たびこふれ

2019年は「チェブラーシカ」映像化から50周年!ロシア・チェブラーシカ博物館に行ってみよう

記事投稿日:2019/06/29最終更新日:2019/07/22

Views:

児童文学作家のエドゥアルド・ウスペンスキーさんが物語を書いたチェブラーシカ。そのチェブラーシカをサユーズムリトフィルムのロマン・カチャーノフ監督が映像化してからちょうど50周年。

そんな記念の年にぜひチェブラーシカ博物館を訪れてみてはどうでしょうか?

rus1905_02.jpg.JPG

目次

チェブラーシカ博物館はどうやっていくの?

チェブラーシカ博物館は、モスクワの南東部の街の幼稚園の中にあります。

紫色の地下鉄に乗って、Выхино(ヴィヒノ)という駅で下車。その後、821というバスに乗って、6つ目の停留所で降ります。そして、歩いて10分くらいの住宅街の一角の幼稚園内にチェブラーシカ博物館はあります。

バスは、3分に1本程度の本数なので、そんなに待たずに乗ることができますが、駅前にバス停がたくさんあるので、探すのが少し大変です。ロシア人はとても親切なので、紙に821と書いて、バス停はどこ?と訊くと、みなさん親切に教えてくれます。

バスに乗ったら、教会の前のバス停で降ります。その後、歩きますが、ここでも場所がよく分からないときは、紙を住所に書いておいて、どこですか?と出会う人に訊くと、みなさん親切に教えてくれます。

2019年5月現在は、地下鉄のVykhino駅で下車して、821のバスで行きますが、地下鉄15号線が2019年6月2日にオープンする予定です。そうなると、Ulitsa Dmitriyevskogo駅で下車をして、徒歩5分で行けるようになります。

※ロシアは6月から8月くらいまで幼稚園も長期夏休みとなります。
※Googleマップではムゼイ・チェブラシュキが閉鎖となっておりますが、チェブラーシカ博物館は開館しているそうです。

なぜ、チェブラーシカ博物館は幼稚園の中に?

「僕、幼稚園で働くよ」というセリフが物語の最後の方にありますが、そのセリフから、幼稚園にチェブラーシカ博物館を作ってもいいわねという園長先生の考えから、このチェブラーシカ博物館はできました。

入り口に入ってすぐ、階段も全面モザイク画でチェブラーシカたちが出迎えてくれます。

rus1905_03.jpg.JPG

博物館の中は?

ここのチェブラーシカ博物館に、作家のウスペンスキーさんもよく訪れていたので、ウスペンスキーさんが使っていたタイプライター、ジャンパーなどがあります。壁には、ウスペンスキーさんのサインもあります。

rus1905_04.jpg.JPG

今では手に入らないソビエト時代のチェブラーシカから、手作りのチェブラーシカ、日本から訪れた人がお土産として持ってきたチェブラーシカなどが、幼稚園の一部屋にぎっしり展示されています。

rus1905_05.jpg.JPG

rus1905_06.jpg.JPG

rus1905_07,jpg.JPG

そんなに広くないですが、いろいろ見ていると1時間半から2時間はあっという間に過ぎてしまいます。

最後に来館記念に壁にメッセージや名前を書きます。ここには、チェブラーシカを日本語に訳して日本で広めた翻訳者の児島宏子さん、日本版のチェブラーシカ映画を作った中村誠監督や、チェブラーシカの声を担当した大橋のぞみさんなどのサインもあります。

rus1905_08.jpg.JPG

これだけ丁寧に説明していただけて、入館料は無料です。そのため、日本から訪れるときは、何かお土産を持って行くことをおすすめします。

rus1905_09.jpg.JPG

見逃さずに!

チェブラーシカ好きの人にとっては、チェブラーシカ博物館だけでも聖地のような場所ですが、博物館の近くには、チェブラーシカのお話に出てくるような公園があります。チェブラーシカはもちろん、ゲーナ、シャパクリャク、レフ・チャンドルなどが出迎えてくれます。この公園もお見逃しなく。

rus1905_10.jpg.JPG

基本情報

  • 住所:Ulitsa Dmitriyevskogo, 3А, Moskva, 111675
  • 電話番号:8 (499) 721-69-02


【注意事項】

  • 幼稚園のため、月曜日から金曜日に行くのがいいです。土日はお休みです。
  • ロシアは6月から8月まで夏休みで幼稚園も長期休みになるため、その時期はできれば避けた方がいいです。
  • そして、チェブラーシカ博物館は、通常は幼稚園なので、セキュリティーが厳しく、事前に電話で予約をしてから行くことになります。博物館に着いてからも、警備員がパスポートの提示を要求するので、パスポートは必ず持参してください。
    (外国人はモスクワ市内を歩くとき、いつもパスポートを身につける義務があるため、それを守っていれば特に慌てることはありません。)

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
チェブラーシカ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/06/29最終更新日:2019/07/22

Views:

ロシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.