たびこふれ

南西フランスでそれぞれ違った特徴を持つ可愛らしい田舎町巡り

記事投稿日:2019/08/30最終更新日:2019/08/30

Views:

目次

天空の村「コルド・シュル・シエル」

あるジブリ作品のモデルになったとも言われている天空の村コルド・シュル・シエル。小高い山の至る所に建物が建っていますが、歩いて登ることもできます。

全体.jpg

プチトレイン.JPG

可愛らしいプチトレインに乗ってゆっくり登っていくのも楽しみの1つです。

街中.JPG

村の中にはレストラン、ショップなど可愛らしい建物が建ち並び、散策を楽しむことができます。

丘陵地.JPG

また、小高い山にそびえたつ村からなので、周囲の景色を一望でき、のどかな丘陵地帯を眺めるのもおすすめです。

フランスの最も美しい村と言われた「サン・シル・ラポピー」

「サン・シル・ラポピー」はロット川の渓谷の断崖に貼り付くように家屋が建っている村で、2012年にフランスの最も美しい村初代1位をとったことで有名です。

サンシルラポピー.jpg

現在も住民が住んでおり、古いままの建物が残っており、趣がある村です。建物も可愛らしく、村もコンパクトで迷うことなく散策を楽しむことができます。村までのアクセスは細い道を通り、不便ですが、世界中から観光客が来るほど人気があります。

ロット川渓谷.JPG

村の中にある崖の上には展望台があり、ロット川と渓谷の自然豊かな景色を一望でき、フォトスポットとしてもおすすめです。

断崖絶壁にそびえ建つ巡礼の街「ロカマドール」

「ロカマドール」はスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへ続く巡礼地として知られており、世界遺産にも登録されています。

ロカマドール.JPG

街は3段に分かれており、断崖の下にはメインストリートがあり、ショップやホテルなどが建ち並び、中段は教会、礼拝堂等が建ち並び、上段はお城がそびえたっているという珍しい構造になっている断崖に貼り付いたような街です。中段までは216段の階段があり、現在は下の街から中段までエレベーターで登ることができますが、当時巡礼者は両膝を付いて登ったと言われています。

夜景.JPG

夜はライトアップされ、幻想的な景色を見ることもできますので、「ロカマドール」観光の際は、是非この街に宿泊して、夜景もお楽しみ下さい。

最後に

南西フランスの観光地は日本人にはあまり知られてませんが、それぞれ違った特徴を持つ可愛らしい田舎町が点在しており、実際に行ってみると感動する景色や街並みに出会うことができます。今回は触れてませんが、ご飯もおいしいです!

フランスに一度行ったことがあるといった方も二度目は南西フランスに行ってみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ひごもっこす
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/08/30最終更新日:2019/08/30

Views:

フランスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.