たびこふれ

ファン・ゴッホも祈りを捧げた秘密の中庭オランダ「ベギンホフ」

記事投稿日:2019/10/27最終更新日:2019/10/27

Views:

アムステルダムの中心街にある『ベギンホフ(Begijnhof)』は、14世紀に創建されたベギン会修道院の跡地です。かつて修道女たちが暮らした家々に囲まれて、美しい「秘密の中庭」があり、ファン・ゴッホが祈りを捧げた教会も残されています。

目次

修道女たちの「秘密の中庭」

1909_01_Begijnhof.jpg

アムステルダムの繁華街から一歩入ると、まるで別世界のような『ベギンホフ(Begijnhof)』が広がります。赤レンガ造りの家々に囲まれた端正な中庭には、キリストや修道女など幾つかの像が立ち、静謐を湛えています。

かつてこの場所にはベギン会修道院がありました。その歴史は14世紀に遡り、1971年に最後の一人が亡くなるまで、修道女たちが半聖半俗の共同生活を送っていました。

1909_02_print1544.jpg
<1544年頃のベギンホフ。ベギン会の修道女たちには結婚や労働、教育の自由があり、ベギンホフは進歩的な共同体でした>

中世の面影を残す建造物

1909_03_garden.jpg

ベギンホフには47の住居に囲まれた端正な中庭があります。中世のアムステルダムで造られた唯一の中庭で、現在でもその標高は中世のまま、周辺より1mほど低くなっています。

1909_04_gate east.jpg

建造当初のベギンホフは堀に囲まれ、東側のエントランスには橋が架けられていました。現在では1574年に建造された門が残されています。アーチの要石には、ベギン会修道院の守護聖人ウルスラが据えられています。

1909_05_gate south.jpg

初めてベギンホフを訪れる方には、18世紀に建造された南側のエントランスから入ることをお勧めします。大きな扉の奥に、ヴォールト天井で覆われた薄暗い通路があり、別世界にいざなわれるような感覚を味わえます。

1909_06_Houten Huys.jpg

ベギンホフに建ち並ぶ家々は、多彩なファサードで目を楽しませてくれます。なかでも南西の角に建つ三角屋根の『ハウテン・ハイス(Houten Huys)』は、市内最古の木造住宅として一見の価値があります。アムステルダムに現存する木造住宅はこの『ハウテン・ハイス』を合わせて2軒のみで、どちらもオランダの国家遺産(Rijksmonument)に指定されています。

2つの礼拝堂の物語

1909_07_English Reformed Church.jpg
<Photo:Rijksdienst voor het Cultureel Erfgoed>

ベギンホフには現在2つの教会があります。中庭を見下ろすように佇むのは『英語改革派教会(English Reformed Church)』、もうひとつはベギン会修道院の「隠れ教会」です。

美しい尖塔をもつ英語改革派教会の建物はもともと、ベギン会修道院の礼拝堂でした。宗教改革の真っ只中にあった1578年、プロテスタント政府が礼拝堂を閉鎖し、終にはその所有権をイギリス長老派教会に譲渡してしまったのです。

1909_08_print.jpg
<長老派教会に取って代わられた礼拝堂。1650年~1675年頃。Photo:Stadsarchief Amsterdam>

礼拝堂を奪われた修道女たちは悲嘆にくれ、1654年に逝去した修道女アレンスの伝説も生まれました。アレンスは長老派教会に「冒涜された」礼拝堂ではなく、中庭の堀に埋葬されることを望みましたが、この遺志に反して礼拝堂に埋葬すると、翌日には棺が堀の中で見つかるということが繰り返されたのです。最後にはアレンスの望み通り、堀に埋葬されることになりました。

1909_09_Begijnkapel.jpg
<ベギン会修道院によって造られた隠れ教会『ベギンホフ・カペル』の祭壇(左)と身廊>

修道女たちは居住スペースを改装して「隠れ教会」を造りました。1682年の創建時には150人の修道女たちが祈りを捧げた『ベギンホフ・カペル(Begijnhofkapel)』は、現在もなおカトリック教徒の信仰の場であり続けています。毎年3月には、国内外から多くのカトリック教徒が奇跡の巡礼(Stille Omgang) に訪れます。

一方でプロテスタントの英語改革派教会も発展を続け、日曜礼拝や特別礼拝の他に、1970年代以降は室内楽のコンサートなどが開催されています。教会創立400周年を迎えた2007年には、イギリスのエリザベス女王とフィリップ殿下が、オランダのベアトリクス女王に伴われて礼拝に参加しました。

諍いの歴史を後世に伝えつつも、2つの教会はベギンホフで、穏やかに向き合って佇んでいます。

ファン・ゴッホの安らぎの場所

1909_10_winter.jpg
<Photo:Stadsarchief Amsterdam>

ベギンホフは私にとって、日常の雑音から離れ、心を鎮めることができる場所です。修道女の姿は絶えても、そこに在り続ける祈りの静寂、そして身の引き締まるような清々しい空気が好きで、よく足を運びます。

1909_11_Gogh.jpg

狂おしいほどの情熱で絵筆をふるったファン・ゴッホもまた、ベギンホフで祈りを捧げていました。

「明日の朝、僕は英語教会に行こう。静かなベギンホフの夕べに、いばらの垣根の中、平和を湛えて座しているあの教会へ。 この地に平和を与える、と主は言われる。アーメン、かくあれかし」ファン・ゴッホ

Information

ベギンホフ Begijnhof

  • ウェブサイト:http://begijnhofkapelamsterdam.nl/
  • 住所: Begijnhof, 1012 AB Amsterdam
  • アクセス:トラム2, 11, 12番Spui下車徒歩1分
  • 開園時間:9:00~17:00

ベギンホフ・カペル Begijnhofkapel

  • ウェブサイト:http://begijnhofkapelamsterdam.nl/
  • 住所: Begijnhof 29, 1012 WT Amsterdam
  • 営業時間:月:13:00~18:30/火~金:9:00~18:30/土日:9:00~18:00

英語改革派教会 English Reformed Church

※施設の詳細やアクセス方法など掲載内容は2019年9月現在のものです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kayo Temel
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/10/27最終更新日:2019/10/27

Views:

オランダのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.