たびこふれ

観光列車「伊予灘ものがたり~道後編~」で愛媛県・道後温泉へ!優雅なひとときを過ごせます

記事投稿日:2019/03/07最終更新日:2019/05/16

Views:

目次

はじめに

181105_yasui_写真①.jpeg

今回は、観光列車・伊予灘ものがたりに乗り、日本三古湯の一つともいわれる愛媛県の道後温泉に行ってきました。

特急しおかぜに乗り、いざ松山へ!

181105_yasui_写真②.jpeg

天候にも恵まれ、秋晴れの下、特急しおかぜに乗って瀬戸大橋を渡ります。

181105_yasui_写真③.jpeg

岡山から松山へは2時間40分で到着します。瀬戸内海の島々と海、太陽がとても気持ち良かったです!

今回は、観光列車「伊予灘ものがたり~道後編~」を利用して道後温泉へ向かうため、伊予灘ものがたりの出発地「八幡浜駅」近くの伊予大洲へ行き、街を観光してきました。
伊予大洲駅までは松山駅から予讃線で向かいます。松山から路面電車でも行けます。

181105_yasui_写真④.jpeg

伊予大洲は鵜飼いで有名な町です。昼食には、里芋やお揚げ、こんにゃくなどが入った関西のお出汁より少し甘い味付けが特徴的な芋煮をいただきました。とても美味しかったです。愛媛の味付けは、塩分が少ないため、甘く感じるそうです。麦みそを使ったお味噌汁が代表的で、愛媛県では一般的な家庭の味だそうですよ♪

重要文化財「臥龍山荘」

臥龍山荘(がりゅうさんそう)は、2016年に国の重要文化財に指定されました。

181105_yasui_写真⑤.jpeg

181105_yasui_写真⑥.jpeg

2018年7月に起きた西日本豪雨で氾濫したとは思えない、穏やかに流れる肱側(ひじがわ)から吹き抜ける風はとても心地が良かったです。臥龍山荘においては、四季折々の庭園を味わえます。また、別荘の中の壁や扉、天井一つ一つに遊び心が溢れており、計算し尽された設計に驚きました。ぜひ、一度訪れてみて下さい。

臥龍山荘

■住所:愛媛県大洲市大洲411-2
■電話番号:0893-24-3759
■ウェブサイト:http://www.garyusanso.jp/

いよいよ伊予灘ものがたり~道後編~

伊予大洲の街を観光後、観光列車・伊予灘ものがたり~道後編~の出発地、八幡浜駅へ。伊予大洲駅から八幡浜駅まではタクシーで移動しました。

181105_yasui_写真⑦.jpeg

181105_yasui_写真⑧.jpeg

181105_yasui_写真⑨.jpeg

レトロモダンな列車の中では、アフタヌーンティーと温州みかんジュースを頂きました。伊予灘ものがたりはゆっくりと走ります。窓の外を見れば、地域の方々が手を振って見送ってくれます。なんともほっこりとした時間が流れます。

しばらくすると、列車は海辺を走ります。

181105_yasui_写真⑩.jpeg

青春18切符で有名な下灘駅へ到着しました。

181105_yasui_写真11.jpeg

夏だけではなく、秋の夕空と海もとっても綺麗ですよ♪

>観光列車「伊予灘ものがたり」のウェブサイトはこちら

最後は、道後温泉へ

そして最終駅、道後温泉へと到着しました。

181105_yasui_写真12.jpeg

181105_yasui_写真13.jpeg

181105_yasui_写真14.jpeg

駅から道後商店街(ハイカラ通り)を抜けると、目の前に道後温泉本館が現れます。
道後温泉本館を中心に旅館やホテルが立地しており、観光は徒歩で楽しむことができますよ。

道後温泉本館

■住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6
■ウェブサイト:https://dogo.jp/

プロフィール画像
この記事を書いた人
わぃわぃ。
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/03/07最終更新日:2019/05/16

Views:

愛媛のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.