たびこふれ

沖縄の守り神『シーサー』コレクション

記事投稿日:2019/04/13最終更新日:2019/04/13

Views:

目次

守り神である『シーサー』

シーサーは沖縄に行きますとあちこちで見ることができます。シーサーに関して調べてみますと、下記の通りです。

  • ①元々は"火除け"目的で集落の小高い丘の上に置かれていた。
  • ②石敢當(いしがんとう)と同じく集落の守り神として境界線上に置かれるようになった。
  • ③家の守り神として民家の屋根の上に置かれるようになった。だから、昔ながらの瓦屋根の上に置いてある『シーサー』は1体のみがほとんど。
  • ④台風に強いコンクリート造りの家を建設しはじめてからは門の上に置かれるようになった。

門の上に置かれるようになったのは、神社の狛犬をヒントにしたそうです。だから、門の上に置かれている『シーサー』は2体1ペア。正面から見て右側が口を開けたオス、左側が口を閉じたメスを設置するのが基本だそうです。

※詳細については『シーサー』で検索してみてくださいね!

それでは僕が撮影した『シーサー』コレクションをご覧ください(笑)。

沖縄本島にて

門の上にいました。右側にいたシーサーなのでオスですね。典型的なシーサーの姿だと思います。

IMG_8373.JPG

結構、年季の入ったシーサーですね。先代から受け継がれてきたものかもしれませんね。

IMG_8374.JPG

屋根の上にいたシーサー。どこか愛くるしい顔。オスのシーサーですね。

IMG_8375.JPG

門の上にいました。あれ?上半身だけで下半身がない...。

IMG_8376.JPG

世界遺産の首里城にもシーサーがいました。風格が感じられますね。

IMG_8404.JPG

世界遺産・玉陵(たまうどん)。よーく見ますと円柱の上にシーサーがいます。

IMG_8458.JPG

門の上にいました。かなり睨みをきかしていますね。

IMG_8474.JPG

かなり高い壁の上にいました。

IMG_8475.JPG

門の上でしっかり周囲を見渡しています。

IMG_8476.JPG

昔ながらの屋根の上にシーサーが。よく見ると2体います。左のシーサーは少し変わった模様ですね。

IMG_8477.JPG

首里観音堂・慈眼院にて。門の上にいました。

IMG_8478.JPG

門の上にいるシーサーを2体同時に撮影するのは難しいのでどうしても1体だけになります。このシーサーはオーソドックスですね。

IMG_8576.JPG

どっしり重厚な門の上にシーサーがどっしり構えていました。

IMG_8587.JPG

このシーサーは陶器でできているのかな?鮮やかな色です。

IMG_8588.JPG

屋根の上にいます。かなり年季が入ったシーサーですね。少し風化しているような感じがします。

IMG_8592.JPG

公園にいたシーサーたち。たくさんいますね!子供たちを守る頼もしいシーサーたちです。

IMG_8596.JPG

しっかり大きな口を開けて「がぉ~」。

IMG_8597.JPG

前かがみのシーサー。体勢もそれぞれ異なりますね。

IMG_8598.JPG

正面を見据えて座っているシーサー。

IMG_8599.JPG

横を向いて前かがみのシーサー。前向きと横向きがあります。

IMG_8600.JPG

上から見下ろされているようで迫力を感じます。

IMG_8601.JPG

とても凝った彫りのシーサーだと思います。

IMG_8603.JPG

顔から上半身は色付き、下半身は白地のシーサー。

IMG_8605.JPG

木陰にいたシーサー。木と同化しているようにも見えます。

IMG_8606.JPG

このシーサーたちは胴体が白地ですが、ところどころ模様が入っていますね。

IMG_8607.JPG

2体同じ壁の上にいました。

IMG_8610.JPG

この子たちはどちらもメス(だと思います)。大きさも違うんで親子なのかな?

IMG_8620.JPG

ラーメン屋の前にいたシーサー。ラーメン食べてないで店を守りなさいよと思わず突っ込みそうになりました。

IMG_8621.JPG

航空自衛隊・那覇基地の門にいたシーサー。しっかりガードしていますね。

IMG_8626.JPG

国際通りの入口にいたシーサー。

IMG_5650.JPG

国際通りの居酒屋にいました。三線もっているのが沖縄らしい。

IMG_8959.JPG

この色、この形がオーソドックスなのかな?

IMG_8969.JPG

ホテルの前で門番しているシーサーたち。

IMG_8996.JPG

門の上にちょこんとシーサーが乗っていました。気づかず通り過ごしそうでした。

DSC08317.JPG

門の上で正面を見ているシーサー。

DSC08315.JPG

丸々と...まん丸なシーサー。

DSC08316.JPG

結構、大きなシーサーがいました。

DSC08399.JPG

沖縄海洋博公園のシーサー。高いところから周囲を見渡していました。

DSC08506.JPG

でか!ゆいレールの牧志駅前にいました。

DSC08638.JPG

とても愛らしいシーサーですね。

DSC08625.JPG

道路沿いの両側にシーサーがいました。

DSC08640.JPG

門にいる典型的なシーサーですね。

DSC08642.JPG

壁にシーサーがいました。上を見ていて気がつきました。

DSC08641.JPG

これもシーサーかな(笑)?

DSC08655.JPG

スーパーの駐車場にいたシーサー。

DSC08663.JPG

出雲大社沖縄分社にいたシーサーたち。整然と並んで出迎えてくれます。

DSC08667.JPG

珍しく地面に座っていたシーサー。

DSC08673.JPG

マンションの駐車場前にいたシーサー。

DSC08675.JPG

ん?これもシーサーかな?

DSC08682.JPG

門の上に立派にポーズを取っているシーサー。

DSC08683.JPG

門の上で横向きのシーサー。

DSC08684.JPG

那覇では珍しく屋根の上にシーサーがいました。こういった古い家でないと屋根の上にはいません。

DSC08688.JPG

正面に向いて座っているシーサー。息もぴったりですね。

DSC08687.JPG

お互いに向いている方向が同じですね。

DSC08696.JPG

石垣島にて

石垣空港の柱に取り付けられていたシーサー。お面のような感じですね。

IMG_9096.JPG

石垣空港国内線ターミナル前にいたシーサー...かな(笑)?

IMG_9098.JPG

唐人墓にて。建物が中華圏のものですね。

IMG_9418.JPG

鼻の穴を大きく開けてフガフガしていますね。

IMG_9459.JPG

こちらは対するオスのシーサー。

IMG_9460.JPG

仲良く並んでいますね。少し変わった色です。

IMG_9462.JPG

なるほど、こういう置き方もあるのですね。

IMG_9463.JPG

ちょこんと座っている姿はかわいくもあります。

IMG_9464.JPG

家を守っているシーサーですね。

IMG_9472.JPG

木造の家にマッチしたシーサー。とても年代を感じます。この時は雨が降っていました。

IMG_9473.JPG

石垣島の中心、730交差点で警備しているシーサー。

IMG_9474.JPG

比較的新しいシーサーですね。

IMG_9578.JPG

こちらも新しいシーサーですね。陶器製なのかな?

IMG_9580.JPG

台座付きで屋根の上にいたシーサー。

IMG_9582.JPG

平面の屋根の上にいたシーサー。

IMG_9586.JPG

しっかりポーズを決めているシーサー。門の上にいました。

IMG_9588.JPG

屋根とともに長い年月を過ごしたシーサーですね。

IMG_9589.JPG

お尻と尻尾をピンと上げて上目遣いですね。

IMG_9592.JPG

このシーサー、よく見ると舌がありますね。細かいなぁ~。

IMG_9593.JPG

屋根とともに雨風を耐えてきたんだなぁと思いました。

IMG_9604.JPG

門の上でしっかりと見張っていますね。

IMG_9605.JPG

石垣空港の柱にはめ込まれているシーサー。

DSC07001.JPG

こちらも石垣空港の柱にはめ込まれていました。

DSC07000.JPG

石垣島から離島に渡る「離島ターミナル」の屋根にもシーサーがいました。

IMG_9476.JPG

竹富島にて

竹富島に行くと門上にいるシーサーではなく、屋根の上にいるシーサーがほとんどです。

IMG_9488.JPG

手作りのシーサなのか、作り手のおもしろさを感じます。

IMG_9490.JPG

竹富郵便局の屋根の上にいたシーサー。とても威圧感を感じます。

IMG_9491.JPG

観光地らしくシーサーと一緒に楽しさをアピールしていますね。

IMG_9493.JPG

ん?どんな形のシーサーなの?

IMG_9494.JPG

沖縄らしい屋根の上にシーサー。絵になりますね。

IMG_9497.JPG

どこかにニヤっと笑っているように見えるのは僕だけ?

IMG_9499.JPG

顔がシュッとしたシーサー...ですね。

IMG_9512.JPG

こちらは平面顔のシーサー。

IMG_9513.JPG

店先にいた大きなシーサー。民家は屋根の上、店は店先にシーサーがいます。

IMG_9514.JPG

屋根と同じようにシーサーも風化しているような感じがします。

IMG_9516.JPG

竹富そば屋の前にいたシーサー。なかなか良いデザインですね!

IMG_9521.JPG

南国の花とシーサー。絵になりますね。

IMG_9522.JPG

白い沖縄らしい屋根。作り直したのか、屋根は新しいですね。

IMG_9560.JPG

屋根の上に2体のシーサーがいます。どちらも口を開けているような気がするのですが...。

IMG_9561.JPG

屋根にいるシーサーは座っているのとへばりついているのがあります。

IMG_9565.JPG

何か真ん中にボールのようなものがあるのですが...。

IMG_9564.JPG

こんなところにもシーサーが!

DSC06961.JPG

竹富島独特の石積みの門にシーサーがいました。

DSC06963.JPG

オレンジ色の屋根と同化しているシーサー。

DSC06967.JPG

屋根の白いところは上から塗っているのでしょうね。

DSC06968.JPG

由布島にて

シーサーというよりお猿さんのみたい。

DSC06878.JPG

こちらは相方(笑)。

DSC06877.JPG

与那国島にて

与那国空港入口にシーサーがいました。日本最西端のシーサーかな?

IMG_4659.JPG

宮古島にて

宮古神社のシーサー。

DSC07134.JPG

こちらが相方。

DSC07135.JPG

おまけ(笑)

なんじゃこれ!

IMG_9602.JPG

ゴーヤチャンプルの上に乗っていたナルトもシーサー形でした(笑)。

IMG_5652.JPG

最後に

大きさ、姿勢、形、色、形状など、様々な『シーサー』を見ることができます。町歩きでも、こうやって気にして見ていると色んな楽しみがあります。
ぜひ沖縄の町歩きでも『シーサー』を楽しんでみてはいかがでしょうか。ただし、個人宅の敷地内へ入ってはいけません...。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/04/13最終更新日:2019/04/13

Views:

この記事に関連する記事

沖縄のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.