たびこふれ

ニュージーランドならではの農業を体験!

記事投稿日:2020/02/12最終更新日:2020/02/12

Views:

私が住むニュージーランドの南島にあるネルソンで、毎年行われる大きなイベントに行って来ました。ニュージーランドならではの農業を紹介しているイベント「A&P Show (農業&牧場審査会)」では移動遊園地のカーニバルも開催され、農業で実際に行われている仕事の風景やコンペティション、ニュージーランドで大切に育てられている動物たちを近くで見ることが出来ます。

目次

薪割りコンペティション

農業-01.jpg

「A & P Show」の会場に入るとすぐに「トントントン」と木を切る大きな音が聞こえてきました。たくさん人が集まるところへ行ってみると、直径30センチ以上もあるだろう太い木を勢いよく斧で割っていきます。選手はそれぞれ、自ら木を台に設置し、斧で気を叩く位置にチョークでしっかりと印を入れ、本番の前には気を叩く角度のイメージトレーニングをする姿も見受けられます。どれだけ素早く気を割ることが出来るのかを競うこの競技では、林業で経験を積んだ人たちの情熱をひしひしと感じました。

羊の毛刈りは職人技!

農業-02.jpg
<次から次へと刈られていく>

スタートの合図と共に羊をシェーバーのある台へ乗せ、一気に毛を刈り取っていきます。「Shearing(シェアリング)」と呼ばれる羊の毛刈りは、ニュージーランドのウール産業には欠かせない仕事のひとつです。羊をしっかりとコントロールし、全く暴れることのない羊を一頭を刈るのに数分しかかかりません。そして、刈った毛を素早く集め、ダメージ部分と使える部分に分けていく作業にも職人技を感じました。

ウールを毛糸にする作業に挑戦

農業-03.jpg
<昔ならではの作業>

ウールを毛糸にする作業に挑戦してみましたが、思った通り全くうまくできませんでした。ひとたまの毛糸を作るのに何時間もかかる昔ながらの糸車を使った作業はとても難しく、今では少なくなっていますが、こういった糸車が家庭に一台あったと、糸車の使い方を教えてくれた方が教えてくれました。

大きなカーニバルが見えてきた

農業-04.jpg
<ワイワイと賑やかなカーニバル>

大きな広場にやって来ていたカーニバルにははたくさんの人たちが集まっています。空気の入った大きな滑り台の「bouncy castle(バンシーキャッスル)」や、観覧車が見えて来ました。

農業-05.jpg
<おもちゃが当たるくじ引き>

農業-06.jpg
<ボールを人形の口に入れます>

色とりどりのぬいぐるみやおもちゃが並んだくじ引きのお店は子供たちに人気です。カーニバルではお馴染みの、ホットドッグやアイスクリーム、ポテトやアメリカンドッグが売られています。ドーナッツの生地にソーセージが入って串刺しになっているアメリカンドッグは日本での名称で、ニュージーランドではコーンドッグと呼ばれます。

農業-07.jpg
<椅子がぐるぐる回る乗り物>

日本の遊園地にもあるような乗り物がたくさんありました。観覧車をはじめ、ゴーカートや椅子がぐるぐる回るものや、立った状態で回るもの、飛行機の形をしたメリーゴーランドがありました。ただ、日本の遊園地と違うのは、乗り物から食べ物、くじ引きのお店すべてが移動式である事です。ゴーカートや観覧車もすべて移動式になっています。

羊飼いと犬のチームワーク

農業-08.jpg
<観客も見守る>

たくさんの観客が集まるのは、羊飼いと羊を追いかける犬たちのチームワークを審査する「Dog Trials(ドッグ トライアル)」です。シープドッグと呼ばれる羊飼いの人たちと働く犬たちは、訓練され真剣そのもので、飼い主の合図にしっかりと答え、羊を追いかけながら、100メートル以上も離れたところにある小さなゲートに羊たちを送り込みます。シープドッグに指示を出す羊飼いの選手は、身振り手振りに合図を出すのではなく、小さな笛で指示を出し犬たちを信用して見守るだけです。羊飼いの長年の経験と、大切な犬たちとのつながりを強く感じ取ることができました。

自慢の動物たち

農業-09.jpg
<鶏の審査会場>

こちらの会場では大切に育てられた鶏を審査し、審査結果の発表が行われていました。たくさんの鶏が並ぶ中、賞を取った鶏の小屋にはリボンが飾られ、一度にいくつも賞を取った鶏もいました。

様々な乗り物の展示会

農業-10.jpg
<大きな船が展示>

ニュージーランドでは人気のボートや船も展示会場で展示され、様々な機能が付いた新しいモデルの船やボートを見ることが出来ました。

農業-11.jpg
<ヘリコプターも待機>

「Helicopters Nelson NZ(ヘリコプター ネルソンNZ)」が、今回のイベントで人々が気軽に乗れるよう、ヘリコプターを待機させていました。国立公園などへ、ヘリコプターで訪れる観光が人気ですが、大きな荷物の移動や山火事の手助けも行うなど、ニュージーランドではとても大切な乗り物のひとつです。

ニュージーランドの農業に触れてみよう

ニュージーランドを訪れ、バスや車での移動中には必ずと言って良いほど羊や牛、馬の姿を見かけます。牧草地でシープドッグたちが羊飼いと共に羊を追いかける姿や牛の大移動に遭遇することもあります。そして、宿泊施設を選ぶ時には、牧場や農家のお家に泊まるファームステイもありますので、旅行中にニュージーランドの農業を見学、体験できる機会がありましたら、是非チャレンジしてみて下さい。動物たち、農家の人たちと触れ新たなニュージーランドの発見があるに違いありません。

詳細

  • イベント名:A&P Show(農業&牧場審査会)
  • 住所:358 Lower Queen Street, Nelson 7020, New Zealand
  • 営業時間:9:00am-5:00pm ※毎年11月に一度開催
  • 入場料:大人$15.00/子供$5.00/ファミリー$25.00
  • 公式サイトHP:https://www.richmondpark.nz/

プロフィール画像
この記事を書いた人
MIKKI
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/02/12最終更新日:2020/02/12

Views:

ニュージーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.