たびこふれ

ニュージーランドのタフナヌイビーチへ行ってみよう!

記事投稿日:2019/06/28最終更新日:2019/06/28

Views:

ニュージーランドには大小様々なたくさんのビーチがありますが、その中でも極めて大きいビーチ「tahunanui Beach(タフナヌイビーチ)」が南島北部に位置するネルソンにあります。名前を短くして「Tahuna Beach(タフナビーチ)」とも呼ばれ、海辺だけでなく周辺には様々な楽しめる施設があり、夏でも冬でもローカルの人々が平日、週末問わずに集まります。

夏本番(12月から2月頃)のクリスマス、ニューイヤーホリデーにはニュージーランド全国から、更には世界各国からたくさんの旅行者がタフナビーチに訪れます。

目次

海辺での過ごし方

ニュージーランドのビーチ-01.jpg
<数か所ある海辺に続く小道>

ニュージーランドのビーチ-02.jpg
<大きな浅瀬の砂浜がどこまでも続きます>

ほとんど大きな波が立つことのないタフナビーチは子供たちにも安心です。海水浴や日光浴、本を片手にくつろぐ人たちを多く見かけます。フリスビーやカイト(凧あげ)で遊んだり、「Stand Up Paddle board(スタンドアップパドリングボード)」短くしてSUP(サップ)と呼ばれるマリンスポーツも人気です。サップとはサーフボードよりも少し大きめのボードに立って乗り、ペダルで漕ぐスポーツで、タフナビーチから見える小さな小島まで漕いで行けたり、少し波がある時にはサーフィンのように波に乗ったりも出来ます。

週末やホリデーシーズンにはビーチでレンタルもしています。風が強い日にはカイトサーフィンも人気で、レッスンを受けることも出来ますので、ぜひどちらともチャレンジしてみて下さい。そして、運が良いと「Waka(ワカ)」と呼ばれるマオリ族の伝統的なカヌーを使うスポーツや「Taiaha(タイアハ)」というマオリ族の木製の武器を使った武道をローカルのグループが練習をしている事もありますので、週末や休日は是非、海辺に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

ビーチの近くある動物園

ニュージーランドのビーチ-03.jpg
<海辺から歩いてすぐの動物園>

海辺からすぐのところにある動物園「Natureland(ネイチャーランド)」はネルソンにある唯一の動物園で、数種類の小さなサルやミーヤキャット、ニュージーランドだけに生息する鳥たちをまじかに見ることが出来ます。家畜動物も多く、餌をあげるのも楽しみの一つです。

自分で食べ物や飲み物を持って入る事が出来ますので、自由にピクニックをしたり休憩に公園で遊んだりと子供たちにも大人気です。ニワトリやクジャクが放し飼いにしてありますので、ピクニックやお昼ご飯には手の届くところまで近づいてきますので、楽しい貴重な経験になります。

ビーチの近くのアミューズメント施設

ニュージーランドのビーチ-04.jpg
<アミューズメント施設も充実>

ビーチ沿いにあるのはアミューズメント施設「Nelson Fun Park(ネルソン ファン パーク)」です。人気のある「Mega Slide(メガスライド)」はじゃがいもやコーヒー豆を入れるジュートのバッグに足を入れて滑る大きな滑り台です。この大きな滑り台の頂上に行くと、タフナビーチを見下ろすことが出来、綺麗な景色も広がります。

夏だけの営業ですがその横には、30分から1時間滑り放題で、以外にスピードの出る「Hyrdoslide(ハイドロスライド)」ウォータースライドも人気です。メガスライドもウォータースライドも子供から大人まで、上っては滑ってを繰り返し、汗をかきながら楽しんでいます。

ニュージーランドのビーチ-05.jpg
<いろいろな大きさのトランポリン>

大きなトランポリン場ではアクロバティックにジャンプをする人たちで賑わいます。バスケットゴールもあり、またひと味違った体験ができると思います。小さい子供たち用のトランポリンも設置されていますので、心配なく遊ぶことが出来ます。その横にはゴーカートやローラースケートリンクもあります。

散歩コースでゆったり、またはエクササイズ

ニュージーランドのビーチ-06.jpg
<ゆっくりと散歩したり、エクササイズをしたり>

横にはビーチがあるのを忘れてしまいそうなほど緑が溢れ、ゆっくりと散歩をしたりジョギングをすることが出来ます。周辺には、だれでも使ことの出来るバーベキューコンロが設置してあったりと、休日や特別な時間を過ごすのにぴったりです。

ニュージーランドのビーチ-07.jpg
<誰でも使う事の出来るエクササイズ器具>

散歩コースには所々にエクササイズ器具が設置してあります。誰でも自由に使うことが出来ますので、今までに使ったことのないマシーンを試してみるのも楽しいのではないでしょうか。このエクササイズ器具はタフナビーチだけでなく、他のウォーキングコースにも多く設置してあります。更には誰でも使えるテニスコートもあります。

困ったときには図書館へ

ニュージーランドのビーチ-08.jpg
<小さな図書館>

タフナビーチの入り口には小さな図書館があります。本を借りるためだけではなく、旅行者が地図の確認やインターネットを使う事のできる場所としてとても便利な図書館となっています。

ビーチにあるカフェに行ってみよう

ニュージーランドのビーチ-09.jpg
<ビーチバレーのコートが目の前にあります>

ニュージーランドのビーチ-10.jpg
<ビーチの近くで頂くコーヒーは特別>

ビーチやネルソンファンパークで遊び疲れたら、タフナビーチの中心にある「Beach Cafe and Bar(ビーチカフェ&バー)」で休憩しましょう。コーヒーやマフィンといった軽食から朝食やランチメニューもありますので、素敵なカフェでのんびりしてみましょう。

宿泊施設も充実

ニュージーランドのビーチ-11.jpg
<タフナビーチの周りには宿泊施設がたくさんあります>

タフナビーチの周りには、レストランやカフェもあり、宿泊施設もたくさんあります。ビーチには歩いて行ける距離にあり、プールやバーベキュー道具が置いてあることが多く、家族やお友達と一緒に過ごしたり、他の旅行者と知り合ったり一緒に楽しめる施設になっています。そして、タフナビーチで一番有名で人気のあるホリデーパークは海の眺めることの出来るキャンプ場で、3,000人が泊まることが出来るという、南半球で一番大きいとされているキャンプ場です。

22ヘクタール、東京ドーム4個分という大きいキャンプ場には毎年多くの人が訪れます。大小様々なテントやキャンピングカーで敷地内はいっぱいになりますが、トイレやキッチンの付いた宿泊施設もありますのでテントが無くても宿泊が出来ます。ホリデーシーズンにはコンサートやアウトドアムービーがキャンプ場の施設内で行われるため、更に賑わいを見せます。

ビーチで過ごすときに必須なアイテム

ニュージーランドのビーチ-12.jpg
<いくつかの必須アイテム>

ニュージーランドの日差しはとても強く、日本ではなかなか感じることのない痛いほどの日差しです。肌や目を守るため、日焼け止めをこまめに使用したり上着を羽織ったり、帽子やサングラスを用意することをお勧めします。そうすることで、更に楽しい旅行になる事と思いますので、是非とも必須アイテムをそろえて出かけてみて下さい。

プロフィール画像
この記事を書いた人
MIKKI
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/06/28最終更新日:2019/06/28

Views:

ニュージーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.