たびこふれ

【バンデージョ】ムケッカはブラジルの海鮮シチュー!

記事投稿日:2020/03/03最終更新日:2020/03/03

Views:

ボン・ジーア!ゆまです。

ブラジル料理と言えば、シュラスコ、フェジョアーダ、ポン・デ・ケージョ、パステル...調べると定番料理がたくさん出てきます。そんな中、ぜひお勧めしたいのが「ムケッカ」です!ブラジルの海鮮シチューとも言えるムケッカは、海鮮をじっくり煮込んだ味わい深い料理です。

今回は、ムケッカをメインに最近取材した【バンデージョ】というレストランをご紹介します。

目次

1. ムケッカはこんな料理!

ムケッカは、ブラジル先住民の影響を受けたと言われる料理です。中には、魚、エビ、ロブスターが入っており、これに玉ねぎ、トマト、オリーブ・オイル等が入ります。これを伝統的な土鍋でグツグツ煮込むと最高!癖がなく、魚の美味しい味が口に広がります。これがとっても美味しくて、日本人の口にあります。これにご飯、ピロン(キャッサバの粉と魚介スープで作るソース)、ファリーニャ(キャッサバの粉)がついてきます。

これがムケッカ!.jpg
<これがムケッカ!>

2. ムケッカには2種類ある?

ムケッカは、元々はエスピリトサント州という場所の料理でしたが、今はエスピリトサント州の「ムケッカ・カピシャーバ」と、北東地域のバイーア州の「ムケッカ・バイアーナ」の2種類があります。違いは、バイーア風はココナッツミルクやパーム油が入っていること。こちらは、アフリカ料理の影響を受けていると言われているそうです。ココナッツが苦手という人は、癖のないエスピリトサント州の「ムケッカ・カピシャーバ」がおススメですよ。ちなみに、筆者がおススメする【バデージョ】は、エスピリトサント風です。

3. 高級住宅地のモエマ地区にある【バデージョ】

【バデージョ】は、サンパウロにはあまりないエスピリトサント州の「ムケッカ・カピシャーバ」を食べることができます。筆者が食べたのは、「モーダ・ダ・カーザ」というメニュー。エビ、魚、ロブスター、カニ、イカ、ムール貝に似た貝が入っていて、何とも豪華!贅沢な料理です。

食事の最初には、「タコのマリネ」や「カスキーニャ・デ・シリー」というカニの殻に肉が沢山つまった料理を食べました。さらに、店の人が勧めてくれたミナス・ジェライス州の地ビールを合わせて飲んだのですが、これがまた美味しかったです!

ちなみに、店の名前の【バデージョ】ですが、ブラジルで採れる魚の名前からきているそうですよ。

カスキーニャ・デ・シリー.jpg
<カスキーニャ・デ・シリー>

タコのマリネ.jpg
<タコのマリネ>

4. まとめ

広大な国、ブラジルにはまだまだ美味しい料理がたくさんあります!シュラスコがあるからか、肉のイメージが強いですが、実は北の方は海鮮料理がとても美味しいんですよ。ブラジルを訪れた際は、ぜひ色々な料理を試してみてください。特にムケッカはおススメですよ!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ゆま
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/03/03最終更新日:2020/03/03

Views:

ブラジルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.