たびこふれ

2019年は、チェブラーシカ映像化50周年。チェブラーシカを作ったロシア・サユーズムリトフィルムスタジオに行ってみよう!

記事投稿日:2019/07/20最終更新日:2019/07/20

Views:

日本でも知る人ぞ知るキャラクター、チェブラーシカ。最近は、ダイソーでチェブラーシカグッズも売られていました。クマでもサルでもない正体不明の動物のチェブラーシカ。映画「チェブラーシカ」はソビエト時代にサユーズムリトフィルムスタジオで作られました。サユーズムリトフィルムは、1936年6月10日に創設されました。チェブラーシカを作成した当時のスタジオは、別の場所にあります。現在は教会活動が再開されたため、新しい建物に移転しました。チェブラーシカは、1969年4月23日に完成し、2019年は、映画が完成してちょうど50周年になります。そして、2018年6月から新しいスタジオ内のツアーが始まりました。

今回はそんなサユーズムリトフィルムスタジオをご紹介します。

目次

どうやって行くの?

地下鉄で行くのであれば、黄緑色の地下鉄駅Butyrskayaから徒歩10分です。

地下鉄とバスまたはトロリーバスで行くのであれば、オレンジ色の地下鉄駅VDNKhで下車後、バスやトロリーバスに乗車します。バスなら、311、379、M9というバスです。トロリーバスなら、T36、T73です。Telecenterの停留所で下車します。

事前に予約する必要あり

サユーズムリトフィルムスタジオは、現在も子供向けのアニメーションを制作しているスタジオのため、自由に観光できません。あらかじめ、ホームページのメールアドレスに申し込みをするか、電話をかけて申し込みをする必要があります。3か月前から受付が始まります。ツアーはすべてロシア語のみのガイドです。

入場料は、800ルーブルと言われたり、1,500ルーブルと言われたりしました。ホームページに記載されていないので、その都度、メールや電話でしっかり確認したほうがいいです。

スタジオはどうなっているの?

スタジオ前に到着すると、建物の壁面に沿って、ソビエト時代から大人気のサユーズムリトフィルムのキャラクターたちが出迎えてくれます。

rus1906_02.jpg.JPG

rus1906_03.jpg.JPG

rus1906_04.jpg.JPG

一緒にポーズを決めて写真を撮ってもいいし、キャラクターだけの写真を撮っても楽しめます。3月の雪がある時期でも雪かきがしっかりしてあります。

中に入ると、キャラクターの本やグッズなどの売店があり、そこを見るのも楽しいです。この売店だけであれば、予約なしでも買い物ができます。ロシアは、定価というものがないため、お店によっては同じものでも値段が全然違います。しかし、サユーズムリトフィルムの売店は、良心的な値段で売られているので、気に入ったものがあれば、ここで買うことをお勧めします。

rus1906_05.jpg.JPG

予約をした時刻になると、ガイドがきて、クロークに荷物を預けて、チケットのお金を払います。クロークの前にトイレもあります。子供たちも見学にくる場所なので、子供用の小さいトイレがあったり、おまるも置いてあったりします。サユーズムリトフィルムのアニメを知っていて、ロシア語が分かれば、子連れで楽しめる場所です。もちろん、サユーズムリトフィルムのアニメを知っている大人も楽しめます。

見学は3階から始まります。サユーズムリトフィルムが、15年の歳月をかけてつくった「ホフマニアダ ホフマン物語」のセットの展示があります。「ホフマニアダ ホフマン物語」は、2019年に日本でも東京をはじめ、順次上映されています。「このセットの川は何でできているかな?」とガイドが質問をして見学者が考える場面などもあります。セットの説明が一通り終わると、少し自由時間になり、もう一度見たいセットを見たり、写真を撮ったりすることができます。

rus1906_06.jpg.JPG

rus1906_07.jpg.JPG

rus1906_08.jpg.JPG

次は、2階です。ここは、ソビエト時代にタイムスリップしたかのように、昔のセットがずらりと並んでいます。もちろん、チェブラーシカのセットもあります。アニメーションを制作するときの絵コンテなども実物が残っています。その他、サユーズムリトフィルムスタジオの歴史年表の展示もあります。

rus1906_09,.jpg.JPG

rus1906_10.jpg.JPG

rus1906_11.jpg.JPG

その後は、最近作られた映画を少し見て、1階へ移動します。

1階では、ユーリー・ノルシュテインさん(「霧の中のハリネズミ」「話の話」などをサユーズムリトフィルムで作った監督)の切り絵のアニメーションの手法でワークショップが行われます。切り絵を少し動かしては撮影して、参加者でアニメーションを作ります。

rus1906_12.jpg.JPG

その後、子供たちはガイドと少し遊んで、ツアーが終了となります。

予約したときは、「1時間半のツアーですよ」と言われていましたが、実際は、3時間くらいの見学時間でした。ロシアは、予定の時間より長くなることがよくあるので、計画を立てるときは、時間にゆとりをもっておくといいです。

基本情報

  • 住所:Akademika Koroleva St, 21, стр. 1, Moskva, 127427
  • 電話番号:8 (495) 308-00-32
  • 開館時間:月曜日~金曜日/10:00~19:00
  • ホームページ:https://souzmult.ru/

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
チェブラーシカ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/07/20最終更新日:2019/07/20

Views:

ロシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.