たびこふれ

まさに芸術!大阪府岬町「天之宮」の御朱印

記事投稿日:2019/05/27最終更新日:2019/06/21

Views:

大阪府泉南郡岬町に鎮座する天之宮(てんのみや)。岬町は大阪府の南部に位置し、和歌山県との県境に位置しています。天之宮の御朱印は、御朱印紹介の書籍に毎回登場するほど人気があります。僕も一度は参拝したいと思っていましたが、なかなか行く機会に恵まれませんでした。ちょうど「たびこふれ」で何度も紹介させていただいている和歌山市の恵運寺へ行く機会がありましたので、これもご縁だと思い、予約を取り、参拝しました。

目次

天之宮(てんのみや)の外観

手前の駐車場から天之宮全体を撮影。みさき公園駅から向かうと「岬加太港線」の県道を通り左側に社殿が見えてきます。

LRG_DSC01918.jpeg

天之宮の鳥居前です。どこか凄いパワーを感じます。

LRG_DSC01920.jpeg

御由緒が掲げられています。御祭神は、天然元津大神、春夏秋冬大神、天自然大神です。まさに自然崇拝ですね。

LRG_DSC01923.jpeg

天之宮の境内には『水』が流れています。

LRG_DSC01924.jpg

本殿です。開放的な造りになっていますが、普段は中へ入ることができません。

LRG_DSC01925.jpeg

ちょうど天気が良く、至るところに花が咲いていて、参拝者の心を癒してくれます。

LRG_DSC01930.jpg

本殿を正面から見るとこのような感じです。水と自然と本殿が一体化しているような感じがします。

LRG_DSC01932.jpg

御朱印をいただき、本殿をバックに写真撮影もできます

御朱印は鳥居をくぐり、坂道を上がった正面に社がありますので、そちらでいただきます。女性神職さまがお一人または妹さまとお二人で対応されています。とても明るく楽しい方でした。

LRG_DSC01947.jpeg

御朱印は通常の御朱印が2種類(いずれも見開き)、月替りの御朱印が2種類(いずれも見開き)授与されていました。過去の御朱印は、専用の御朱印帳に描かれ、見本として置かれていました。

左側の上下は通常の御朱印です。右側の上下は平成31年(2019年)2月限定の御朱印です。上の御朱印には「優しさを大切に」と書かれ、鳥が2羽仲睦まじく描かれています。

LRG_DSC01945.jpeg

右側の上下は平成31年(2019年)3月限定の御朱印です。上の御朱印には「笑顔あふれる美人官女」と書かれ、3人の官女が描かれています。

LRG_DSC01944.jpeg

右側の上下は平成31年(2019年)4月限定の御朱印です。上の御朱印には「笑顔 咲く 春」と書かれ、桜が描かれ、下の御朱印には「一歩 踏み出せば 景色が変わる」と書かれ枝にぶら下がった猫が描かれています。

LRG_DSC01943.jpeg

これが今月・令和元年(2019年)5月限定の御朱印(右:上下)です。上の御朱印には「それぞれの花を咲き誇れるように」と書かれ、鯉、藤の花と薔薇の花が描かれ、下の御朱印には龍と虎が描かれ、よく見ると平成と令和が書かれています。もうひとつ、この御朱印の凄いことが...。上の鯉の頭に兜の折り紙が貼り付けられています。

LRG_DSC01942.jpeg

受付横にはこのような手毬や小道具が置かれています。

LRG_DSC01933.jpeg

手毬や小道具を飾りつけ(笑)、本殿をバックに御朱印の写真を撮ることができます。

LRG_DSC01948.jpeg

天之宮への交通手段

  • 住所:大阪府泉南郡岬町多奈川谷川3249-1(おおさかふ・せんなんぐん・みさきちょう・たながわたにがわ)

  • 電車利用の場合

①南海電車・本線で『みさき公園駅』で下車。駅前から岬町コミュニティバスの『小島住吉』行きに乗車。『中の峠』で下車。天之宮を少し通り過ぎたところにバス停があります。バス停から3分くらいで天之宮に到着します。なお、バスの乗車時間は約20分です。
月曜日から金曜日の平日は40~50分に1本運行していますが、土・日・祝日は1時間~2時間に1本になりますので注意が必要です。運賃は1回100円です。

②南海電車・本線の『みさき公園駅』で南海電車・多奈川線の終点『多奈川駅』で下車。そこから岬町コミュニティバスに乗り換えて行くこともできますが、このバスは『みさき公園駅』から来るので費用を考えると『みさき公園駅』から岬町コミュニティバスに乗車する方が良いと思います。なお、『多奈川駅』から歩くと30~40分(山道です)だそうです。

③『みさき公園駅』からタクシーという手もありますが、僕が到着した時は待機しているタクシーはありませんでした。

★岬町コミュニティバスの時刻に関しては岬町のHPにて確認してください。⇒http://www.town.misaki.osaka.jp/soshiki/shiawase/jumin/kotsu/900.html

  • 車利用の場合

ナビゲーションの通り走れば天之宮に到着します。駐車場は道路に面して両側に3ヶ所(ブログには5ヶ所あると記載がありますが)あります。十分なスペースがあります。

神職さまより御朱印に関するお願い

LRG_DSC01940.jpeg

★Twitterで情報を発信しています。⇒https://twitter.com/_tennnomiya_

  • 必ず前日までに電話で予約してくださいとのこと。
  • 電話対応時間は17時から19時ですが、不在の場合もあります。
  • 御朱印を授与していただける時間は10時から15時までです。
  • 10時から15時までになっていますが12時台(昼食時間帯)の予約は避けましょう。
  • 御朱印不可日もありますので、Twitterで確認しましょう。
  • 月替り御朱印はTwitterにアップされています。
  • 月替り御朱印は1枚描くのに約30分かかります。通常の御朱印は10分前後です。
  • お一人または妹さまとお二人で御朱印を描かれています。
  • 神事が優先です。

★くれぐれもよろしくお願いしますと神職さまより懇願されましたので、御朱印をいただく側も気をつけましょう!

僕からのアドバイス

  • 一人1時間を持ち時間と考え、自分の持ち時間の中で描いてもらう御朱印を決めましょう。
  • 予約時間に遅れると後に予約されている方に迷惑をかけてしまいます。
  • 近くに通りかかったらと予約なしで訪問するのはやめましょう。
  • 予約なしで訪問し、郵送や後日引き取りをお願いするのも神職さまの負担を増やします。
  • 神職さまの手をご覧ください。右手全体に湿布が貼られています。そうです、腱鞘炎に苦しまれています。御朱印をいただく側も神職さまに配慮するようにみんなで気をつけましょう!

最後に

神職さまはとても丁寧に応対していただけます。またとても明るい方でした。これだけ素敵な御朱印を描かれるのだから、とても感性の豊かな方だと思います。また月替りの御朱印をいただきに、訪問したいと思っています。

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/05/27最終更新日:2019/06/21

Views:

大阪のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.