たびこふれ

逃したら後悔する!絶対食べて帰りたいシチリアのスイーツ5選

記事投稿日:2019/07/07最終更新日:2019/07/07

Views:

シチリアというと、海の幸を使った料理に目が行きがちですが、実はスイーツの宝庫。シチリア人は、老若男女問わずみんなドルチェ(スイーツ)が大好きです。どんな小さな町でもお菓子屋さん(Pasticceria)があり、各家庭でスイーツは絶対ここで買う!という行きつけのお店もあるほど。
今回はシチリアに来たなら絶対食べて帰りたいシチリアスイーツを、おすすめ店とともに厳選して5つご紹介します。

目次

1. カンノーロ・シチリアーノ(Cannolo Siciliano)

ita1906-02.jpg

シチリアを代表する郷土菓子。シチリアに来て、カンノーロを食べずに帰るというのは、日本に来た外国人が寿司を食べずに帰るのと同じです。

筒状の生地に、リコッタチーズのクリームがたっぷり詰められたこのお菓子。生地のサクサク感となめらかなクリームの相性がたまりません。シチリア人も大好きなこのお菓子は、映画『ゴッドファーザー PART III』にも登場しているほどです。

購入時の注意点としては、必ず、注文が入ってからクリームを詰めてくれるお店で買うこと。クリームを詰めた状態で売られているものはサクサク感が失われているので避けてください。

おすすめ店のダモーレはタオルミーナの町を代表する名店パスティチェリア。ショーケースには1口サイズの可愛らしいお菓子がたくさん並び、目移りしてしまいます。カンノーロはもちろん後詰めなので、直接店員さんに注文してください。

ita1906-03.jpg

おすすめ店

Pasticceria d'Amore/パスティチェリア・ダモーレ(メッシーナ県タオルミーナ)

2. カッサータ・シチリアーナ(Cassata Siciliana)

ita1906-04.jpg

見た目も可愛らしい、甘いもの好きにぴったりのケーキです。緑色が鮮やかなマジパンの中には、スポンジケーキと甘いリコッタクリームが入っています。たくさんのレシピが存在するこのケーキは、美味しいお店を見つけるのがとても難しいのですが、だからこそ意地になって探してしまうほど魅力が詰まっています。

お店によっては1口サイズのものもありますが、周りのマジパンがとっても甘いので、少なくともテニスボールサイズほどの大きさのも選んだ方が、スポンジケーキとクリーム、マジパンのハーモニーをより楽しめるのでおすすめです。

おすすめ店のカフェ・シチリアは1892年から続く老舗で、その地域では知らない人はいないほど。カッサータだけでなく、どれを食べても間違いない美味しさです。

ita1906-05.jpg

おすすめ店

Caffè Sicilia/カフェ・シチリア(シラクーサ県ノート)

3. グラニータ(Granita)

ita1906-06.jpg

シチリアの夏のスイーツといえばグラニータです。ジェラートよりもシャーベットに近く、でもシャーベットよりも舌触りがなめらかです。定番のイチゴやレモンなどのフルーツ系から、チョコレートやアーモンド、ピスタチオなど様々な味が楽しめます。クリームのトッピングはお好みで。

シチリアでは、よくブリオッシュとともに朝食にも食べられています。ブリオッシュは真ん中のポコッと飛び出た部分を最初にとり、グラニータにつけて食べるのがシチリア流(ブリオッシュに挟むとパンが水分を吸うので、乗せるか、つけて食べるのがおすすめ)。

下記のおすすめ店バンバールは、グラニータの名店。2017年にタオルミーナで開催されたG7の際に安倍首相も訪れています。なんと、グラニータのメニューを日本語で教えてくれる店員さんもいます。

ita1906-07.jpg

おすすめ店

Bam Bar/バンバール(メッシーナ県タオルミーナ)

  • 住所:Via di Giovanni, 43, 98039 Taormina ME

4. モディカのチョコレート(Cioccolato di Modica)

ita1906-08.jpg

イタリア3大チョコレートの町の1つであるモディカのチョコレート。1700年代から代々伝わる伝統的な製法で、独特の触感を生み出しています。シチリア人だけでなく、イタリア本土のイタリア人や観光客にも大変な人気で、お土産物屋さんはもちろん、大きなスーパーなどでも取り扱われています。一般的なチョコレートよりも溶けにくく、日本へのお土産にも便利です。

おすすめ店のボンアユートは、シチリアで最も古いチョコレート屋さん。老舗中の老舗で、雑誌などでもよく取り上げられます。一度は訪れたい名店です。

ita1906-09.jpeg

おすすめ店

Antica Dolceria Bonajuto/アンティカ・ドルチェリア・ボンアユート(ラグーサ県モディカ)

5. ピスタチオのジェラート(Gelato al Pistacchio)

ita1906-10.jpg

"緑の宝石"とも呼ばれるピスタチオを使ったジェラート。特に、ピスタチオの町ブロンテで食べる、ブロンテ産のピスタチオを贅沢に使ったジェラートは格別です。

もちろんジェラートの他にも、ピスタチオクリームや、ピスタチオクリームのカンノーロ、ピスタチオをふんだんに使ったケーキやクッキー...などなど、ピスタチオのスイーツはたくさんあります。

おすすめしたいのはブロンテにあるカフェテリア・ルーカ。店内には、まさに緑の宝石さながら、ピスタチオを使ったドルチェがずらりと並べてあります。店内にいるだけでも幸せな気分になります。もちろんジェラートは絶品。

ita1906-11.jpeg

おすすめ店

Caffetteria Luca/カフェテリア・ルーカ(カターニア県ブロンテ)

さいごに

ita1906-12.jpg

いかがでしたか。紹介したお店以外にも、数え切れないほどの美味しいパスティチェリアやカフェがあり、数え切れないほどのレシピがありますので、一度だけでなく二度でも三度でも味わうべきスイーツばかりです。

食事もとっても美味しい島なので、ついつい食べ過ぎてしまうのですが、ぜひスイーツの分もお腹を残しておいてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
サエコ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/07/07最終更新日:2019/07/07

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.