たびこふれ

憧れの北海道「羊蹄山」に登ってみました

記事投稿日:2020/02/19最終更新日:2021/03/05

Views:

みなさんこんにちは^^
ここ2・3年で山ガールになりまして、憧れていた北海道の富士山『羊蹄山(ようていざん)』へ登山しました。どうせ、辛いだけなんでしょ??と思うかも知れませんが...正直辛かったです(笑)。
そしてとっても綺麗!!絶景です!!
登ったひとだけが得られる感動ですが、登っていないみなさまにも感動をお伝えしたいと思います。

目次

羊蹄山とは

まずは羊蹄山についてお話しましょう!
羊蹄山は北海道後志地方の南部にある成層活火山(複数回の噴火により、溶岩や火山砕屑物などが積み重なり形成されたもの)で標高1,898mです。ほかの山とは接続がなく、きれいなシルエットを描き出しているのです。

4つのコース

羊蹄山には4つの初心者から上級者向けのコースがあり、初心者には倶知安コースか真狩コースがおすすめです。私も見栄を張らずに倶知安コースから登り始めました。最も利用者が多いそうです。倶知安観光協会のデータによると、倶知安コースは登り5時間・下り3時間45分だそうです。

>「羊蹄山」登山コースの詳細はこちら(倶知安観光協会HPへ)

いざ出発!!!

朝8時に登山開始!!

画像①.jpg

早朝に作ったおにぎりとカップラーメンとたくさんのお菓子を持ってドキドキ・ワクワクです♪

最初は緩やかな林間コースで木々に覆われた緩やかな道を歩き、のんびりとウォーミングアップできる程でした。『空気がきれいだな~』と清々しい気分♪

ですが、20~30分くらいで急に傾斜がきつくなります。急な坂が途絶えることなく、三合目に到着するときには『あれ?足が前に進まない...』さすがに不安になりました。

山なので、気温や気候の変化が著しく雨が降ったりで快適な登山とは言えず。

素敵な出会い

五合目到着!!いかにも登山慣れしているグループが下山して来ました(ご来光を見てきたのかな?)。

そして険しい顔をしている私たちに塩あめが1粒渡して、談笑し、さわやかな笑顔で下山して行きました!登山の良いところは、やはり他人でも声をかけて助け合うことです^^

塩飴すごくおいしかったよ!ありがとうございました!!

画像②.jpg

6合目...。

画像③.jpg

7合目...。

登るのに精一杯でしたが、目の前に広がる景色に驚きました。

空に広がる絶景

雲海が目の前に広がっていました!!

画像④.jpg

一面に広がる白い雲が、まるで海のように見えることからその名がついた"雲海"。まさに名前の通りで、辛さなど忘れてしまう程の景色。天空に広がる世界は、私たちが想像するよりも美しく神々しい絶景でした。

画像⑤.jpg

9合目から10合目まですごく長いように感じました。羊蹄山には立派なお釜があり、写真では伝わりにくいと思いますが大きなお鉢なんです!!

画像⑥.jpg

頂上へ

お釜をぐるっとまわり、山頂に到着です。かかった時間、6時間!!!頑張りました!!(笑)

画像⑦.jpg

山頂はゴツゴツしていて休むスペースがないため、少し山頂から下山したところでお昼休憩~~!待ってました★

豪華なランチ

買ったばかりの山用の鍋に水を入れて、バーナーで沸かします。いつものカップラーメンが山では100倍おいしく感じるのです。おにぎりももちろん100倍おいしい!!(笑)
疲れなんて吹っ飛びました!幸せです(BIGには触れないでください)。

画像⑧.jpg

今度は山ごはんに挑戦しますね^^

下山が危険

ランチを食べて終わり...ではなく、登ったら下山しなければいけないのが登山。

そして下山が一番気を緩められないのです!!山は雨が降ったり止んだりするので、岩や土が異常に滑るのです。そして、下山中に筋肉痛。足がプルプルしました。
とはいえ、無事に下山!!無事に下山できたことが何よりです!

登り6時間、昼食40分、下り3時間程。10時間程、山にこもっていたのですね。正直辛かったですが、それよりも景色が素敵だった事・人の優しさに触れたこと・登り切った事が嬉しいです。
あとは...。

パワースポット

この山は女性の持つエネルギーを高める力を持っており、女性らしい気品を引き出し、男性を引き付けるパワーがあるとか???女らしさを求める女性・恋する女性にぴったりですね♪
ぜひ登る際はマナーを守って登山してくださいね!

プロフィール画像
この記事を書いた人
S A Y A
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/02/19最終更新日:2021/03/05

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.