに参加しました(現地ツアーに参加しなくても列車で向かうこともできます)。50名位の団体だったように思いますが、日本人の参加者は数名で他は欧米人ばかりだったので道中のバスの中はとても賑やかでした。チンクエ・テッレとは"5つの土地"という意味で、海岸線に点在する5つの村です。カラフルな街並みがとてもかわいらしく、絶景観光地として注目がぐっと上がっているところでもあります。今回は4つの街を訪れ、自由散策の時間もあってとっても楽しい1日になりました。

5つの村の中で2番目に小さい「マナローラ」。急峻な山々に囲まれている町です。

写真②チンクエテッレ1.jpg

次は5つの村の中で1番大きい「リオ・マッジョーレ」。カラフルな街並みが写真映えしますね。

パンフレットでも見かける1枚です♪

写真③チンクエテッレ2.jpg

リゾート地として一番整備されていて、「リオ・マッジョーレ」の次に大きく、5つの村の中で賑わっている街が「モンテロッソ・アル・マーレ」。ここのランチ(手打ちパスタ)もとってもおいしかったです。

イタリアリピーターの方にもオススメの観光地ですが、リゾート感満載の夏に訪れるとなお楽しめると思います。

写真④チンクエテッレ3.jpg

最後の街からは船でバス乗り場まで戻ります。船からは対岸の町並みを順番に見ることができて全体像もしっかりチェック!フィレンツェからなら終日かかりますが充実した1日になりました。

水の都ベネチアへ

フィレンツェからは列車でベネチアへ。今回はせっかく行くのでベネチア本島の宿泊にしました。ベネチアは運河の街で、ヴァポレットという水上乗合バスに乗って移動します。スーツケースはベネチアに持ち込むのは不便なので、フィレンツェのホテルに預かってもらい、一泊分の荷物で移動します。以前訪れたときはベネチアは日帰りで数時間立ち寄る観光のみだったので、今回は優雅にサンマルコ広場に広がるカフェでのんびりお茶も楽しめました!

写真⑤ベネチア.jpg

サンマルコ寺院にある町を一望できる鐘楼にもあがり(ここはエレベーターで上がることができます!)、夕暮れのベネチアはとても美しく、いつまで見ていても飽きません・・・

写真⑥夜のベネチア.jpg

クルーズ船も続々と到着して沢山の観光客がベネチアを訪れます。

写真⑦ベネチア港.jpg

このときは9月でまだ暑く、バカンスで訪れる観光客で賑わい、ゆったりとした雰囲気がとても心地よく感じた滞在でした。お決まりのゴンドラにも乗って、ベネチアを堪能しました!

写真⑧ベネチアゴンドラ.jpg

ベネチアの島巡り!女性にオススメのブラーノ島!

旅先で急遽訪れることを決めたのは、ブラーノ島でした。ヴァポレットで約40分かけて行きましたが、漁村とレース編みの村で、カラフルな街並みが特徴的です。漁師が遠くからでもどれが自宅かわかるように各々壁の色を変えているのだそう。どの光景を切り取っても写真映えする街並みに大興奮でした!

写真⑨ブラーノ島1.jpg

写真⑩ブラーノ島2.jpg

さらにお土産屋さんも沢山あるので、ショッピングも楽しめます。ヴァポレットが頻繁には行き来していないのと、人気の場合にヴァポレットに乗れない場合もあるので滞在時のタイムスケジュール組みは重要ですよ!この時も、期待以上の楽しさに、時間ギリギリまで観光してしまいました。またいつかゆっくり行きたい観光スポットです!

イタリア・・食事の新しい発見!

イタリアのレストランはどこに入っても美味しく満足だったのですが、今回一番の盛り上がりを見せたのは(笑)、ミラノのスーパー「EATALY(イータリー)」。食材やおしゃれなお土産を見つけることができ、ミラノ店はイートインコーナーもあってスーパーの中でご飯も食べられます。これが、安くて美味しかったんです!!食材の買い出しのためにまた「EATALY」に行きたいなぁと思うほど。雰囲気もとってもおしゃれなお店です。ちなみに、日本でも東京にあるようですが、高いので訪れていません・・!ぜひミラノに行ったときには訪れてみてください♪

写真⑪イータリースーパー.jpg

(イータリースーパー)

何度訪れても飽きないイタリア

今回は個人旅行ということで列車を使って移動しました。実は列車の旅で一度失敗している私。以前スペインを列車で移動したのですが、スーツケースの置き場を気にしなかったので、大変なことに・・・・。重たいスーツケースの置き場がなく、足の前に置くしかなくうずもれながら移動したことがあります。今回はその反省を活かし、4名分のスーツケースをゆっくり置ける場所も確保したかったので、1等や飛行機でいうビジネスクラスのシートを日本から予約していきました。ビジネスクラスといっても、先に予約をしておけばアップグレードの代金はそこまで高くないんですよ(列車の時間や残席数、予約時期でも料金は変動します)。

食事までついているクラスもありあまりの快適さに感動しました。乗車しているお客様もビジネスマンか芸能人?のようなダンディーなイタリア人♪

写真⑫イタリア列車1.jpg

無料でサーブされた料理も本格的です!ちゃんとメニューから選べるんです。メインは4種類位ありました。

写真⑬イタリア列車2.jpg

今回のイタリア旅行もたくさん発見がありました!何度訪れても飽きないイタリア。

みなさんも、ぜひぜひ訪れてみてくださいね!Ciao!

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅するOLあきーた
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/04/26最終更新日:2020/04/26

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.