たびこふれ

ヨハネスブルグで週末を過ごすなら、マーケットに行こう!

記事投稿日:2020/04/09最終更新日:2020/04/09

Views:

ヨハネスブルグはケープタウンに比べて、観光地が少ないといわれることがありますが、ヨハネスブルグには、ケープタウンとはまた違ったストリートバイブスや、さまざまな人種・文化が交差するアートシーンを垣間見ることができます。

そんなヨハネスブルグならではの空気感を満喫できるのが、各地で開催されているウィークエンドマーケットです。

ヨハネスブルグに住むアーティストやクラフトデザイナー、農家さんやレストランがこぞって出店する人気のマーケットは、地元の人から観光客まで、毎回多くの人でにぎわいます。

今回は、数あるヨハネスブルグのウィークエンドマーケットの中で、オススメのものをご紹介します!

目次

rsa2002_2.jpg

Neigborgoods Market(ネイバーグッズ・マーケット)

rsa2002_3.jpg

はじめに紹介するのは、ブラームフォンテインというエリアにて、毎週土曜日に開催されるNeighborgoods Market(ネイバーグッズ・マーケット)です。こちらのマーケットは、ケープタウンでも毎週土曜日に実施されているようです。

2階建ての会場の、1階にはフード、2階にはファッション・アート・クラフトなどが売られています。2階の半分は天井がなく、太陽が拝めます。バーやDJブースもあるので、音楽に体を揺らしながら、おいしい食べ物に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

rsa2002_4.jpg

食べ物は、世界各国の料理やヨハネスブルグの人気カフェの出店などがあり、そこに行けばきっと食べたいものが見つかるはず。各国料理が並ぶさまは、まるでヨハネスブルグにいる多様なバックグラウンドを持つ人々を表しているよう。

2階にあるアート・クラフトコーナーでは、南アフリカ人デザイナーやアーティストの自慢の品が並びます。ちょっとこじゃれた洋服や小物が多いので、センスの良いお土産になること間違いなしです。

rsa2002_5.jpg

バーでは地元のクラフトビールやワインが楽しめます。快晴の日が多いヨハネスブルグで、太陽の下のんびり食べ物とアート、音楽を楽しむのは最高の至福!

ブラームフォンテインは、学校や大学が多く集まる若者の街。またビジネス街でもあるので、常に活気があります。週末の夜には、ナイトクラブでダンスを楽しむ若者が街に溢れます。

ただし、このあたりのエリアはダウンタウンの一角で、中にはあまり治安のよくないエリアもあるので、不必要に歩き回るのは避けましょう。

マーケットに遊びに行く場合は、会場の中に入ってしまえば比較的安全なので、UberやBoltなどの配車アプリで会場入り口まで送ってもらい、帰りも会場まで迎えにきてもらうことをオススメします。

Neighergoods Market

Art on Main(アート・オン・メイン)

rsa2002_6.jpg

Art on Main(アート・オン・メイン)は、近年再開発が進み、アーティストやおしゃれな若者の街として生まれ変わったMaboneng(マボネン地区)で、毎週土曜日に開催されるマーケットです。

rsa2002_7.jpg

開場自体は、Neighborgoods Marketよりも小規模ですが、会場からそのすぐ外にあるFox Street(フォックス・ストリート)にかけて、路上にも多くのお店が並びます。

Fox Street上にもおしゃれなカフェやレストランが並び、マーケットの開催時間には、ブラスバンドやダンサーがパフォーマンスをしているので、一日のんびりしてもよさそう。

出店している店舗の一部はNeighborgoods Marketと被っていますが、Mabonengは周辺に常設のショップも多いので、地区自体を楽しむことができます。

Mabonengは、マーケットがない時期でもぜひ訪れてほしい、ストリートアートやギャラリーも多いエリアなので、アート好きにオススメです。

Art on Main

  • URLhttp://marketonmain.co.za/
  • アクセス: 264 Fox St &, Berea Rd, Maboneng, Johannesburg, 2094
  • 開場時間:毎週日曜日 10:00-15:00

Rosebank Sunday Market(ローズバンク・サンデイ・マーケット)

rsa2002_8.jpg

続いて、ローズバンクで行われている日曜マーケット、Rosebank Sunday Market(ローズバンク・サンデイ・マーケット)を紹介します。

ローズバンクは、これまで紹介した2つのマーケットがあるダウンタウンから少し離れたエリアで、比較的治安が良いことで知られています。Rosebank Mall(ローズバンク・モール)という商業施設を中心に、大手銀行やコワーキングオフィス(共同で仕事をする場所)などが点在していて、ビジネスの中心地でもあります。

rsa2002_9.jpg

そんなローズバンクのマーケットは、中心地にあるRosebank Mallの駐車場が会場です。これまで紹介したマーケットでは若手デザイナーの出店が多いのですが、こちらは、伝統雑貨や農家さんのオリジナル商品の出店も多いです。

大きなモールの中なので、お土産の購入など一気に済ましてしまうのもオススメです。

Rosebank Sunday Market

その他の週末マーケットも

これまでご紹介したのは週末マーケットの他にも、オーガニックフードを楽しめるものや、ファーマーズマーケットなど、各地で多くのマーケットが開催されています。

例えば、中心部から車で30分以上かかってしまいますが、ブラインストンという街で行われているBryanston Organic Market(ブラインストン・オーガニック・マーケットは毎週木曜日と土曜日に開催。オーガニックフードやハンドクラフトなどが楽しめます。

ブラインストンよりもさらに郊外になりますが、フォーウェイズというところでも、毎週金曜日15:30~22:30まで、Fourways Farmers Market(フォーウェイズ・ファーマーズ・マーケットが開催しています。

レンタカーを借りている方は、少し遠出をして、マーケットを楽しむのも良いですね。

まとめ

各地で開催されているマーケットですが、会場ごとに客層や雰囲気が異なります。

ヨハネスブルグではクレジットカードが普及しているので、こうした小さなマーケットでも、カードが使えるところも多いです。ただし、クラフトやハンドメイド商品だと、少額だとカードが使えないところもあるので注意。

どこでも共通しているのは、だれでもウェルカムでオープンな雰囲気であることです。ヨハネスブルグ滞在が週末に重なる人は、ショッピングやおいしいごはん、地元の人との会話をぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ばん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/04/09最終更新日:2020/04/09

Views:

南アフリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.