たびこふれ

旅は道連れグランドサークル【Part 4】フォレスト・ガンプのロケ地からユタ州の奥へ向かうモデルコース

記事投稿日:2019/10/30最終更新日:2019/10/30

Views:

モニュメントバレーで、ウエディングフォトの撮影のあとUT163、UT261、UT191を北上し,、自然のモニュメントやロックアートの豊かなコロラド高原のメインエリアでもある、ユタ州の奥へ向かうモデルコースをご案内してます。

目次

モニュメントバレーでウエディングフォトの撮影

4月上旬にモニュメントバレーで、ウエディングフォトの撮影のお手伝いをしてきました。

No3.JPG

なかなかモニュメントバレーの風景とウエディングのイメージが、ここまでマッチするとは!以外でとても楽しい時間になりました。オフシーズンだというのにイタリア、ドイツ、スイス、中国からの観光客も多く、やはり人気なスポットですね。イタリアの方は、結婚50周年の記念の旅だそうで、写真を一緒に写したり、お祝いのギフトやら祝福のシャワーもあり、モニュメントバレーの壮大さと優しさを感じました。

No4.JPG

このコロラド高原のあたりは、以外にも標高が1,000m~1,500mくらいあり、高山砂漠気候なので、春先(3~4月)と秋ごろ(10月)でも、マイナス気温、雪が舞うこともあります。特に朝日夕日を見たい方は、軽い防寒(ジャケット、帽子など)は必要になります。

Forrest Gump Point (フォレストガンプポイント)

モニュメントバレーを後にして、1994年にヒット!した映画【FORREST GUMP】のロケ地になったForrest Gump Point(フォレストガンプポイント)に向かいます。

No1.JPG

"Life is like a box of chocolates. You never know what you're gonna get"のセリフとともに主人公のフォレスト・ガンプを演じたトム・ハンクスが走るラストシーン印象的でしたね。

そのロケになった場所としても知られるようになり、【フォレスト・ガンプ・ポイント】と呼ばれるようになったのだそうです。

No5.JPG

このあたりを夕方通過することが多くて、先日ウエディングフォトのお手伝いをした時に、【フォレスト・ガンプ・ポイント】で撮影したいというご希望があり、映画とこの場所がはじめて繋がりました。

実際に撮影してみると、モニュメントバレーが一望できて、味わいのある風景で見とれてしまいます。4月のオフシーズンでも結構、ツーリストで賑わっていて、順番待ちで撮影する感じです。

場所的には、モニュメントバレーから20分、メキシカンハットから10分くらい。これといってマークはないので、風景と道沿いのジュエリーの露店を目印にしてくださいね。

Mexican Hat Rock (メキシカンハットロック)

No6 dreamstime_m_121896478.jpg

Mexcian Hat(メキシカンハット)から5分くらい、UT163から2161に入ると、セルフのゲートがあり、自由に入場できるようになっています。

ちょうど訪れたのが日の入りころで、遠目にUFOが離陸中なのかと思い感激しました。近くで見ると結構大きくて、高さ3m以上、岩の幅も18mくらいあります。この岩のまわりを歩いてみたら、ところどころに岩絵がうっすらと残っていました。

Mexican Hat(メキシカンハット)

メキシカンハットの街は、人口35人くらい、ナバホネーションの北の境界線にもなります。いくつかのホテル、ギフトショップ、レストラン、ガスステーションのあるウエスタンの小さな街です。

モニュメントバレーでの宿泊で、一番人気のあるのは、The View HotelやGluding lodgeですが、オフシーズンでない限り空きがなく、カヤンテのホテルにするケースが多いのですが、特にフォレストガンプポイントの朝日、夕日、メキシカンハットロックをゆっくり撮影したい方には、メキシカンハットのホテルもおすすめです。

【Mexcian Rock inn】の1ルームのお値段で、【Mexican Hat Lodge】では、トレーラーハウスの2~3ベットルームで同じお値段で、プライバシーもあります。一度グループで宿泊したことがあるのですが、普通のホテルタイプ部屋もあり$70~$80くらい、トレーラーハウスタイプは、1棟$150~$200くらいです。5~8人で利用することもできます。キッチンもついているので、外食に疲れたときのも、料理ができて嬉しいかったです。こちらホテル予約のサイトにはあまり載っていないので、メール、電話での予約になります。

ホテルに隣接している【Swingin' Steak】ウエスタンスタイルの焼きたてほやほやのBBQデイナー、1人前がボリュームあり!2人でちょうどいいかもです。夏はビアガーデンのようになっていて、カントリーウエスタンミュージックのバンドの演奏も楽しめます。かなりローカルですけど、ウエスタンミュージック界では、知られているバンドのサイドビジネスだそうですよ。

Gooseneck State Park (グースネックス州立公園)

No7 dreamstime_m_5352253.jpg

メキシカンハットから15分くらいでです。入場無料は車1台$5で、キャンプする場合には$10

オープンスペースで展望できるようになっています。遠くの方にメサが見えて壮大感があり、パノラマ撮影おすすめスポットのひとつです。ロッキー山脈を水源にサン ホアン川の流れ込み、ここを蛇行してパウエル湖へ注ぎ、グラウンドキャニオンのコロラド川に繋がっています。ホースシューバンドより混んでいないのでリラックスできて、長距離ドライブの休憩場所にもよいと思います。

Bear Ears National Monument(ベアー・イヤーズ国定記念物)

191を北上して、Mexican Hat(メキシカンハット)を超えてからUT-216Sへ、UT-95Nに入るとサインが見えてきます。メキシカンハットから1時間半くらい掛かります。

No8 bear-ears-national-monument-4005920_1920.jpg

このベアー・イヤーズのエリアは、岩絵や遺跡がたくさん残っているためにアメリカ先住民の独立した部族5つ(ホピ族、ナバホ族、ユインタ族、ユーレイ・ユート族、ユート・マウンテン・ユート族、ズーニ族)ベアーズ・イヤーズの文化遺跡として190万エーカーのこの地域を国定公園に指定されるように、長い間力を注いでいます。未だに観光地としては、情報も少なく有名ではありませんが、ロッククライミングやバイクライディングや考古学的に注目されてきていて、米国南西部のネイティブアメリカンの人々にとっては、祖先の故郷と呼ばれていて、神聖的な遺跡や岩絵が10万以上点在する地域になります。

No9 along-indian-creek-4005928_1920.jpg

Newspaper Rock State Historical Monument(新聞ロック州立歴史記念碑)

Monticello(モンティセロ)の街を超えて、UT-211wに入り12マイルくらいで右手に見えてきます。キャニオンランドにゆく手前の、インディアンクリークにあります。ベアーズ・イヤーズから1時間半くらい掛かりますが、パーキングのすぐそばで、ハイキングする必要もなく見学できます。

この岩絵の彫刻は、650年~2000年くらい前から、古代プエブロ人、フリーモント、ナバホ族、イングランド人...によって加えられ、こんな大規模な岩絵になったということですが、5m四方の岩にたくさんペクトグリフ(彫刻)のメッセージが込められています。一体何のメッセージなのか?狩猟と農耕がミックス、宇宙的な感じもあり、とても気になる岩絵です。この岩絵はベアー・イヤーズ国定記念物にも含まれています。

No11 indians-3675128_1920.jpg

Canyonland National Park (キャニオンランズ国立公園)

Moab(モアブ)の街を拠点に、メサ、アーチ、フードゥー、ビュート、キャニオンといろいろな風景を楽しめますが、ここは移動距離が半端でないので、お時間のない方は、Island in the Sky(アイランド・イン・ザ・スカイ)で半日あれば十分満喫できると思います。

Island in the Sky (アイランド・イン・ザ・スカイ)

Moad(モアブ)から40分くらいで、公園内でも、道も舗装されていて一番アクセスしやすいスポットです。

グリーンリバーとコロラドリバーの間にあるメサが、天空の島のようで「アイランド・イン・ザ・スカイ」と呼ばれるようになったそうですが、メサ・アーチでの日の出は最高です!早起きはきついですが、気持ちよいスポットです。

No12 sunset-1802028_1920.jpg

トレイルもいろいろあるので、Mesa Arch(メサ・アーチ)、Grand View Point Overlook(グランドビュー・ポイント)、Buck Canyon Overlook(ブックキャニオン・オーバールック)、Green River Overlook(グリーンリバー・オーバールック)などゆっくり廻るのもいいですね。

No13 dreamstime_m_90004687.jpg

The Needle (ニードル)

No14 landscape-1784761.jpg

モアブから2時間くらい掛かり、バックカントリー体験できますが、4WDのレンタカーが必要になります。突起したフードゥーの景観がなんともユニークで幻想的で、ここまでドライブしてきてよかったなと思いました。

The Maze (メイズ)

No15 landscape-2141764_1920.jpg

ここは一番離れたエリアで、私たちもまだチャレンジしたことはないのですが、名前が「迷路」というのも魅力的ですが、モアブから164マイルと片道6時間以上かかり、宿泊施設がないので、キャンプの準備、4WD、お天気の判断必須!キャンプや登山に慣れた、かなり上級者向きコースですね。

Horseshoe Canyon (ホースシュー・キャニオン)

モアブから1時間くらいのグリーンリバーの街から、南に30マイルのダーツロードを1時間半くらい。お天気なら2WDでも大丈夫です。Great Gallery Rock Art(グレイト・ギャラリー・ロック・アート)へのトレイルは、初めの下りと帰りの登りが、結構急斜面できつかったです。でも往復11kくらいのハイキングで、5~6時間あれば、ゆっくりロックアートを廻れます。夏のキャニオンの底は、40度は軽く超えるので、帽子、水、軽食は持参してくださいね。

コロラド高原のあちこちに、ロックアートが残っていて、古いものは4000年~2000年くらい前に刻まれたものだそうですが、そのころは水が豊かで肥沃だったのかな?ホースシュー・キャニオンのエリアのロックアートは、特に狩猟最終時代の流れも感じます。このグレイト・ギャラリー・ロック・アートは、1971年に国立公園に認定されるまでは、秘境のスポットだったそうで、ペトログリフ(彫刻)されたものとピクトグラフ(染料で描いた岩絵)がクリアーに残っていて、とても貴重なロックアートと思います。

No16 dreamstime_m_67127207.jpg

動物優先道路

No17.JPG

ドライブの途中で、対向車もあまりないのですが、放牧が行われているので、羊や牛の放牧の群れが横断したり、野性の馬や鹿、コヨーテなどが飛び出してくることがあります。早朝、夕方お腹が空いたころに、道沿いの草を食べに出てくることが多いようで、動物優先道路で止められることもありますよ。それよりつらいのは、スカンクに出会ったとき!!警戒の手段なのかもしれませんが、もう臭いが強烈でたまりません!!グランドサークルの奥に行くほど、動物の数の方が多くなるので、お気を付けくださいね。

No18.JPG

長距離ドライブもきついと思うので、モアブ、グリーンリバーのホテル宿泊、RVキャンプなどしながら、この辺をゆっくり廻るのもいいと思います。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
スペンサーサチエ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/10/30最終更新日:2019/10/30

Views:

アメリカのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.