たびこふれ

イタリア・イスキア島最古のワイナリーで、土着品種の白ワインやルッコラ酒を楽しもう

記事投稿日:2019/08/18最終更新日:2019/08/18

Views:

旅行に行ったら、その土地でしか食べられない食材やお酒などを楽しんでみたいですよね。イタリアはナポリ湾西部に浮かぶイスキア島には、そんな望みを叶えてくれるワイナリー「Perrazzo(ペラッツォ 以下文中ではPerrazzo表記)」があります。

1880年創業の「Perrazzo」は、この島ならではのワインを現在も作り続けており、見学も可能。この記事ではそんなPerrazzoの概要と、イスキア島の名産であるお酒についてご紹介します。

目次

1. イスキア島で、一番古いワイナリー「Perrazzo vini d'Ischia」

csイスキア島-ワイン-02.jpg
<撮影:La luce del Sud>

正式名称「Perrazzo vini d'Ischia(ペラッツォ・ヴィ―二・ディイスキア)」は、イスキア島で最初に開業したワイナリー。創業1880年という、長い歴史を持つ老舗ワイナリーです。イスキア島のブドウから作られる白ワイン「ビアンコレッラ」やルッコラの食後酒など、イスキアならではのお酒を作り続けています。

店内奥にはワイン製造場だった洞窟が

csイスキア島-ワイン-03.jpg
<撮影:La luce del Sud>

お店はワイナリー兼ショップの構造となっています。こぢんまりとしていて綺麗な店内ですが、なんと奥にはワイン造りで使用されていた洞窟が保存されています。かつてはこの洞窟でワインを作ったり保存したりしていたそうです。現在は、ワイン製造で使われていた古い道具や樽などが残されており、見学できるようになっています。

csイスキア島-ワイン-04.jpg
<撮影:La luce del Sud>

見学するための予約は必要ありませんが(※ライター執筆時の情報です)、スタッフが空いているときに対応してくれる形となっています。洞窟自体は小さいものの、醸造しているワインの特徴やワイナリーの歴史と一緒に、イスキア島の説明などもしてくれるため観光するときの参考にもなります。特に、ワインや歴史が好きな人にはとても面白い時間を過ごせることでしょう。

2. イスキア島の土着品種「ビアンコレッラ」とは?

csイスキア島-ワイン-05.jpg
<撮影:La luce del Sud>

イスキア島の火山性土壌で育った白ブドウを使ったワインのこと。このブドウは、イスキア島を中心に、ナポリや近郊のカプリ島やプローチダ島などでも生産されている土着品種です。現在はフランス領となっているコルシカ島から持ち込まれたと言われているのですが、その歴史はとても古く、古代ギリシャがイタリアの土地の中で初めてイスキア島を植民地にした際、ブドウと共にワイン造りがもたらされたとされています。

また、このワインはイタリアワインの格付「ディーオーシー(D.O.C.)」に指定されています。D.O.C.とは、「デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ (Denominazione di Origine Controllata)」の略で、イタリアのワインや食品等に用いられている「原産地認定」のこと。

D.O.C.は法律で決められた規定(生産地、栽培方法、ブドウ品種、最大収穫量、最低アルコール度数、熟成方法など)をクリアした製品だけに認定されるため、品質証明の基準の一つとしても用いられています。

3. イスキア島の食後酒「ルコリーノ」もチェック!

csイスキア島-ワイン-06.jpg
<撮影:La luce del Sud>

Perrazzoが販売するもう一つの名産品が「ルコリーノ(Rucolino)」。これはイタリア野菜のルッコラ(ルーコラ)から作られた、イスキア島のご当地リキュール。ルッコラ特有の苦みと香りが特徴の甘い食後酒です。カプリ島やアマルフィなどではレモンを使ったリキュール「リモンチェッロ」が定番ですが、イスキア島の食後酒の定番はルコリーノ。レストランやバールでもよく登場します。

実はこのルコリーノ、なんとPerrazzoが生み出した商品!イスキア島には古くからルッコラが自生しており、たくさん採れたのだそう。そこでオリジナル商品として考えだされたのが、このルコリーノ。今では島の特産品の一つとして親しまれています。

ちなみに、ルッコラは消化を助ける作用があるとのこと。食べ過ぎたと思ったときはルコリーノを一杯いただけば、食後の不快感を和らげてくれるかもしれません。

4. 海のそばで、ビアンコレッラやルコリーノが楽しめる!

csイスキア島-ワイン-07.jpg
<撮影:La luce del Sud>

Perrazzoはイスキア港すぐの、海に面した通りに位置しています。お店の前にはテーブルが出ており、こちらで飲むことも可能。海を眺めながらゆったりビアンコレッラやルコリーノを楽しめます。このエリアはレストランが軒を連ねているので、アペリティーボとしてワインを楽しんだ後はすぐ食事に行けるため便利ですよ。

csイスキア島-ワイン-08.jpg
<撮影:La luce del Sud>

ナポリやカプリ島から日帰りもできるイスキア島は、ワイン好きにはたまらない土地。Perrazzoが作り出すこの島ならではのワインで乾杯してみてはいかがでしょうか?

基本情報

  • 名称:ペラッツォ・ヴィ―二・ディイスキア(Perrazzo vini d'Ischia)
  • 住所:Via Porto, 36, 80077 Ischia NA
  • 電話番号:081 991600(海外電話料金がかかります)
  • 公式サイト:http://www.perrazzo.it/main.htm
  • 営業時間:[火・木~]9:00~24:00/[月・水]9:00~13:00, 16:00~23:00

※公開時の情報です。イタリアの祝祭日、冬季や年末年始は時間が変更になる場合もあります。

プロフィール画像
この記事を書いた人
La luce del Sud
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/08/18最終更新日:2019/08/18

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.